坐骨神経痛は千葉のウェルバランス鍼灸治療院へ

坐骨神経痛専門院・千葉県千葉市、市原市

 

神経痛とは神経圧迫、循環不良や循環障害、ウィルス感染など様々な原因によって神経に痛みを感じる病気です。神経痛を起こす代表的な部位としては、顔にある三叉神経(三叉神経痛)、背中から脇腹にかけて走行する肋間神経(肋間神経痛)、臀部から下肢後面へと向かう坐骨神経(坐骨神経痛)などが神経痛を引き起こしやすい部位となっています。神経に感じる痛み(神経痛)の特徴はその神経が走行する領域に沿ってチリチリとした痛みや、重だるく鈍い痛みを感じる鈍痛感などの感覚を引き起こすのが特徴ですが、発作性などの場合には灼熱痛(焼け付くような強い痛み)を感じる場合もあります。

 

病院では整形外科や麻酔科のペインクリニック、脳神経外科等を受診されるされる患者さんが多く、ペインクリニックでは局部へのブロック注射や星状神経節ブロックという神経に麻酔をかける治療を受けるのが一般的です。また痛み止めなどの薬物療法で痛みを抑えるというのが治療となります。神経痛が始まってからペインクリニックなどの治療を開始し、比較的短期間でその痛みが治まる場合には良いのですが、2,3ヶ月しっかりと集中して治療を受けているにも関わらず、あまり根本からの痛みが無くなってきていないという場合には鍼灸治療をお勧め致します。ブロック注射や痛み止めなどの薬物療法が効いている数時間から数日間は確かに痛みが緩和されるのですが、その繰り返しでまた別の症状に悩まされる場合も見受けられます。また神経痛を起こしてからあまり長い時間が経過してしまいますと鍼灸治療を開始してからも痛みが取れて来るまでには時間がかかってしまう事が多くなりますので早めの対応が肝心です。

 

 

坐骨神経痛

坐骨神経痛は腰椎4番(L4)から仙骨の3番(S3)の間から出て、臀部を通り、主に下肢の後面を走行する人間の末梢神経の中では最も太く、最も大きい神経です。この坐骨神経は腰椎付近や臀部、大腿部などへの何らかの神経圧迫によって神経痛を起こすことが多く、そのほかでは糖尿病の合併症として坐骨神経痛を起こす場合もあります。坐骨神経痛の特徴はこの坐骨神経の走行に沿って臀部から大腿後面(ふとももの後ろ側)、膝窩(膝の後ろ側)、時にふくらはぎあたりにかけて重だるい(重痛感)、鈍い痛み(鈍痛感)を感じ、腰部付近の痛みや重だるさ(腰痛)も同時に感じる場合があります。この坐骨神経痛特有の重だるい痛みや鈍痛感は三叉神経痛のような突発性の激痛ではないのですが、持続的に不快感のある痛みで時にイスにじっと座っていることも辛く感じる、なんとも耐え難い痛みを生じる場合があります。

坐骨神経が走行する臀部や大腿部の筋肉は人体の中でも大きな筋肉がある部分となり、坐骨神経はその大きな筋肉の下方にある体表からは深い位置を走行しています。鍼灸治療はこのような比較的深い位置を走行する神経にも深部に到達させることができ、また適度な刺激を与える事ができる唯一の治療方法となります。各種神経痛にはウェルバランス鍼灸治療院のペインマネジメント鍼灸治療が最も効果的です。坐骨神経痛でお悩みの方は蘇我駅西口徒歩3分と駅近でアクセスの便利な当院へご来院下さい。

 

■ 【RealVoice】 患者様の声

【坐骨神経痛の治療】50代・男性
私は今から3年ぐらい前から腰とおしり、それからもものつけ根あたりに痛みを感じるようになり、整形外科でレントゲンなどの検査も受けましたが坐骨神経痛と言われていました。このような状態になった原因は特に思い当たることはありませんでしたが、車の運転をある程度続けていると臀部と太ももの付け根が痛くなり始めたり、その他にも長時間同じような姿勢で座っていると腰やおしりが痛くなってくるようになりました。それから時々マッサージに行ったり、整体に行ったりしていましたが特に症状は改善しませんでした。
そんな時職場の同僚がこちらのウェルバランス鍼灸治療院を勧めてくれたのがきっかけで来院させてもらうことにしました。ウェルバランス鍼灸治療院では初診時に病状などについてとても丁寧に説明をして頂くことができましたので満足しています。私の場合、こちらで鍼治療を受けてみて最初に治療を受けた直後に楽になるという効果はあまり無かったのですが、少し通って鍼治療を続けているうちに坐骨神経痛の痛みの頻度がまず減ってきました。それから半年ほど通院してほとんど目立った痛みは出なくなるようになったというのが実感できています。人によって感じ方の違いはあるとは思うのですが、私のように同じ坐骨神経痛で悩んでいるという方にとってはすぐに目立った効果は感じない場合があるかもしれませんけれども、私は坐骨神経痛のような慢性的な腰の痛みは少しずつ改善できる良い治療手段だと思います。またこちらの治療院では患部だけでなく、その周辺のケアや身体全体の体調管理に良い影響を感じるのでもうここで治療を受けるようになって長くなって来ましたが、今でも続けて定期的に治療を受けに行っています。
※こちらは実際の患者様より頂いた文章より掲載の承諾を頂いてから当院のホームページ上に載せさせて頂いているものです。他のサイトへの転載や引用等は堅くお断り致します。
【治療院からのコメント】
こちらは慢性的な腰下肢痛(坐骨神経痛)の症状で当院にご通院になられていらっしゃる方より当院の鍼灸治療のご感想を頂戴致しました。定期的に当院にお越しになられるようになってからもう3年ほどが経過し、今ではご趣味のテニスや錦織圭選手のお話などを楽しませて頂きながら腰や臀部などを中心に、テニスで肩関節や肘に痛みが生じていらっしゃる時にはその時の体調に合わせて治療を続けさせて頂いております。当院にご通院になられてからはひどい腰や下肢の痛み、またはしびれぎっくり腰などは起こされていませんので、適度な間隔でご通院になられることで体調は良い状態を保って頂けていると思います。坐骨神経痛の他には時々お仕事による首の痛み肩のこり眼精疲労軽度の頭痛などの症状を仰られることがありますが、その度に鍼灸治療でアプローチをさせて頂くことで、次回来られる時には前回の症状は無くなっているという感じで日々の体調管理のお手伝いをさせて頂いております。こちらは千葉市稲毛区よりお越しになっていらっしゃる方よりご感想を頂きました。お忙しい中とても丁寧にお書きくださいまして誠に有り難うございました。まだまだこれからも元気にお仕事とテニスと楽しんでご活躍頂きたいと願っております。
 

■ 【Clinical Case Achievement】 臨床実例

【坐骨神経痛の治療】 60代・男性
1日前の昨日から左臀部(おしりの部分)から左太ももにかけて急に痛みを感じるようになり、ご自身で考えられる主な原因としてはおそらく卓球の練習中に少し無理をした為に痛くなったと思うとのことでした。以前約2年ほど前に全く同じような状態になった経験があり、その時は整形外科で牽引の治療を受けていたそうですが今回は効き目がありそうな鍼灸治療にしてみようと思いご来院になられたそうです。立つ時や歩いている時にも痛みを感じるようになり、約1週間後にご旅行をされる予定が入っているため出来るだけ早くなんとかしてほしいというご要望もありました。当院にご来院になられた当初はなんとなく左足を引きずるような感じで歩かれていましたが、1回目の治療で自覚的に80%~85%の痛みを軽減させる事ができ、2回目の治療にご来院になられた際には歩き方も完全に正常な歩行ができるようになっていました。坐骨神経痛の他には慢性的な首の痛みと軽度の手の痺れ感、便秘や高血圧、そして軽度の難聴などの症状があり、これらの症状についても可能な範囲内で配分した治療を行なわせて頂きました。翌週のご旅行前には臀部と足の痛みと重だるさもすっかりと良くなり、これで気持ちよく旅行に行けそうだと大変喜んで頂きました。長年のお勤めを退職された後は健康作りに熱心に取り組んでいらっしゃるご様子で、当院の鍼灸治療も健康増進や予防医学として大変良さそうだと気に入っていただく事ができました。腰痛や坐骨神経痛にも様々なパターンがありますが、様々な異なるに対してダイレクトに患部や関連する神経などの組織を直接狙える鍼灸治療は各種神経痛に対してとても効果が高い治療法であると言えます。こちらは千葉市中央区より起こしになられ、急性の坐骨神経痛様症状からの早期回復を体験して頂く事ができた方の臨床実例となっています。
こちらは当院にて実際に治療を行なった方の診療カルテに基づいた臨床実例であり、個人が特定されない範囲で実際の診療記録を掲載させて頂いているものとなります。こちらの文書は他のサイトへの転載や引用等は堅くお断り致します

■ 【Clinical Case Achievement】 臨床実例

【坐骨神経痛の治療】 50代・女性
約1ヵ月前より右足半分のしびれ感など、下半身の痛みを感じるようになり当院へご来院になられました。おそらく自覚的には疲れが溜まって来ていたのでこのように足のしびれや痛みを発症したのではないかという事でした。お話をお聞きしているとスポーツクラブで計測などを行なうことが多く、忙しい時期になると身体の様々な部分が痛くなることがあるという事でした。当院にて初診時に拝見をしましたところ、腰から右臀部、右足後面にかけて痛みが強く、しびれまたは重だるいような鈍痛感も感じているということでしたので、まずは坐骨神経痛に関連する足と腰の症状と判断し、治療を行っていくことに致しました。2回目にご来院になられた際の2回目の治療の時には「1回目の治療の後は臀部と太ももの後ろはすごくラクになりました」と仰られ、その後は以前より行きつけの鍼灸院をお持ちのようでしたが、そちらの鍼の先生が治療院を引退されてしまったということもあり、当院へ通うようにしたいというご要望を頂き、その後は2週に1回程度のペースでご通院になれるようになりました。ご職業柄から身体的疲労が溜まると腰と足が痛くなるのに加え、頚や肩にも日常的にコリ感を感じることも多く、右肘近くを中心に右手にも痺れのような感覚を感じることがあるということでしたので、その時その時でいくつか最も辛い症状をピックアップして治療して行くようにしましょうということになりました。この方の場合には腰下肢痛、頚部痛手の痺れ眼精疲労鼻炎症状、動悸、難聴、全身の疲れと倦怠感等の症状が強く、また軽度の軟便体質足の冷え感などの症状がありましたので、ご来院になられた際には主症状に加え、なるべく全身的な体調コントロールができるような方針で鍼灸治療を行なわせて頂いております。ご本人には「以前行っていた治療院が無くなってしまったのでどうしようか困っていたのですが、良い鍼灸院を見つけられたので良かった」と大変喜んで頂く事ができ、こちらも大変有難く感じております。
こちらは千葉県市原市のちはら台より腰下肢痛(坐骨神経痛)の治療でお越しになられた方の治療例となっております。身体を使われるお仕事をされていらっしゃる方々にとっては身体の痛みはつきもので、上手に付き合って体調をコントロールしていかなければなりません。ウェルバランス鍼灸治療院ではペインマネジメント鍼灸による疼痛を専門とした治療を行なっておりますので、三叉神経痛大後頭神経痛肋間神経痛坐骨神経痛などの各種神経痛による痛みやしびれ等の症状は当院へご相談下さい。また当院では過去に頚椎ヘルニア手術をお受けになり、その約3年後に肩甲骨から腕にかけての激痛を発症してしまい、手術をお受けになられた病院では「ヘルニア手術を行なった付近が癒着してしまっているかもしれない」と言われた激しい疼痛を生じてしまったケースにおいても当院のペインマネジメント鍼灸は実際に非常に良い結果を出させて頂くことができております。このように身体の痛みには様々なケースが存在しますが、ウェルバランス鍼灸治療院では出来るだけ狙いを定めて的確に治療を行なって行けるように努めている疼痛治療専門院となっております。神経の痛み痺れ手術後の痛みなどは千葉市中央区の蘇我駅西口より徒歩3分、JR千葉駅からも電車で5分と通院にも便利な場所にあります当院へご来院下さい。
こちらは当院にて実際に治療を行なった方の診療カルテに基づいた臨床実例であり、個人が特定されない範囲で実際の診療記録を掲載させて頂いているものとなります。こちらの文書は他のサイトへの転載や引用等は堅くお断り致します。
 

■ 【Clinical Case Achievement】 臨床実例

【坐骨神経痛の治療】 20代・女性
2年前から日本の大学に通うために海外から留学をされて来られ、この千葉にお住いになられておりましたが、来日して少し経ってから度々ひどい腰痛を起こすようになってしまったそうです。まだ20代前半とお若いのですが、来日をされてからのこの2年間の間に強い腰痛を3回繰り返しており、再発時の一番辛い時は立つことも出来ないほど酷い状態だという事でした。痛みの部位は腰椎中心部から外方にかけてのいわゆる腰のエリア全体と、左の臀部に強い痛みがあり、そして以前は右足大腿部から下腿外側にくるぶし付近までのシビレが出ていた時期もあったという事でした。およそ2ヵ月前から整骨院で治療を受けており、そこでは坐骨神経痛と言われていたということでしたが、今回また腰とおしりに強い痛みが再発してしまい、なんとかしてほしいという事で今度は当院の鍼灸治療にお越しになられました。鍼灸治療自体はご自身は受けた経験が無く、最初は「鍼治療は痛いもの」と思い込んでいたようですが、これから大学でのテストが始まる直前であまりの腰の痛さに今回は「鍼治療しかないっ!」と思い、決心をして来られたそうです。実際に治療を行う前に鍼灸治療に使用される「鍼」についての説明を行ってから治療を開始致しましたが、初めて鍼治療を体験された後には「思っていたより全然痛いものではないんですね。」、「鍼って気持ちいいものだと思いませんでした。」と言ってニコニコしながらその日は帰って行かれました。そして最初の初診日から10日後に再び腰の状態を診せにお越しになられましたが、前回の治療で約80%は痛みが軽減して、かなりラクに生活できたというご報告でした。それから時々腰に違和感を感じた時点で不定期に鍼治療に来られるようになっております。ウェルバランス鍼灸治療院ではこのように海外からの方に対してもサポートをしっかりとさせて頂ける数少ない治療院であることに加え、このように日本で学生証を所有している方々に対しては学生料金の適応が可能となっておりますので、治療費の面においてもサポートをさせて頂くことが出来ます。
こちらは当院にて実際に治療を行なった方の診療カルテに基づい臨床実例であり、個人が特定されない範囲で実際の診療記録を掲載させて頂いているものとなります。こちらの文書は他のサイトへの転載や引用等は堅くお断り致します
 

■ 【Clinical Case Achievement】 臨床実例

【坐骨神経痛の治療】 60代・女性
2週間前の冬の時期にちょっとした雪山を登った後から左腰から左臀部、左足のももの裏側にかけて痛みとシビレ感のような鈍い痛みを発症し、千葉市稲毛区よりお越しになられた方の症例です。痛みが発症してから稲毛の整骨院で4回温熱療法とマッサージを受けに行かれたそうですが、症状の改善が見られないため今回は鍼灸治療にお越しになられたそうです。過去に同じような坐骨神経痛を起こした経験はあったそうですが、以前は右側のおしりから大腿部の後面にかけての坐骨神経痛を起こしたという事でした。また1年前にぎっくり腰急性腰痛も起こしたということで、日常的に腰椎への負担が大きく掛かっている傾向があるようでした。60代後半でありながら登山やテニスなど運動と健康づくりには積極的に取り組んでいらっしゃるアクティブな方でしたが身体への負担が大きくなってしまいますとこのように痛みを引き起こしてしまう確立が高まってしまいますので注意が必要です。
今回腰痛と坐骨神経痛の症状以外には慢性的な目の疲れ慢性鼻炎症状花粉症、喉の痛み、腰痛で睡眠中に起きてしまうなどの症状がありましたが、現在最も辛い坐骨神経痛の治療に集中したした治療をしてほしいというご希望から、比較的急性の腰痛と坐骨神経痛への疼痛治療をメインに行なわせて頂く事になりました。腰部と坐骨神経の走行エリアを中心とした治療を行なった後は大分腰痛と太もも後側の鈍い痛みも軽減したらしく、2回目にご来院になられた時には「前回の治療でもう70~80%ラクになったのですが、念のためもう一回治療をお願いします」と言ってお越しになられました。2回目の治療終了時には「はぁ~、凄く効いてラクになってます」と仰れてお帰りになられました。当院の鍼治療はこのように急に発症した一時的な坐骨神経痛と思われるような症状への治療実例を多く持っておりますので、ほんの数回の治療でもこのように効果を発揮することができる場合が多くあります。首の寝違えぎっくり腰などの急性の強い痛みの症状に対しても非常に効果的です。また症状が出始めてから早期に鍼治療を開始することで、早く症状を緩和させることが出来る傾向もありますので、長引く前に早い段階で一度当院の鍼灸治療を受けられておくことをお勧め致します。また当院では再発防止のための生活中の注意点などの的確なアドバイスを受けられることも他の治療院には無いメリットとなっておりますので坐骨神経痛の治療は千葉市中央区の蘇我駅西口(アリオショッピングモール側)にあるウェルバランス鍼灸治療院へ安心してご相談下さい。
こちらは当院にて実際に治療を行なった方の診療カルテに基づい臨床実例であり、個人が特定されない範囲で実際の診療記録を掲載させて頂いているものとなります。こちらの文書は他のサイトへの転載や引用等は堅くお断り致します

 

■ 【Clinical Case Achievement】 臨床実例

【坐骨神経痛の治療】 60代・女性
3ヶ月前から左側の腰から左足後面全体にかけての痛みが生じ始めたそうです。これまで市原市内の整形外科に通っており、理学療法(リハビリ)や物理療法、運動療法に加え痛み止めなどの投薬を受けていらっしゃったそうですが、いまだ改善が見られない状態を娘さんが見かねて当院へお連れになられました。当院での初診時には椅子から立ち上がる時に腰と足が痛く、安静時にも鈍痛があり、また両足のふくらはぎがこむら返りや痙攣を頻繁に起こすようになっているという状態でした。当院で坐骨神経痛の状態を拝見いたしましたところ、確かに坐骨神経痛によって痛みを起こしている可能性が最も高いことが分かりましたが、股関節の状態も確認をさせて頂いたところ、右股関節に比べて左側の股関節が堅くなっており、左側の股関節の可動域の狭さも足と腰の痛みに多少影響を与えている様子が見られました。
今回は左側の股関節を含めた腰椎付近と左坐骨神経領域への治療を中心に鍼治療を行なわせて頂きましたところ、回数を重ねるごとに痛みと鈍痛感の改善が見られるようになりました。2回目の治療の時点ではまず左臀部(おしりの部分)の痛みは全く無くなり、4回目の治療の時点では「腰と足全体の痛みや鈍痛も軽減してきたおかげで今は普通に歩く事が出来るようになりました」という所まで症状が改善されております。今回のこの方の坐骨神経痛の場合には症状は比較的重い部類に入る痛みと鈍痛感、そして経過の長さと年齢的な要素からもう少し改善までに時間がかかると推測されましたが、およそ1ヶ月ちょっとでかなりの症状の緩和が見られているケースとなっております。その後も鍼灸治療が気に入られたご様子で、ご自分で車を運転して2週間に1回の頻度で治療にお越しになられており、またお母さんがまたお元気になられたことにご家族の方にも大変喜んで頂く事が出来ました。当院と致しましてもシンプルに治療効果を認めて頂けることが最も治療をしていて嬉しく感じる瞬間です。世の中には様々な人がいらっしゃいますが、当院では誠実な人々にはこちらも誠実に出来る限りのことをさせて頂き、人間性の良い方には全力で治療に当たらせて頂くというスタンスを取らせて頂いております。千葉市の中心部にありますウェルバランス鍼灸治療院では、急性および慢性の坐骨神経痛や腰椎ヘルニア脊柱間狭窄症ぎっくり腰腰椎捻挫変形性腰椎症、股関節症など様々なタイプの腰や足の痛みの治療を行なっている国家資格者による専門治療院となっておりますので、初診のご予約をお取りの上、安心してご相談下さい。
こちらは千葉県市原市より坐骨神経痛の治療でご来院になられました方の実際の臨床実例となっております。
こちらは当院にて実際に治療を行なった方の診療カルテに基づい臨床実例であり、個人が特定されない範囲で実際の診療記録を掲載させて頂いているものとなります。こちらの文書は他のサイトへの転載や引用等は堅くお断り致します

■ 【Clinical Case Achievement】 臨床実例

【坐骨神経痛の治療】 20代・女性
2年前に大学生になり千葉市内で1人暮らしを始めるようになってから生活環境も変わり、また勉強の忙しさから度々坐骨神経痛を起こすようになってしまったそうです。この2年間は慢性的に腰の痛みや重だるさを感じることは日常的にあるが、度々我慢できなくなるほどの重痛感や強い鈍痛、そして一番辛い時には立ち上がることが出来なくなるほどの強い痛みを発症することがあり、当院にお越しになられた時には今回で3回目の強い坐骨神経痛の再発だという事でした。ご自身では学校で長時間座っていた事や身体に冷えを受けた事が最初に坐骨神経痛を発症した原因だと思うということでした。このような腰や足の痛み、鈍痛感を感じるようになってから接骨院にはこれまで通ってきたそうですが、今回の再発を受けて鍼治療が良いのではないかと探して当院へお越しになられたそうです。坐骨神経痛以外の症状としては長時間お勉強が続いたときなどに軽度の眼精疲労頭痛を感じることがあるという事でした。
当院で症状と体の状態を拝見いたしましたところ、腰椎1番~5番(L1~L5)の腰椎の両外側に幅広く痛みがあり、また左臀部中央から外方と左大腿部(太もも)の後ろ側にかけて痛みと強い鈍痛があるという状態でした。過去にひどい坐骨神経痛を起こした時には腰とおしりの痛みに加えて右足の大腿部と下腿部分のやや外方に強いしびれ感を発症したということでした。今回は足の痛みや痺れの症状は逆側に発症しているという状態でした。まだお若いこともあり、鍼灸治療を受けるのは今回が初めてのけいということもあって、最初はやや緊張をされたそうですが、当院にて最初に十分なご説明を行なってからは少し安心した様子で治療を開始させて頂きました。今回のように中年層や高齢者に限らず、若い年齢層の方たちにも坐骨神経痛は突発的、あるいは一時的に発症してしまうことはあり、頻度は少ないですが珍しいものではありません。坐骨神経痛を起こす原因には様々な要因がありますので、今回のように20代の若い方にもこのような強い痛みを発症する場合が当院においても度々見られます。初診時に生まれて初めての鍼灸治療を受けてみて、治療直後は少し痛みが和らいだ感じがするということでしたが、まだお若いので回復も早いと思い、今日の治療後の数日間の痛みの変化と様子を見て下さいとだけ伝えて1回目の治療を終了致しました。それから約2ヵ月後に再び2回目のご来院があり、今度は学校のエアコン(冷房)で腰が冷えてしまったらしく、強い痛みではないがまた鍼治療をしてほしいということでお越しになられました。この時2ヶ月前に発症した強い坐骨神経痛は前回の1回の治療でおよそ80%以上坐骨神経痛が劇的に改善したのでご本人は鍼の効果に大変驚かれたそうです。坐骨神経痛を代表とした各種神経痛(大後頭神経痛・三叉神経痛肋間神経痛)などの症状には鍼で上手に治療をすることによって非常に高い効果を発揮する事ができます。これは鍼灸治療にしか出来ない特殊な医療技術です。JR蘇我駅西口にありますウェルバランス鍼灸治療院ではこのような神経痛の症状を上手に、そして専門的に治療を行なってきている治療院となっています。こちらの学生の方は当院の鍼治療が気に入られたようで、この後もテスト前に集中して勉強をしなければならない時期や卒業論文を書いている時期、そして就職活動時期に簿記の資格試験の勉強をしている時などに、腰に少しでも違和感を感じた時には以前のように立ち上がれなくなるような強い痛みを発症するまえに予防的に度々当院に鍼灸治療を受けに来られるようになられております。ひどい坐骨神経痛を起こしそうな前の段階で鍼治療を受けているととても調子が良いそうです。こちらは千葉市中央区からご来院になられている大学生の方に発症した坐骨神経痛の実際の症例となっております。
こちらは当院にて実際に治療を行なった方の診療カルテに基づい臨床実例であり、個人が特定されない範囲で実際の診療記録を掲載させて頂いているものとなります。こちらの文書は他のサイトへの転載や引用等は堅くお断り致します

 

坐骨神経痛と関連性のある他の病気や類似した症状が現れる病状

坐骨神経痛と関連性のある病気や症状は、梨状筋症候群、腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、腰椎分離症、腰椎すべり症、慢性腰痛、姿勢性腰痛、神経圧迫、抹消循環障害、糖尿病、その他。

 

坐骨神経痛でよく行われる病院での検査と治療

坐骨神経痛でよく行われる検査は単純X線、腱反射テストや、ラセーグ徴候、SLRテストなどの理学検査です。椎間板ヘルニアや腰椎すべり症など他の疾患の関与が疑われる場合にはCTやMRIなどの更に詳しい画像診断が必要となる場合があります。また糖尿病と診断されている方においては合併症による坐骨神経痛の可能性があると言えます。整形外科にてよく行われる治療は腰椎牽引治療、ホットパック、中周波や干渉波などの物理療法、鎮痛剤や筋弛緩剤、ビタミン剤などの投薬による薬物療法です。

 

坐骨神経痛への鍼灸治療の有効性

坐骨神経痛による臀部や腰部、下肢の重だるさや痛みには鍼灸治療は最も有効です。このような神経の痛みには当院のペインマネジメント鍼灸治療がお勧めできます。ウェルバランス鍼灸治療院は蘇我、本千葉、千葉寺、千葉みなと、鎌取(おゆみ野)、ちはら台、誉田、土気(あすみが丘)、大網、浜野から通院のしやすい環境にある坐骨神経痛などの治療を専門とした本格派鍼灸治療院です。

 

千葉県で英語診療が可能な病院、治療院
千葉県の美顔鍼を受けるならウェルバランス(千葉市、市原市)
土日祝日も治療が受けられる治療院、病院

 

ウェルバランス鍼灸治療院

〒260-0834

千葉県千葉市中央区

今井2-11-12

JR内房線・外房線・京葉線

蘇我駅西口駅より徒歩3分043-268-7630【ご予約】

 

国家資格者による本格鍼灸

交通事故(自賠責保険)取扱い

新患随時受付致しております

英語でも受診いただけます

 

千葉県千葉市・市原市より通院に便利な鍼灸治療院です。ウェルバランス蘇我鍼灸治療院は皆様の良きヘルスケアパートナーとなれるよう日々治療に当たらせて頂いております。様々な症状や病状でお困りの方は是非一度ご相談下さい。当院はシンプルな痛みの治療から様々な特殊なケース、複雑なケースまで幅広く対応をさせて頂いている専門治療院です。

 

 

WellBalance Soga

JR Uchibo/Sotobo/Keiyo Line, Soga Station 3min walk from west side exit.

 

Accept Auto Isurance / Work-comp Insurance.

Acupuncture treatment at WellBalance becomes income tax diduction as a health care expense.

Available in English.

Opens until 7pm. 

 

The best acupuncture clinic in Chiba and this is only one in this area. New patients are wellcome. Please call and make an appointment for your visits.

千葉県内で実績のある治療院、病院

【コピーライト】 サイト内のコンテンツを複製および転載する事は堅くお断り致します。

【疾患・病状と治療】

千葉の顎関節症専門治療院・病院・歯科・口腔外科・整形外科
千葉の顔面神経麻痺専門治療院・病院・耳鼻科・脳神経外科・神経科
千葉の眼瞼痙攣専門治療院・病院・耳鼻科・脳神経外科・神経科・心療内科
千葉の頚椎症専門治療院・病院・整形外科・神経科
千葉の頚椎ヘルニア専門治療院・病院・整形外科・神経科
千葉のストレートネック専門治療院・病院・整形外科・神経科
千葉の五十肩専門治療院・病院・整形外科・整骨院
千葉のぎっくり腰専門治療院・病院・整形外科・整骨院
千葉の坐骨神経痛専門治療院・病院・整形外科・整骨院
千葉の腰椎椎間板ヘルニア専門治療院・病院・整形外科・整骨院
千葉の足底筋膜炎専門治療院・病院・整形外科・整骨院
千葉の交通事故専門治療院・病院・整形外科・整骨院
千葉の過敏性腸症候群専門治療院・病院・内科・胃腸科・心療内科・漢方外来
千葉の自律神経失調症専門治療院・病院・内科・胃腸科・心療内科・漢方外来
千葉のパニック障害専門治療院・病院・心療内科・精神科・内科・漢方外来
千葉の円形脱毛症専門治療院・病院・皮膚科・心療内科
千葉のアトピー性皮膚炎専門治療院・病院・皮膚科・心療内科
千葉の線維筋痛症専門治療院・病院・整形外科・神経科・心療内科・漢方外来
千葉のむずむず脚症候群専門治療院・病院・整形外科・神経科・心療内科・睡眠外来・漢方外来
千葉の生理月経不順専門治療院・病院・婦人科・産科・内科・漢方外来
千葉の不妊症不育専門治療院・病院・婦人科・産科・不妊外来・漢方外来
千葉のつわり専門治療院・病院・婦人科・産科・内科・漢方外来
千葉の逆子専門治療院・病院・婦人科・産婦人科・外回転術・逆子体操
千葉の産後専門治療院・病院・婦人科・産科・内科・心療内科・精神科・漢方外来

頭痛・偏頭痛・筋緊張性頭痛 | 頚椎症 | 頚椎ヘルニア肩こり・頚部痛むち打ち損傷・交通事故 | 寝違い | ストレートネック肩関節周囲炎五十肩(四十肩) | 腱鞘炎手根管症候群 | 手足のしびれ | 足底筋膜炎 | 腰痛 | ぎっくり腰 | 坐骨神経痛変形性脊椎症 | 椎間板ヘルニア | 脊柱管狭窄症 | 腰椎すべり症・分離症三叉神経痛肋間神経痛 | 顔面神経麻痺 | 顔面痙攣眼瞼痙攣・眼輪筋痙攣 | 眼精疲労顎関節症食欲不振胃痛・胃炎逆流性食道炎便秘症・慢性便秘下痢・軟便過敏性腸症候群膀胱炎線維筋痛症喘息・咳喘息慢性閉塞性肺疾患副鼻腔炎・蓄膿症 | 花粉症 | アレルギー性鼻炎 | アトピー性皮膚炎 | 蕁麻疹・湿疹糖尿病膠原病円形脱毛症 | めまい耳鳴り難聴・突発性難聴メニエル氏病 |  むずむず脚症候群 | 不明熱・心因性発熱うつ病 | パニック障害自律神経失調症不眠症 | 骨折後の治療・リハビリ鍼灸手術後の不調と体調変化癌治療・抗がん剤治療・放射線治療の副作用症状冷え性浮腫・むくみ | 更年期障害 | ホットフラッシュ | 生理痛・月経困難症・月経前症候群 | 月経不順・生理不順 | 不妊症 | つわり・妊娠悪阻 | 逆子 | 子宮下垂(子宮脱)  | 産後の体調管理美顔鍼・美容鍼灸