つわり・妊娠悪阻は千葉市のウェルバランス鍼灸院へ

つわり妊娠悪阻専門院・千葉県千葉市、市原市

 

つわりは妊娠初期症状のひとつで多くは妊娠5週目前後から、遅い人では妊娠8週目頃から吐き気(悪心)や嘔吐を中心に、匂いに過敏になる、唾液の増加、食欲低下や増進、イライラ感、全身倦怠感、眠気、不眠、頭痛などの症状が現れるものです。妊娠初期に現れるこれらの症状は非常に個人差が大きく、症状が非常に強く現れる人から、ほとんど言ってよいほど現れず済んでしまう人まで様々です。母体が妊娠することによって体内のホルモンバランスも変化を始める時期となり、体質や精神的要因との関連性もありますが、医学的にはこのメカニズムはまだ立証に至っていないのが現状です。通常は妊娠3~4ヶ月前後で治まることが多く、安定期へと移行していきます。

 

妊娠悪阻(にんしんおそ)とは妊娠初期のこれらの症状が極端に強く現れ、日常生活も普通に送れないほど症状が悪化した病的な状態を言います。妊娠悪阻という重度の初期症状が現れるのは妊婦全体の約1~2%と言われています。嘔吐や摂食障害などの消化器症状によって栄養や代謝障害、脱水症、体重減少などをきたし、更に重度である場合には電解質異常、黄疸、腎障害、脳神経症状など様々な症状を引き起こす場合があるため入院治療が必要となります。妊娠悪阻は初産婦に多いと言われていますが、重篤なケースに発展するものは経産婦に多いと言われています。

 

 

つわり・軽度の妊娠悪阻

中医学においても強いつわり症状や妊娠悪阻は「悪阻」と記されており、「受胎後に月経が閉止し、血の海が瀉ぎださず、その血中の濁気が肝胃の火をともなって逆上し、あるいは痰湿が中焦で阻がり、それにより胃が和み降す機能を失って病となる」としています。一般平均より強いつわり症状や妊娠悪阻の一歩手前という状態の場合には自律神経や不安感などの精神的要因も大きく関連している場合も多く、また妊娠中は処方薬も制限されますので、我慢せずに早めに鍼灸治療を開始されることをお勧め致します。また妊娠中期以降も便秘や腰痛などの症状を訴えられる方も多く、逆子の可能性が出てきた時においても良い鍼灸院が身近にあるというのは大きなメリットと言えるでしょう。当院では第一子を妊娠された時には妊娠悪阻の一歩手前というほど辛かったという方で、第二子を妊娠された時にも初期のつわり症状がきつく、当院にご来院になれていた方の治療などにもあたらせて頂きましたが、鍼灸治療後に辛い症状がピタリと治まるということではなく、症状の度合いや期間が1人目をご出産された時に比べて総体的にだいぶ楽に過ごせたため鍼灸治療による違いを実感できたということでした。妊娠後のつわり症状や体調の変化、逆子治療、産後の体調管理などはウェルバランス鍼灸治療院へご相談下さい。

 

■ 【Clinical Case Achievement】 臨床実例

【つわりと嘔吐・食欲低下の治療】 20代・女性

妊娠12週目で妊娠初期のつわり症状による吐き気がひどく千葉県市原市より当院にお越しになられました方の症例です。およそ1ヵ月前(妊娠8週目前後)から吐き気と喉のつまり感が強くなり始め、千葉市内の総合病院の産婦人科で漢方薬を処方してもらっていたけれども、なかなか症状が改善していないという状況でいらっしゃいました。吐き気は一日に頻繁に起こり、約1ヵ月前からは一日に3回~4回ほど嘔吐が続いているという事でした。今回は第2子のご妊娠でありましたが、2年前にお一人目をご出産になられており、お一人目の際にも妊娠初期のつわり症状がきつかったということでした。現在強い吐き気症状のためあまりご飯が食べられなくなってしまい、食事は1日2回ほどで2キロほど体重が減少してしまったということでした。つわり症状のほかには、喉のつまり感と喉に常に痰がからんでいる感覚、むかむか感、便秘症状軽度の手足の冷え感、身体の重だるさと倦怠感が強いという症状が見られました。また過去には喘息妊娠糖尿病、帝王切開などの既往歴なども存在しておられました。
まだ妊娠初期の段階で安定期に入っていない状態でありましたことから、慎重にまずは現在最も辛い症状で悩まされているつわり症状を改善する為の治療を中心に行なって行くことに致しました。ご本人もいろいろと調べてみたけれども、つわりの治療をしてくれる病院や治療院は少ないので通ってみたいと仰られ、コツコツと症状改善の為に通院をされて来られております。初診時の7日後に次の産婦人科での検診が控えており、それまでに2回鍼灸治療を行なったところ、今までのつわり(吐き気)症状は自覚的におよそ50%~60%ぐらいにまで軽減しており、今までのように思いっきり吐くことはもう無くなったということで、当初予想していたよりも早く鍼灸治療の効果が現れて症状の緩和が見られました。このような強いつわり症状や実際に嘔吐が頻繁に生じているという場合にはこれらの症状がまず半分以下になっただけでもかなり身体がラクに感じるものです。ご本人もつわりの症状がだいぶ軽くなってきたせいで以前よりはご飯が少し食べられるようになってきたと喜んで頂く事ができました。その後も様子を見ながら定期的に治療に通って来られ、4回目の治療時には空腹時のみ少し吐き気を感じることがあるものの、現在あのひどかったつわりはほとんど起こらなくなるまでに回復されております。つわり症状は一旦落ち着いて来られましたので、その後は様子を見ながらその他の症状も併せて治療を行なって行くことにし、一時的に鼻炎症状や喉のつまり感、唾液が多く分泌されるなどの症状が現れることがありましたが、その時その時の体調や症状に合わせて治療をさせて頂いております。5回目に治療にお越しになられた際には妊娠初期から安定期に移行し、今までよりも少し内容を充実させて鍼灸治療を行なう事ができるようになってきております。ご飯も今ではしっかりと食べられるようになり、前回の産婦人科の検診でも異常は無く順調に進んでいるということでした。その後も定期的に体調管理の為に治療に通って来られております。
このように当院では妊娠初期のつわり症状や妊娠中の体調不良や体の痛みなどについても治療を行なっている鍼灸専門院となっておりますので、病院で妊娠中の起こったその他の症状についてはあまり対応してもらえないといった場合にはJR蘇我駅西口より徒歩3分のウェルバランス鍼灸治療院にご来院下さい。当院では妊娠中期以降の症状や逆子などの治療についても対応をさせて頂いております。蘇我駅はJR内房線、外房線、京葉線が通っており、JR線の千葉駅、本千葉駅、鎌取駅、誉田駅、土気駅、大網駅、浜野駅、八幡宿駅、五井駅、木更津駅、千葉みなと駅、稲毛海岸駅、検見川浜駅、海浜幕張駅などの各駅からアクセスのしやすい環境となっております。また千葉寺駅、大森台駅、おゆみ野駅、ちはら台駅近隣などからも通院しやすい治療院となっております。
※こちらは当院にて実際に治療を行なった方の診療カルテに基づいた臨床実例であり、個人が特定されない範囲で実際の診療記録を掲載させて頂いているものとなります。こちらの文書は他のサイトへの転載や引用等は堅くお断り致します。
 

■ 【Clinical Case Achievement】 臨床実例

【つわり・吐き気の治療】 30代・女性

妊娠16週目に入り、妊娠7週目頃から始まったつわり症状が治まらないという状態で鍼灸治療にご来院になられました。つわりの症状は吐き気、食欲不振、体のだるさ、イライラ感、睡眠の質が悪くあまりよく眠れていない喉が詰まっているような感じがする、便秘などの症状があり、つわり症状の吐き気は特に夕方から夜にかけて症状がひどくなるということでした。このつわり症状の吐き気はかかりつけの産婦人科では診てもらっていたそうですが、特にお薬の処方なども無く、治療なども特に何も無かったという事でありました。また食事は1日2回程度で少量の食事しか取れていないということでした。
こちらのつわり症状をまずは緩和する為に週1回の頻度で治療を開始致しました。初診時の治療を終えて翌週の2回目のご来院時には吐き気は若干軽減された様子で本人の自覚的感覚では初回の治療後は30%ほど症状が軽くなったと感じたということでしたが、まだご飯を食べたいという意欲は少ないという状況でした。また唾液の分泌が多く、気持ち悪くなることがあるということでした。さらに翌週の3回目の治療時には前回の治療後4~5日はずっと調子が良かったが、ご来院になられる2日前からまた調子が悪くなり、再び2回ほど嘔吐してしまったというご報告がありました。今回は食欲も少し出てきたようでしたが、自分でも食欲が沸いてきた為に少し味の強い食べ物を食べてしまったのがおそらく2回吐いてしまった原因であろうということでした。この時点でまだ不安定な状態ではありましたが、若干食欲が改善されてきた傾向が見受けられております。またさらに翌週の4回目の治療の際には食欲はかなり改善され始め以前よりだいぶしっかりとした食事が取れるようになってきたということで、毎日ある程度きちんとした食事が食べられる状態にまで回復してきております。またこの1週間はまだ軽度の吐き気を感じることはあるものの1度も嘔吐は無かったということでした。吐き気を感じる場合はやはりまだ夕方から夜にかけて現れることがあったというご報告でした。5回目の治療時にはつわり症状の吐き気、食欲の減退はだいぶ治まり始め、これまでは唾液の分泌も多かったが今はだいぶ減ってきているという状態にまで改善が見られております。この後からは妊娠後の全体的な症状も改善が見られており、少しずつ安定した体調も見られるようになってきた為、10日に1回程度のペースに少し治療間隔を広げて様子を見ていくようにしましたが、6回目の治療時におけるつわり症状はご来院前の一番辛かった時の状態から比べると現在は残り5%程度だということでこの時点でほぼ改善傾向がしっかりと確認できており、食欲は朝と昼は妊娠前と同じぐらいしっかりと食事が取れるようになり、今度は逆に太ってこないか心配になるほどになってきたということでした。6回目の治療の後はそのままかかりつけの産婦人科で定期健診を受けに行き、その検診でも特に異常はなく順調だということでした。その後はもう少し間隔を空けて経過観察を含めた治療を行い、3ヶ月できっちりと完治しているケースとなりました。
こちらは千葉市中央区よりつわり症状に鍼灸治療を行って完治した方の症例となっておりますが、このように妊娠悪阻とまでは診断されない辛いつわり症状を訴える方々は多く、鍼灸治療には副作用が無い安全な方法で効果を出すことが出来ております。つわり症状や嘔吐でご飯が食べられないという場合には体力も低下してしまいますので元気なお子さんを出産される為には症状の早期改善がとても重要となってくるでしょう。当院では妊娠初期のつわり症状から妊娠後期の逆子手根管症候群むくみ原因不明のしびれ腰痛頭痛便秘などの妊娠時に起こりやすい様々な症状についても治療することができる専門院となっております。千葉市6区(千葉市中央区、美浜区、稲毛区、若葉区、緑区、花見川区)やちはら台などの市原市などからはアクセスのしやすい治療院です。また近隣となる習志野市、船橋市、四街道市、佐倉市、大網白里市、東金市、茂原市、袖ヶ浦市、木更津市等からも通院可能な場所となっております。JR蘇我駅西口より徒歩3分、JR内房線や外房線でJR千葉駅からは電車で5分と千葉駅を通勤や通学でご利用になられる方々にとっても大変通院便利な環境となっております。つわり症状(軽度の妊娠悪阻)、逆子妊娠時の不調、産後の体調不良など様々な症状はウェルバランス蘇我鍼灸治療院にご相談下さい。
こちらは当院にて実際に治療を行なった方の診療カルテに基づい臨床実例であり、個人が特定されない範囲で実際の診療記録を掲載させて頂いているものとなります。こちらの文書は他のサイトへの転載や引用等は堅くお断り致します
 

■ 【Clinical Case Achievement】 臨床実例

【妊娠中の体調不良・つわりの治療】 30代・女性
第二子目のお子さんを妊娠後約7.5週目で強いつわり症状が現れ始めたということで千葉市花見川区よりお越しになられました。今回のつわりは当院にお越しになられる1週間前から始まったそうです。症状は胃痛胃もたれ食べづわり吐き気などの症状が酷くて体調が悪い日々が続いているということでした。つわり症状は空腹時や食べた後、夜間などに症状が酷くなり、またこの方の場合には最初の第一子目のお子さんを妊娠された際にもつわりの症状が酷かったご経験があるということでした。つわり以外の症状は、イライラ感、睡眠障害軽度の目まい感、軽度の動悸、食欲不振、頻尿、手足の冷え、倦怠感と疲労感などの症状を現在頻繁に感じることがあるという状態でした。
これらの症状のほとんどは妊娠による体の変化と関連性のある症状でしたので、つわりと胃の症状を中心とした全身的な鍼灸治療で少しでも体調が安定し、結果的につわりの症状を軽減させていく方向につなげるような方法で当院にて治療をさせて頂くことに致しました。2回目に当院にお越しになられた時には、前回の治療で吐き気の症状はいくらか治まり始めているが、まだ時間帯によって胃の不快感を感じるということでした。また2回目にご来院になられた日は数日前から頭痛を強く感じるようになってしまったので頭痛の治療もお願いしますとのご希望がありましたので、この日は頭痛の治療も加えて再度全身的な治療をさせて頂く事に致しました。次の3回目に来られた時にはつわりの症状はかなり軽減したご様子で、「時々軽度の胃のムカムカ感はあるが、今回は妊娠してからまだ一度も吐いておらず、第一子の時のつわりと比べれば断然ラクなレベルです」というご本人からのご感想でした。
このように鍼灸治療を始めてから気の流れや体調が整うとつわりのような症状は軽減されて来ます。「つわり」という妊娠による体の反応や症状は医学的にもなぜ起こるのかまだ良く分かっていない部分が多く、このような妊娠悪阻(にんしんおそ)のレベルまでは満たない「つわり」症状の場合においては産婦人科においても有効的な治療の手段に乏しい現実があります。このような時には妊娠中であっても的確な治療を行うことが出来る鍼灸治療は妊婦さんの体調不良についても副作用の無い安全な方法で治療を行うことが可能となります。また妊娠初期の母体の体調を鍼灸治療で整えておくことは安定期に入るまでの体調管理に繋がりますので、特につわり症状がキツく体調が優れないという場合には大きなサポートとなります。当院においても過去には今まで3回妊娠をされたそうですが、ご出産をされたのは今までお一人であり、今回4回目の妊娠をしたので、妊娠初期からつわりの症状の治療と合わせて鍼灸治療をお願いしたいという方がいらっしゃいました。こちらの方は4回目の妊娠は順調に進み、無事にお二人目の元気なお子さんをご出産になられております。JR蘇我駅西口にありますウェルバランス鍼灸治療院ではつわりや妊娠初期の体調不良などを含めたサポートを行っている専門治療院となっております。妊娠中や産後の体調不良腱鞘炎、乳汁分泌不全、ホルモンバランスの崩れ、慢性倦怠感)などの症状でお悩みの場合には、初診のご予約をお取りになりましてから当院にお気軽にご相談下さい。
こちらは当院にて実際に治療を行なった方の診療カルテに基づい臨床実例であり、個人が特定されない範囲で実際の診療記録を掲載させて頂いているものとなります。こちらの文書は他のサイトへの転載や引用等は堅くお断り致します
 
千葉県で英語診療が可能な病院、治療院
千葉県の美顔鍼を受けるならウェルバランス(千葉市、市原市)
土日祝日も治療が受けられる治療院、病院

 

ウェルバランス鍼灸治療院

〒260-0834

千葉県千葉市中央区

今井2-11-12

JR内房線・外房線・京葉線

蘇我駅西口駅より徒歩3分043-268-7630【ご予約】

 

国家資格者による本格鍼灸

交通事故(自賠責保険)取扱い

新患随時受付致しております

英語でも受診いただけます

 

千葉県千葉市・市原市より通院に便利な鍼灸治療院です。ウェルバランス蘇我鍼灸治療院は皆様の良きヘルスケアパートナーとなれるよう日々治療に当たらせて頂いております。様々な症状や病状でお困りの方は是非一度ご相談下さい。当院はシンプルな痛みの治療から様々な特殊なケース、複雑なケースまで幅広く対応をさせて頂いている専門治療院です。

 

 

WellBalance Soga

JR Uchibo/Sotobo/Keiyo Line, Soga Station 3min walk from west side exit.

 

Accept Auto Isurance / Work-comp Insurance.

Acupuncture treatment at WellBalance becomes income tax diduction as a health care expense.

Available in English.

Opens until 7pm. 

 

The best acupuncture clinic in Chiba and this is only one in this area. New patients are wellcome. Please call and make an appointment for your visits.

千葉県内で実績のある治療院、病院

【コピーライト】 サイト内のコンテンツを複製および転載する事は堅くお断り致します。

【疾患・病状と治療】

千葉の顎関節症専門治療院・病院・歯科・口腔外科・整形外科
千葉の顔面神経麻痺専門治療院・病院・耳鼻科・脳神経外科・神経科
千葉の眼瞼痙攣専門治療院・病院・耳鼻科・脳神経外科・神経科・心療内科
千葉の頚椎症専門治療院・病院・整形外科・神経科
千葉の頚椎ヘルニア専門治療院・病院・整形外科・神経科
千葉のストレートネック専門治療院・病院・整形外科・神経科
千葉の五十肩専門治療院・病院・整形外科・整骨院
千葉のぎっくり腰専門治療院・病院・整形外科・整骨院
千葉の坐骨神経痛専門治療院・病院・整形外科・整骨院
千葉の腰椎椎間板ヘルニア専門治療院・病院・整形外科・整骨院
千葉の足底筋膜炎専門治療院・病院・整形外科・整骨院
千葉の交通事故専門治療院・病院・整形外科・整骨院
千葉の過敏性腸症候群専門治療院・病院・内科・胃腸科・心療内科・漢方外来
千葉の自律神経失調症専門治療院・病院・内科・胃腸科・心療内科・漢方外来
千葉のパニック障害専門治療院・病院・心療内科・精神科・内科・漢方外来
千葉の円形脱毛症専門治療院・病院・皮膚科・心療内科
千葉のアトピー性皮膚炎専門治療院・病院・皮膚科・心療内科
千葉の線維筋痛症専門治療院・病院・整形外科・神経科・心療内科・漢方外来
千葉のむずむず脚症候群専門治療院・病院・整形外科・神経科・心療内科・睡眠外来・漢方外来
千葉の生理月経不順専門治療院・病院・婦人科・産科・内科・漢方外来
千葉の不妊症不育専門治療院・病院・婦人科・産科・不妊外来・漢方外来
千葉のつわり専門治療院・病院・婦人科・産科・内科・漢方外来
千葉の逆子専門治療院・病院・婦人科・産婦人科・外回転術・逆子体操
千葉の産後専門治療院・病院・婦人科・産科・内科・心療内科・精神科・漢方外来

頭痛・偏頭痛・筋緊張性頭痛 | 頚椎症 | 頚椎ヘルニア肩こり・頚部痛むち打ち損傷・交通事故 | 寝違い | ストレートネック肩関節周囲炎五十肩(四十肩) | 腱鞘炎手根管症候群 | 手足のしびれ | 足底筋膜炎 | 腰痛 | ぎっくり腰 | 坐骨神経痛変形性脊椎症 | 椎間板ヘルニア | 脊柱管狭窄症 | 腰椎すべり症・分離症三叉神経痛肋間神経痛 | 顔面神経麻痺 | 顔面痙攣眼瞼痙攣・眼輪筋痙攣 | 眼精疲労顎関節症食欲不振胃痛・胃炎逆流性食道炎便秘症・慢性便秘下痢・軟便過敏性腸症候群膀胱炎線維筋痛症喘息・咳喘息慢性閉塞性肺疾患副鼻腔炎・蓄膿症 | 花粉症 | アレルギー性鼻炎 | アトピー性皮膚炎 | 蕁麻疹・湿疹糖尿病膠原病円形脱毛症 | めまい耳鳴り難聴・突発性難聴メニエル氏病 |  むずむず脚症候群 | 不明熱・心因性発熱うつ病 | パニック障害自律神経失調症不眠症 | 骨折後の治療・リハビリ鍼灸手術後の不調と体調変化癌治療・抗がん剤治療・放射線治療の副作用症状冷え性浮腫・むくみ | 更年期障害 | ホットフラッシュ | 生理痛・月経困難症・月経前症候群 | 月経不順・生理不順 | 不妊症 | つわり・妊娠悪阻 | 逆子 | 子宮下垂(子宮脱)  | 産後の体調管理美顔鍼・美容鍼灸