頚椎症にはウェルバランスの鍼灸治療が効果的です

頚椎症専門院・千葉県千葉市、市原市

 

人間の上半身を支える骨格構造の中心部分である脊柱(せきちゅう)のうち、上から7番目までの椎骨(ついこつ)を頚椎と呼びます。この頚椎にあたる部分が様々な原因によって変性が変形が起こり、首の痛みや肩こり感、手のシビレや重だるさなどの症状が現れる病気を総称して頚椎症と言います。頚椎症の中には変形性頚椎症(へんけいせいけいついしょう)頚椎症性神経根症(けいついしょうせいしんけいこんしょう)頚椎症性脊髄症(けいついしょうせいせきずいしょう)などがあります。

 

 

 変形性頚椎症

長期にわたる頚椎へのストレスや加齢変化などの原因によって頚椎の変形や椎間板の変性が起こり、首の張りや痛み肩のこり感などを感じます。整形外科では頚椎牽引や電気治療、ホットパックなどの治療を行い、比較的軽度な症状の場合にはこれらの治療で自覚的症状が軽減される場合もありますが、2、3ヶ月間治療を続けてもあまり大きな変化が感じられない、または症状が改善されないという方も多く、そのような場合には鍼灸治療をお受けになるのが良いでしょう。勿論病院で検査を受けて頚椎症と診断された方で、治療に関してはそのまま鍼灸治療を開始するのも良い選択肢です。 症状が長引いた場合などには抑うつ感や全身的な倦怠感などを引き起こす場合もありますので早めに鍼灸治療を開始される事をお勧め致します。

 

 頚椎症性神経根症

背骨の中にある中枢神経から背骨の外に出て行く末梢神経に移行する神経根(神経の根元の部分)付近で様々な原因によって神経圧迫が起こり、首の痛みに加え主に手のシビレや重だるさ、脱力感や違和感などの症状を感じる頚椎の病気です。神経根症の場合には頚椎付近や神経支配領域を中心に症状が現れますので、当院では症状の出方に合わせて上手に鍼灸治療を行い、症状の改善に効果が出せております。神経根症の場合には強い外力を与える事は大変危険ですので、このような治療は絶対に受けないよう注意が必要です。また頚椎症性神経根症の場合には経過が長引く方が多くいらっしゃいますので、きちんとした病院で治療を受けているにもかかわらず、経過にあまり変化が感じられないという場合には早めに鍼灸治療を受診されることをお勧め致します。

 

■ 【RealVoice】 患者様の声

【頚椎症の治療】 30代・男性

平成23年4月頃から偏頭痛や軽い目眩を起こすようになり、平成24年の2月中旬頃から左手が痺れるようになりました。左手の痺れを感じ始めてからすぐに整形外科を受診し、レントゲンを撮りましたが特に異常は確認できませんでした。結果は「痺れるという症状から頚椎症性神経根症でしょう」との診断を受けました。数日後大学病院でMRIを撮りましたがこれといった原因はつかめず、大学病院でも結局「頚椎症性神経根症でしょう」との診断を受けました。また「頚椎症性神経根症の治療法は頚の牽引やホットパックなどがありますが、確実に良くなるという保証が無いのでこの症状と上手く付き合って行くしかない」と告げられ、結局ビタミン剤や痛み止め等の薬を処方してもらい、特に治療は受けませんでした。頚椎症の症状は左手の痺れと共に左腕全体の倦怠感や後頭部から背中にかけて常に倦怠感がある状態が続きました。また就寝中にも手の異常な痺れを感じて目が覚めたり、食事中、歯磨き中、座っている時でも痺れが起こり、精神的にも辛い状態が続きました。

ウェルバランス鍼灸治療院には最初の2ヶ月間は約週1回のペースで通院し、その後は2週間に1回の頻度で通院をしました。通院を始めて約1ヶ月ほど経過した頃(通院5回目)で左手の痺れは発症当時の痺れ感を100%とすると10~20%程度に感じなくなり始め、その頃には偏頭痛や軽いめまいも無くなり、反対側の右手の痺れも殆ど無くなってきました。そしてまだこの頃は左腕全体の倦怠感は若干残っていました。通院を始めてから2ヶ月ほど経過した頃(通院9回目)で左手の痺れも発症当時の症状を100%とすると0~5%程度にまで回復し、左腕全体の倦怠感、後頭部から背中にかけての倦怠感も殆ど無くなりました。過去に鍼灸治療を受けた経験は無く、注射も苦手な方だったので最初は針を刺すということには不安を感じていましたが、実際に治療を受けてみると痛いと感じることも無く安心しました(むしろ気持ちよく感じる時もあります)。頚椎症を患う以前から頚椎捻挫や腰椎捻挫(ぎっくり腰)も患っていました。以前は日常生活でのふとした事で発症していたのですが、頚椎症の治療で通院しているうちにこちらについても今では発症する事が無くなりました。またウェルバランスの院内は清潔で、治療室は個室なので患者のプライベートにも配慮された鍼灸院だと感じました。頚椎症は鍼灸で治療できるという事を身をもって経験しましたので、私と同じような症状で悩んでいる方には是非お勧めしたいです。また数多くある鍼灸院の中で偶然にもウェルバランスさんを知ることが出来て本当に幸運だったと思います。

※こちらは実際の患者様より頂いた文章より掲載の承諾を頂いてから当院のホームページ上に載せさせて頂いているものです。他のサイトへの転載や引用等は堅くお断り致します。

【治療院からのコメント】

千葉市緑区よりお越し下さっております。頚椎症の病状や症状は最新の画像診断を持ってしても明確な異常部位が特定できないという場合は実際にとても多く見られます。このような場合には原因と思われる患部の奥深くまで探ることが出来る鍼灸治療は最も有効な治療方法になると言えるでしょう。この方のケースにおいてはご自身で頚椎症についてお調べになり、ご縁を頂いて鍼灸治療を開始されました。このようにインテリ層の方はご自身の病状についてしっかりとお調べになり、的確な治療手段を選択されているという傾向が見られます。症状が改善されて、また一番辛い時期を上手に乗り越えて頂く事が出来て本当に良かったです。これから様々な面において長いお付き合いをさせて頂くことになると思いますけれども、今後ともどうぞ宜しくお願い致します。とても几帳面な、そして温かい感想を頂きまして誠に有難うございました。

 

■ 【RealVoice】 患者様の声

【頚椎症の治療】 50代・女性
平成28年の5月頃から右肩の前の方から肘の下の腕の部分に鈍い痛みを感じるようになってきて、整形外科に行き痛み止めと湿布をもらって帰ってきたのですが、その2ヵ月後の7月には激痛になり腕を動かす事が出来なくなってしまいました。首の痛み右肩の痛、それから肘から下の腕の痛みはすべて激痛で、また右手の先の指のほうにはしびれ感があり、日常生活ではほとんど右側の手が使えなくなってしまいました。さらにこの症状による強い痛みで眠れ不眠になってしまい、仕事も休暇を取って休むほど毎日の生活に支障を来たす様になってしまいました。7月に激痛になった時には総合病院でレントゲン検査やMRI検査を受けたところ、検査結果は頚椎の一部の骨がトゲのような状態になっているために神経に触っているとの診断をされました。そこでは注射と再び投薬をしてもらっていました。
そのような状態が続いている時にウェルバランス鍼灸治療院を見つけて最初の1ヶ月間は週に1回、そのあとは10日に1回のペースで治療を受けました。こちらで鍼治療を始めてから3回目の治療を受けた頃から痛みの大幅な改善を実感しました。その頃はまだ薬も併用していましたが、痛みが少し和らぎ始めたので次に病院に行った時には強い薬から弱い薬に変えてもらう事が出来ました。今までの激痛も解消してきたため眠れるようになってきたので、日常生活も無理をしなければほぼ元通りの状態に戻り始め、支障の無い生活に戻り始めました。
私は仕事柄一日中パソコンを使っています。右手はマウスとキーボードを使って行ったり来たり…と通常の人の何倍も使って今まで酷使して来ました。これまでに腱鞘炎に始まり、手根管症候群五十など何年もの間右手の痛みに悩まされてきていました。今までの痛み肩こりは日常的なものでしたが、今回は今までに無い腕の置き所に困るほどの激痛に見舞われ、眠れない苦しい日々が続きました。痛み止めも全く効果が無くて、インターネットでも色々と情報を探していました。専門病院は紹介状が必要で予約が取れたとしても何ヶ月も先…という事で駄目。マッサージなどは右手の激痛で横に寝ていることが出来ず...これも無理。そんな状況の中、ウェルバランス鍼灸治療院を見つけて藁にもすがる思いでした。私の状況を把握するために話を聞き、しっかりと行なってくれる適切な治療は私に大変合っていたと思います。こちらの鍼治療に通って半年、現在は右腕の痛みは無くなりましたが、良くなった体をケアするためにも2週間に1回の頻度で通って続けて行こうと思っています。大事に至る前の日頃のケアこそが今後の私には必要と考えているからです。薬に頼っていると少なからず副作用が出ます。薬を使わずに自分の体のケアをすることが出来るここの鍼灸治療は大変体に良いと感じます。先生の手は私のとって神の手です。
私は以前にも鍼治療を受けた事がありましたが、以前は部分的な治療でした。ウェルバランス鍼灸治療院では全身に渡り治療をして下さり、電気やお灸も併用して下さるので効果が早く出るので、他の治療院とは違い安心して治療を受ける事ができています。初診時にはしっかりと対応して頂くことができるので安心できますし、治療中も生活面での注意点なども教えて下さるのでとても助かります。
※こちらは実際の患者様より頂いた文章より掲載の承諾を頂いてから当院のホームページ上に載せさせて頂いているものです。他のサイトへの転載や引用等は堅くお断り致します。
【治療院からのコメント】
夏前から首と右肩から右腕と指先までの強い痛みと痺れ感を感じるようになられて千葉県市原市よりお越しになられました。整形外科にも行かれたそうですが、その時は頚椎の4番と5番(C4/C5)の間の頚椎症性神経根症との診断を受けていらっしゃいました。首、肩、上腕は首を動かした時に激痛が走るという状態で、指先は右手の人差し指と中指に軽度の持続的な痺れ感を自覚的には感じているという事でした。病院では痛み止めと湿布を処方してもらっていたそうですが、痛みが和らぐほどの効果は無かったそうで、痛み毎晩眠れなくなってしまっているというとても辛そうな状態で当院にお越しになられました。このような状態が長く続きますと精神的にも落ち込んで更に辛い状態に陥ってしまう方も見られますので、とにかく痛みの緩和治療(ペインマネジメント鍼灸)と少しでも睡眠の質が良くなるように治療をさせて頂くことにしました。過去交通事故などによるムチウチ症等の経歴は無く、頚椎症以外の症状としては慢性的な眼精疲労睡眠障害、軽度の口渇(口の中が乾く事)などの症状があるという事でした。当院で治療を開始してから回数を重ねるごとに痛みと痺れの症状は緩和されてきており、3回目の治療の際には治療開始前と比べると症状は約70%ほど改善し、残り30%位の感じまで回復してきているように自覚的に感じているという事でした。4回目の治療にお越しになられた際には斜め上を向いた時だけ頚部の軽い違和感と軽度の手の痺れ感を一時的に感じる事がある程度でおよそ90%ほど元通りの状態に戻ってきているというところまで症状は改善されているという事でした。この頃にはもう以前のように元気にバリバリと仕事をこなしておられました。IT関係やシステムエンジニア、経理や医療事務などの事務職で長い時間コンピューター作業を行なう仕事の方々のこの頚椎症のような症状は非常に多くなっております。症状が慢性的に重くなったり、長引いたりしてくると、全身の倦怠感、食欲不振睡眠障害、朝起きれない、頭痛眼精疲労抑うつ状態自律神経失調過敏性腸症候群便秘下痢、発汗異常、慢性鼻炎花粉症どの様々なストレス性疾患や体調不良などの症状を二次的に併発してしまう場合も見られますので、あまり長期化する前に早めに痛みの緩和と体調の管理を行っておくことをお勧め致します。過去には重度なケースでは休職されてしまうという方も数名いらっしゃいました。整形外科や総合病院でレントゲンやMRI検査なども受けたけれども投薬や保存療法(理学療法の電気治療など)であまり症状に変化が見られ来ないなどという場合には当院にお越し下さい。今回は当院の鍼灸治療で短期間で症状が改善したとご本人様には大変喜んで頂く事が出来ました。本来の東洋医学の基礎となる治療概念というものは五臓六腑(ごぞうろっぷ)の調整に重点を置いています。五臓六腑という言葉を四字熟語の辞書で引いてみますと「全体の」と出てきます。つまり「小さな一部分だけに囚われず、広く全体像を把握して治療をしなさい」という事が東洋医学(鍼灸治療)の根本概念となっているのですね。当院では主症状となる症状を中心に常に全身的な体のバランス調整にも配慮し、総合的な治療を行なってきていることに当院の特徴があります。しっかりとした丁寧な治療をご希望になられる方は蘇我駅西口(アリオショッピングモール側)徒歩3分のウェルバランス鍼灸治療院へご来院下さい。
 

 

頚椎症と関連性のある他の病気や類似した症状が現れる病状

頚椎症と関連性のある病気や症状は、頚椎の外傷、ムチウチ損傷、後縦靭帯骨化症、頚椎椎間板ヘルニア、頸肩腕症候群、胸郭出口症候群、肘部管症候群、手根管症候群、橈骨神経麻痺、抹消神経障害、肋間神経痛、末梢循環障害、レイノー病、神経圧迫、帯状疱疹(ヘルペス)、関節リウマチ、線維筋痛症、脊髄空洞症、多発性硬化症、心筋梗塞の前駆症状、腫瘍性疾患、脳腫瘍、脳出血、変形性関節症、加齢変化(老化現象)、精神病、うつ病神経症、心身症、ストレス性疾患、慢性疲労、冷え性、ビタミンB1欠乏症、アルコール中毒、薬物中毒、薬の副作用、手術後の後遺症、その他 。

 

頚椎症でよく行われる病院での検査と治療

頚椎症でよく行われる検査は単純X線、CTやMRIなどの画像診断や腱反射のテストや知覚検査の理学検査が整形外科や神経外科などで行われます。また頚椎症と診断され、よく行われる治療は頚椎牽引治療、ホットパック、中周波や干渉波などの物理療法、鎮痛剤や筋弛緩剤などの薬物療法、神経ブロック注射などの治療がメインとなるケースがほとんどです。稀に手術による外科的アプローチが必要となる場合も考えられます。またペインクリニック(麻酔科)において星状神経節ブロック注射を受けられているケースも見られます。

 

頚椎症への鍼灸治療の有効性

頚椎症による頚の痛み、手のシビレ、重だるさ、違感覚などの症状には鍼灸治療は有効となります。 経過があまり長くなければ比較的予後も良好です。ウェルバランス鍼灸治療院は蘇我、本千葉、千葉寺、千葉みなと、鎌取(おゆみ野)、ちはら台、誉田、土気(あすみが丘)、大網、浜野から通院のしやすい環境にある頚椎症などの治療を専門とした本格派鍼灸治療院です。  

 

千葉県で英語診療が可能な病院、治療院
千葉県の美顔鍼を受けるならウェルバランス(千葉市、市原市)

 

ウェルバランス鍼灸治療院

〒260-0834

千葉県千葉市中央区

今井2-11-12

JR内房線・外房線・京葉線

蘇我駅西口駅より徒歩3分043-268-7630【ご予約】

 

 

千葉市の鍼灸治療専門院
ウェルバランス蘇我鍼灸治療院は皆様の良きヘルスケアパートナーとなれるよう治療に当たらせて頂いております。当院はシンプルな痛みの治療から様々な特殊なケース、複雑なケースまで幅広く対応をさせて頂いている専門治療院です。

 

 

WellBalance Soga

JR Uchibo/Sotobo/Keiyo Line, Soga Station 3min walk from west side exit.

 

Accept Auto Isurance / Work-comp Insurance.

Acupuncture treatment at WellBalance becomes income tax diduction as a health care expense.

Available in English.

Opens until 7pm. 

 

The best acupuncture clinic in Chiba and this is only one in this area. New patients are wellcome. Please call and make an appointment for your visits.

千葉県内で実績のある治療院、病院

【コピーライト】 サイト内のコンテンツを複製および転載する事は堅くお断り致します。

【疾患・病状と治療】

千葉の顎関節症専門治療院・病院・歯科・口腔外科・整形外科
千葉の顔面神経麻痺専門治療院・病院・耳鼻科・脳神経外科・神経科
千葉の眼瞼痙攣専門治療院・病院・耳鼻科・脳神経外科・神経科・心療内科
千葉の頚椎症専門治療院・病院・整形外科・神経科
千葉の頚椎ヘルニア専門治療院・病院・整形外科・神経科
千葉のストレートネック専門治療院・病院・整形外科・神経科
千葉の五十肩専門治療院・病院・整形外科・整骨院
千葉のぎっくり腰専門治療院・病院・整形外科・整骨院
千葉の坐骨神経痛専門治療院・病院・整形外科・整骨院
千葉の腰椎椎間板ヘルニア専門治療院・病院・整形外科・整骨院
千葉の足底筋膜炎専門治療院・病院・整形外科・整骨院
千葉の交通事故専門治療院・病院・整形外科・整骨院
千葉の過敏性腸症候群専門治療院・病院・内科・胃腸科・心療内科・漢方外来
千葉の自律神経失調症専門治療院・病院・内科・胃腸科・心療内科・漢方外来
千葉のパニック障害専門治療院・病院・心療内科・精神科・内科・漢方外来
千葉の円形脱毛症専門治療院・病院・皮膚科・心療内科
千葉のアトピー性皮膚炎専門治療院・病院・皮膚科・心療内科
千葉の線維筋痛症専門治療院・病院・整形外科・神経科・心療内科・漢方外来
千葉のむずむず脚症候群専門治療院・病院・整形外科・神経科・心療内科・睡眠外来・漢方外来
千葉の生理月経不順専門治療院・病院・婦人科・産科・内科・漢方外来
千葉の不妊症不育専門治療院・病院・婦人科・産科・不妊外来・漢方外来
千葉のつわり専門治療院・病院・婦人科・産科・内科・漢方外来
千葉の逆子専門治療院・病院・婦人科・産婦人科・外回転術・逆子体操
千葉の産後専門治療院・病院・婦人科・産科・内科・心療内科・精神科・漢方外来

頭痛・偏頭痛・筋緊張性頭痛 | 頚椎症 | 頚椎ヘルニア肩こり・頚部痛むち打ち損傷・交通事故 | 寝違い | ストレートネック肩関節周囲炎五十肩(四十肩) | 腱鞘炎手根管症候群 | 手足のしびれ | 足底筋膜炎 | 腰痛 | ぎっくり腰 | 坐骨神経痛変形性脊椎症 | 椎間板ヘルニア | 脊柱管狭窄症 | 腰椎すべり症・分離症三叉神経痛肋間神経痛 | 顔面神経麻痺 | 顔面痙攣眼瞼痙攣・眼輪筋痙攣 | 眼精疲労顎関節症食欲不振胃痛・胃炎逆流性食道炎便秘症・慢性便秘下痢・軟便過敏性腸症候群膀胱炎線維筋痛症喘息・咳喘息慢性閉塞性肺疾患副鼻腔炎・蓄膿症 | 花粉症 | アレルギー性鼻炎 | アトピー性皮膚炎 | 蕁麻疹・湿疹糖尿病膠原病円形脱毛症 | めまい耳鳴り難聴・突発性難聴メニエル氏病 |  むずむず脚症候群 | 不明熱・心因性発熱うつ病 | パニック障害自律神経失調症不眠症 | 骨折後の治療・リハビリ鍼灸手術後の不調と体調変化癌治療・抗がん剤治療・放射線治療の副作用症状冷え性浮腫・むくみ | 更年期障害 | ホットフラッシュ | 生理痛・月経困難症・月経前症候群 | 月経不順・生理不順 | 不妊症 | つわり・妊娠悪阻 | 逆子 | 子宮下垂(子宮脱)  | 産後の体調管理美顔鍼・美容鍼灸