足底筋膜炎の痛みは千葉市のウェルバランスで治療

足底筋膜炎専門院・千葉県千葉市、市原市

 

足底筋膜炎(そくていきんまくえん)とは足の裏(各足の指の付け根部分からかかとまで)に縦に走行する扁平な筋膜組織に何らかの理由によって炎症が生じた為に足の裏に痛みを生じる疾患です。この足底筋膜炎は40代~50代に好発する傾向があり、そのほか足や足底の筋肉や腱に負担を生じるスポーツ選手などに発症する場合なども多く見られ、偏平足もしくはハイアーチ(偏平足とは逆に土踏まずが高い場合)、加齢変化(足の筋肉低下や柔軟性の低下)、職業による筋疲労(オーバーユース)、陸上選手や長距離ランナーなどの足底筋膜への継続的な負荷などが原因となって発症する場合が多くなります。また時に明らかな原因無く発症してしまうケースも見られます。

 
 
足底筋膜炎・足底痛
足底筋膜炎は足のかかと内側の少し前方に痛みを生じることが多く、また踵(かかと)の中央や土踏まず付近に痛みを感じる場合が実際に多く見られます。痛みは歩行時や日常生活で不快感を感じるという中程度の痛みから足を地面に着くと痛くてほとんど歩けないというほどの強い痛みを生じる場合があります。発症直後の炎症期は時に足の裏や踵に激痛を伴うケースも見られます。症状としては踵を地面に着くと痛い、足に体重をかけると踵や土踏まずなどの足の裏が痛い、手で踵の前方や周囲を押すと痛い、朝起きてからの歩き始めが特に痛い、椅子から立ち上がって歩き始めると痛いなどの症状を主として訴える方が大部分を占めています。この足底筋膜炎は突如発症することが多い為に一体何が起こっているのかとびっくりされる方も多いのですが、基本的にしっかりと治療をしておけば治らない疾患ではありません。足底筋膜炎の治療は足底筋のストレッチやアイシング、テーピング、足の指を使ったタオル等の手繰り寄せ運動、足底でゴルフボール等を使った玉転がし、特殊な靴底作成などの治療方法が存在しますが、鍼灸治療の場合においては足底筋膜や足底筋群に直接治療を行なえる最も効果的な治療方法なりますので、整形外科などで足底筋膜炎と診断をされた場合には症状が悪化しないうちに早めに治療を開始されることをお勧め致します。足の裏の痛みが長く続くと正常な歩行リズムが崩れ、歩行時の足の筋肉を使う割合が変わってきてしまうことが多くあります。この場合足のその他の筋肉に過剰な負担がかかってしまっている部分が痛くなってしまい、余計に症状が辛く感じてしまうことがあります。また足底筋膜炎は発症してからの経過や炎症の度合いなどによって適切な処置と鍼灸治療の内容が異なってきますので、まずは足底の状態を確認するためにも一度ご来院下さい。当院のペインマネジメント鍼灸治療は足底筋膜炎のような症状に有効性の高い治療効果が見られ、早期の適切な治療と対処が早期回復への期待ができる疾患のひとつとなっています。ウェルバランス鍼灸治療院は足底筋膜炎のように長距離を歩くのが辛いという方の場合においても蘇我駅より徒歩3分と駅近の環境にあり、治療が受けやすい場所にあることも大きなメリットとなっています。また当院は千葉駅よりJR線で5分、JR京葉線・内房線・外房線の3線が発着しておりますのでアクセスが大変便利な本格派東洋医学の専門院となっております。
 

 【Clinical Case Achievement】 臨床実例

【足底筋膜炎の治療】 50代・男性

およそ6ヶ月前頃から左足のかかとに突然痛みを感じるようになり整形外科を受診したところ足底筋膜炎と診断をされていた方の症例です。普段は足の裏からかかとにかけての鈍痛感があり、朝起きてから歩きはじめた時と、日中通勤などで歩いている最中は特に痛みを強く感じると言う事でした。症状を感じ始めてから整形外科を受診してはいたのですが、先生から病名の診断をされただけで治療は特にありませんということで何もせず帰って来られたという事でした。1週間に1~2回ジムに通ったり、ジョギングをしたり、またご本人曰く時々ゴルフをするのでそれで足に負担がかかって痛くなってしまったのではないかということで、その他に特に思い当たる原因はないとのことでした。さらに長い期間左足をかばっていたために反対側の右足の裏とふくらはぎ等にも痛みを感じてしまうようになってしまった為に鍼灸治療を受けに来られたそうです。当院では一番辛い左足裏の足底筋膜炎の治療を中心にその他の随伴症状も含めて、まずは正常な歩行リズムを取り戻すように治療を行なうことにしました。治療開始後2回目の治療時には自覚的に鍼灸治療を始める前より約50%程(約半分)は左足裏の痛みと両足全体の痛みが軽減し、以前に比べれば会社までだいぶラクに通勤できているという状態まで症状の軽減が見られています。ただ3回目の治療の時点では、以前より足の状態が良くなって歩きすぎてしまったことと、出張が重なって再びかかとの痛みが少し増強してしまったとの自己報告がありました。その後はまた痛みの強い部分を重点的に治療を行ないましたが、以前のようなかかとの痛みはもう感じなくなるところまで回復されたということでこの方の場合においては6回で治療を終了させて頂きました。海外出張が多いため足の痛みには悩んでいらっしゃったようですが、予定通り仕事を休まずまた海外まで行く事ができたようで大変喜んでいただく事が出来ました。またこの方の場合には最初にちゃんと整形外科に行っていたにも関わらず何もしてもらえなかったことから、「病院で何も出来ないのであればなぜお医者さんはこの鍼治療なんかを紹介してくれたり、教えてくれたりしないのか不思議に思う」、「こんなにラクになるのであればもっとこちらに早く伺っていれば良かったですよ」と仰っておられました。これは日本独特の医療業界のシステムのために日本では「すべての疾患において患者側にとって最も有益な医療制度」となっていないことが理由のひとつにあげられますが、「患者のための医療」を思うのであればもう少し海外のフェアーな医療制度を国も、日本の医療従事者も、そして日本国民も認識を高める必要があると言えるでしょう。しっかりと世界を見て日本全体の悪い部分は修正していくことができるスマートな指導者、ワイズな国民によって成立する日本になってもらいたいと願っています。カナダにおいては国家が管理する医療制度はたった一人の男による医療制度改革によって非常にフェアーな制度に変えられたという歴史があります。アメリカの医療制度は厳しい面もありますが、制度は良く整備され、国民の意思が反映されている医療制度のスタイルを取っています。ニュージーランドは怪我と病気に対して医療保険を分けており、こちらも医療の公平性と正当性が十分に考慮された大人な制度を導入しています。こちらは千葉市緑区からお越しになられた方の足底筋膜炎の治療実例となっております。

こちらは当院にて実際に治療を行なった方の診療カルテに基づいた臨床実例であり、個人が特定されない範囲で実際の診療記録を掲載させて頂いているものとなります。こちらの文書は他のサイトへの転載や引用等は堅くお断り致します

 

 【Clinical Case Achievement】 臨床実例

【足底筋膜炎の治療】 50代・男性

千葉市緑区より足底筋膜炎の治療でお越しになられた方の症例ですおよそ2ヶ月前から左足のかかとにある日突然刺すような強い痛みを感じ始めたそうで、以前かかとに同じような痛みは感じたことはないという事でした。またその発症時の2ヶ月前に近所の整形外科を受診して足底筋膜炎と診断され、痛み止めの飲み薬を処方されたということでした。現在は都内まで通勤をされており、特に定期的に運動などはしていないという状況で足底の治療のため当院へご来院になられました。足底の痛み以外には眼精疲労軽度の動悸と息切れ、便秘軽度の鼻炎と頻尿等の症状をお持ちでした。足底筋膜炎発症時の刺すような激痛は頻度は少し減っているもののまだ日によって足の裏は痛く、足に集中して治療してもらいたいということで治療を開始致しました。ご本人は鍼灸治療を過去に受けた経験は無く、今回初めて鍼治療を体験する事もあって最初は少し緊張されていたご様子もありましたが、治療開始時から鍼灸治療の説明をさせて頂き、その後は少し安心して治療をお受けになられたようでした。
初診時の1回目の治療を終え、その1週間後に再び治療を受けにご来院になられました。その時の治療効果の確認を行なった際にはご本人より自覚的に「前回の鍼灸治療の後からこの1週間は治療前と比べて6~7割程度足裏の痛みが軽減しました。1日中全く痛みを感じなかった訳ではなかったけれども足の裏が殆ど痛くない朝もありました。」という感想で、治療による足の状態の違いを感じるということでいらっしゃいました。2回目の治療も初診時とほぼ同じように行い、これで痛みがさらに軽減するようであれば様子を見ましょうということで2回目の治療を終了し、その後は足底筋膜炎の症状も安定しているようです。
足底筋膜炎のような症状は外から見える外傷などが無いため、他の人から見ると「何をそんなに痛がっているのだろう?」と思ってしまわれる傾向がありますが、特に初期の炎症期は足を地面に着くことが出来ないほどの激痛を生じる場合があります。また50代の男女に多く、ある日突然発症するという傾向が見られます。鍼灸治療の場合においては足底筋に直接有効な治療を施せる特長があることから、足底筋膜炎と診断された場合には鍼灸治療を早めに受診される事をお勧め致します。当院では足裏の痛みにフォーカスしたペインマネジメント治療も、足底筋膜炎と併せてふくらはぎの痛みや重だるさ、足のしびれ足のむくみなどその他の症状についてもできる限り総合して治療を行なっていくことが可能です。千葉市中央区のJR蘇我駅西口より徒歩3分と駅近で大変便利な治療院です。通勤や通学で千葉駅をご利用になられるという方々にとってもJR内房・外房線で5分とアクセスしやすくなっております。お電話でご予約の上ご利用頂けます。

こちらは当院にて実際に治療を行なった方の診療カルテに基づいた臨床実例であり、個人が特定されない範囲で実際の診療記録を掲載させて頂いているものとなります。こちらの文書は他のサイトへの転載や引用等は堅くお断り致します

 

 【Clinical Case Achievement】 臨床実例

【足底筋膜炎の治療】60代・男性
およそ半年前から右足のかかとに痛みを感じるようになりご近所の整形外科にて足底筋膜炎と診断をされて超音波療法、高周波治療、温熱治療や湿布薬の処方などを受けていたそうですが、およそ6ヶ月治療を受けても痛みが変わって来ないということで千葉県袖ケ浦市より当院にお越しになれました。
足の裏のかかとの痛みは朝起きた時や長時間歩いた後、それから車の運転をして車から降りた後などに痛みを強く感じることが多いという事でした。現在はお仕事を退職され、毎日健康のために8000歩前後のウォーキングを続けて来られたそうですが今は足底の痛みがあるため休んでいらっしゃるという事でした。足の痛みの他には眼精疲労軽度の睡眠障害軽度の腰の痛み、頻尿などの症状が見られましたが、まずは足の裏の痛みを軽減するための治療に専念したいというご希望により、足底筋膜炎に焦点を置いた鍼灸治療を当院にて行わせて頂くことに致しました。
まず一回目の鍼灸治療をお受けになり、二回目にご来院になられた時には痛みがかなり軽減したことに驚いていらっしゃいました。一回目の治療の翌日の朝は足裏の痛みは全く感じなかったそうで、完全に治ってしまったのかと思われたという事でした。一回目の治療から12日後に二回目の治療にお越しになられたのですが、その時には少しまた足底の痛みが戻ってきている感じはあるが、最初にここに来る前より痛みは50%程度に半減しており、だいぶラクに感じているということでした。鍼治療一回でかなりラクになったのだが、もう一度受けておこうと思われ二回目の
治療に来られたそうです。ご本人は今まで鍼灸治療をお受けになられた事は無く、初めての鍼治療ということでありましたが、鍼治療の効果に大変驚き、関心されていらっしゃるご様子でした。とにかく今まで痛かった足が良くなって大変喜んで頂くことが出来たと思います。ウォーキングは日々の健康を維持するための最も基本的な運動となります。人間は歩くことによって健康寿命を維持できると言ってもよいでしょう。これからもウォーキングを楽しんで毎に健康にリタイアメントライフを楽しんで頂きたいと思います。こちらの症例はとても品のある素敵なおじさまと言っては失礼かもしれませんが、とても気持ちの良い方でした。このような方へ治療のお手伝いが出来ました事は当院にとりましても嬉しく感じております。とても印象深い足底筋膜炎の臨床実例でした。
こちらは当院にて実際に治療を行なった方の診療カルテに基づいた臨床実例であり、個人が特定されない範囲で実際の診療記録を掲載させて頂いているものとなります。こちらの文書は他のサイトへの転載や引用等は堅くお断り致します
 

 【Clinical Case Achievement】 臨床実例

【足底筋膜炎の治療】 40代・男性
約3ヵ月前にフルマラソンに出場した後から右足の足底外側と足の甲の部分に痛みを生じるようになり、一度はその痛みは少し治まった時期があったそうですが、最近になってまた足の痛みが再発してきたという事で鍼灸治療にお越しになられました。3ヵ月前と1ヶ月前に2度整形外科を受診したものの2回ともレントゲン検査の結果、異常は無しということで、特に治療も無かったということでしたが、2回目の整形外科の医師の診断は短腓骨筋付着部炎という診断を受けたそうです。ご本人は体を鍛えるトレーニングとマラソンがお好きなスポーツマンでいらっしゃいましたが、現在はその足のケガのためマラソンはやっていないという事でした。足の痛みは一日に何度かジワーと痛みが出たり、ピリピリと痛みが走る時もあるということで、残念ながら大好きなマラソンをお休みされていらっしゃいました。
こちらの方は以前にも足の肉離れを起こした際に何回も鍼灸治療をお受けになられたご経験があり、今回は足の足底の痛みに専門的な治療を行っている当院へ千葉市美浜区よりお越しになられました。今回はかなり長距離のランニングで足を酷使していらっしゃたご様子であること、また体格もとてもガッシリとしていらっしゃったことから足底の痛みが取れて来るまでには他の人よりも少し時間がかかるかもしれないと思いましたが、1回目の鍼灸治療で自覚的には「約70%ぐらい足の痛みが取れています」とのご感想でした。2回目の治療を終えて、3回目にご来院になられました時には「残っていたおよそ30%の足裏の痛みも更に軽減して現在はちょっとの違和感程度です」と仰られ、今度は「先週お仕事で腰を痛めてしまったので、足よりも腰を治療してもらいたい」とのご要望を頂きました。その後もう二回腰の治療にご来院になられましたが、足の痛みは改善し、ゴールデンウィークに開催されたフルマラソンは完走され、また数週間後は軽めの15キロのマラソンに参加するだと張りきっていらっしゃいましたので、大好きなマラソンをまた再び楽しむことができるようになり大変喜んで頂くことが出来ました。当初はもしかしたら比較的重症な足底の痛みである可能性を考えましたが、ほんの数回で痛みが改善しましたので、早期回復のお手伝いが出来て嬉しく思います。スポーツがご趣味だという方にとりましては長く続けていると故障や怪我もありますけれども、体の状態を伺いながら長く楽しんで頂きたいと思います。ウェルバランス鍼灸治療院ではそのようなアスリートの方々のサポートも行わせて頂いておりますので、ゴルフによる腰痛テニスによる肩関節や肘の痛み、首の痛み腱鞘炎足首の捻挫などの症状につきましても治療が可能となっている本格的な鍼灸の専門治療院です。JR京葉線の海浜幕張駅、検見川浜駅、稲毛海岸駅、千葉みなと駅等、またJR内房線・外房線の稲毛駅、千葉駅、本千葉駅、鎌取駅、誉田駅、大網駅、浜野駅、八幡宿駅、五井駅、袖ケ浦駅等からはご来院に便利なJR蘇我駅西口より徒歩3分にある治療院となっております。京成千葉寺駅や大森台駅、おゆみ野駅付近の方々にとりましても通院に便利な治療院です。足底筋膜炎や足の裏の痛みの症状で整形外科を受診したけれども異常は無いと言われた、または症状が改善して来ないという場合には初診のご予約をお取りなり、当院へお早めにご相談頂く事をお勧め致します。
こちらは当院にて実際に治療を行なった方の診療カルテに基づい臨床実例であり、個人が特定されない範囲で実際の診療記録を掲載させて頂いているものとなります。こちらの文書は他のサイトへの転載や引用等は堅くお断り致します
 

 【Clinical Case Achievement】 臨床実例

【足底筋膜炎の治療】 50代・男性

千葉市中央区よりお越しになられました50代前半、男性の方に生じた足底筋膜炎の症例です。当院にご来院になられる約3週間前に足底に強い痛みを感じ、千葉駅近くの整形外科を受診したところ足底筋膜炎との診断を受け、湿布薬を処方されたという事でした。過去に足底に痛みを生じたという経験は無く、また整形外科で診てもらった後も痛みがなかなか良くならないということで当院にお越しになられました。足底は左右両方の足の裏に痛みや違和感を感じ、左足よりも右足のほうが痛みを強く感じていると言うことでした。また急に立ったり、早歩きで歩こうとすると特に足の裏が痛むという状況でした。足底筋膜炎の足の痛み以外には、眼精疲労過敏性腸症候群(IBS)様の胃腸症状足の冷え感などの症状が日常生活の中であるということでした。
当院にて足底筋膜炎による足の裏の痛みを中心に眼精疲労胃腸の消化器症状足の冷え性などの症状も含めて、足の裏の痛みが無くなるまでということで鍼灸治療を開始させて頂きました。初診時の1回目の鍼灸治療を受けられた後は左側の足底の痛みや違和感は0%で全く感じなくなり、また右側の足底の痛みはご来院前と比べると約半分の50%ぐらいまで軽減したという事でした。約10日後に2回目の治療を行い痛みが残っている右側の足底を中心に再度鍼灸治療を行い、こちらの右側の足の痛みも問題無く日常生活が過ごせる程度に回復されましたので足底筋膜炎の治療は完治として終了させて頂きました。
このように足底筋膜炎への治療は鍼灸治療がとても有効な手段となります。足の裏に痛みや違和感を感じてなかなか症状が改善されてこないという場合にはウェルバランス鍼灸治療院にご相談下さい。この方の場合には週に4回ほどスポーツクラブに通うことを楽しみにされているということでしたので、早期に足の痛みが改善されて良かったと思います。基本的に痛みが生じてしまった場合には早めに対処し治療を行なっておくと比較的早期に痛みが緩和される傾向がありますので、放置せずお早めに治療をお受けになられることをお勧め致します。
こちらは当院にて実際に治療を行なった方の診療カルテに基づいた臨床実例であり、個人が特定されない範囲で実際の診療記録を掲載させて頂いているものとなります。こちらの文書は他のサイトへの転載や引用等は堅くお断り致します

 

千葉県で英語診療が可能な病院、治療院
千葉県の美顔鍼を受けるならウェルバランス(千葉市、市原市)
土日祝日も治療が受けられる治療院、病院

 

ウェルバランス鍼灸治療院

〒260-0834

千葉県千葉市中央区

今井2-11-12

JR内房線・外房線・京葉線

蘇我駅西口駅より徒歩3分043-268-7630【ご予約】

 

国家資格者による本格鍼灸

交通事故(自賠責保険)取扱い

新患随時受付致しております

英語でも受診いただけます

 

千葉県千葉市・市原市より通院に便利な鍼灸治療院です。ウェルバランス蘇我鍼灸治療院は皆様の良きヘルスケアパートナーとなれるよう日々治療に当たらせて頂いております。様々な症状や病状でお困りの方は是非一度ご相談下さい。当院はシンプルな痛みの治療から様々な特殊なケース、複雑なケースまで幅広く対応をさせて頂いている専門治療院です。

 

 

WellBalance Soga

JR Uchibo/Sotobo/Keiyo Line, Soga Station 3min walk from west side exit.

 

Accept Auto Isurance / Work-comp Insurance.

Acupuncture treatment at WellBalance becomes income tax diduction as a health care expense.

Available in English.

Opens until 7pm. 

 

The best acupuncture clinic in Chiba and this is only one in this area. New patients are wellcome. Please call and make an appointment for your visits.

千葉県内で実績のある治療院、病院

【コピーライト】 サイト内のコンテンツを複製および転載する事は堅くお断り致します。

【疾患・病状と治療】

千葉の顎関節症専門治療院・病院・歯科・口腔外科・整形外科
千葉の顔面神経麻痺専門治療院・病院・耳鼻科・脳神経外科・神経科
千葉の眼瞼痙攣専門治療院・病院・耳鼻科・脳神経外科・神経科・心療内科
千葉の頚椎症専門治療院・病院・整形外科・神経科
千葉の頚椎ヘルニア専門治療院・病院・整形外科・神経科
千葉のストレートネック専門治療院・病院・整形外科・神経科
千葉の五十肩専門治療院・病院・整形外科・整骨院
千葉のぎっくり腰専門治療院・病院・整形外科・整骨院
千葉の坐骨神経痛専門治療院・病院・整形外科・整骨院
千葉の腰椎椎間板ヘルニア専門治療院・病院・整形外科・整骨院
千葉の足底筋膜炎専門治療院・病院・整形外科・整骨院
千葉の交通事故専門治療院・病院・整形外科・整骨院
千葉の過敏性腸症候群専門治療院・病院・内科・胃腸科・心療内科・漢方外来
千葉の自律神経失調症専門治療院・病院・内科・胃腸科・心療内科・漢方外来
千葉のパニック障害専門治療院・病院・心療内科・精神科・内科・漢方外来
千葉の円形脱毛症専門治療院・病院・皮膚科・心療内科
千葉のアトピー性皮膚炎専門治療院・病院・皮膚科・心療内科
千葉の線維筋痛症専門治療院・病院・整形外科・神経科・心療内科・漢方外来
千葉のむずむず脚症候群専門治療院・病院・整形外科・神経科・心療内科・睡眠外来・漢方外来
千葉の生理月経不順専門治療院・病院・婦人科・産科・内科・漢方外来
千葉の不妊症不育専門治療院・病院・婦人科・産科・不妊外来・漢方外来
千葉のつわり専門治療院・病院・婦人科・産科・内科・漢方外来
千葉の逆子専門治療院・病院・婦人科・産婦人科・外回転術・逆子体操
千葉の産後専門治療院・病院・婦人科・産科・内科・心療内科・精神科・漢方外来

頭痛・偏頭痛・筋緊張性頭痛 | 頚椎症 | 頚椎ヘルニア肩こり・頚部痛むち打ち損傷・交通事故 | 寝違い | ストレートネック肩関節周囲炎五十肩(四十肩) | 腱鞘炎手根管症候群 | 手足のしびれ | 足底筋膜炎 | 腰痛 | ぎっくり腰 | 坐骨神経痛変形性脊椎症 | 椎間板ヘルニア | 脊柱管狭窄症 | 腰椎すべり症・分離症三叉神経痛肋間神経痛 | 顔面神経麻痺 | 顔面痙攣眼瞼痙攣・眼輪筋痙攣 | 眼精疲労顎関節症食欲不振胃痛・胃炎逆流性食道炎便秘症・慢性便秘下痢・軟便過敏性腸症候群膀胱炎線維筋痛症喘息・咳喘息慢性閉塞性肺疾患副鼻腔炎・蓄膿症 | 花粉症 | アレルギー性鼻炎 | アトピー性皮膚炎 | 蕁麻疹・湿疹糖尿病膠原病円形脱毛症 | めまい耳鳴り難聴・突発性難聴メニエル氏病 |  むずむず脚症候群 | 不明熱・心因性発熱うつ病 | パニック障害自律神経失調症不眠症 | 骨折後の治療・リハビリ鍼灸手術後の不調と体調変化癌治療・抗がん剤治療・放射線治療の副作用症状冷え性浮腫・むくみ | 更年期障害 | ホットフラッシュ | 生理痛・月経困難症・月経前症候群 | 月経不順・生理不順 | 不妊症 | つわり・妊娠悪阻 | 逆子 | 子宮下垂(子宮脱)  | 産後の体調管理美顔鍼・美容鍼灸