生理痛は千葉市のウェルバランス鍼灸治療院で改善

生理痛排卵痛月経前症候群専門院・千葉県千葉市、市原市

 

生理痛に悩む女性は多く、増加傾向にあります。生理日が近づく頃になると市販の鎮痛剤を買って飲むということをほとんどの女性が経験をされているのではないでしょうか。症状の現れかたや痛みの度合い、期間には実に個人差があり、また毎回生理が来るたびに症状が重かったり、軽かったりというその時の違いにも個人差がみられます。原因としては子宮筋腫や子宮内膜症などの婦人科疾患が隠れている場合もありますが、生理痛があるという方にこのような病気が潜んでいる割合はそれほど高くなく、生理痛で婦人科を受診してもはっきりとした原因は見当たらない場合のほうが占める割合は多くなります。婦人科ではまだ小さめの筋腫が確認されることや子宮の位置異常などが原因でおそらく生理痛が強いのであろうという説明を受ける方が多く、現在起こっている生理痛の原因の断定は困難なケースがほとんどです。検査を受けて明確な婦人科疾患が確認できた場合にはその治療に優先順位を置く事となりますが、小さな筋腫や特定した原因の分らない生理痛や生理不順の場合には鍼灸治療が賢い選択肢となります。

 

症状の現れ方は個人差があり様々ですが、頭痛、肩こり感、下腹部の痛みや腰痛、イライラ感や抑うつ感目まい、むくみ、胃痛や吐き気、軟便や下痢、寝込んで動けなくなってしまうなどの症状が生理日の1~2週間前ぐらいから、または生理が始まってから現れます。生理開始の数日から数週間前にこれらの症状が現れるものをプレメンスチュアルシンドローム(PMS)といい、日本では月経前症候群と呼ばれます。PMSは排卵が起こってからの黄体ホルモンの分泌量の変化によって自律神経にも影響するために引き起こされるとされていますが、ホルモンバランスだけでは無く外的要因や環境要因も大きく関係していると言えるでしょう。

 

 

生理痛・PMS・月経困難症

東洋医学では生理痛のような強い痛みが起こる原因として瘀血(おけつ)や気滞(きたい)、または強い寒証(かんしょう)体質として捉えることが多く、その病態の判別を行ってから治療の方法を決めていきます。また生理痛に関連する症状の現れ方には個人差があるため、頭痛が強い人には頭痛へのアプローチや、下腹部痛や腰痛が強い人にはまた別のアプローチをという鍼灸治療が重要となります。しっかりと中医学的見解による状態を見極めてタイミングよく適切な治療を行えば生理痛は驚くほど良くなります。薬物治療は手っ取り早いので多くの人々が市販薬を購入したり、処方薬をもらったりという時代になってしまいましたが、その場限りの対処を毎回行っているだけでは本当の意味での解決にはなりません。まず自分の体の状態をよく把握し、しっかりと鍼灸治療を受け、生活習慣の中でも間違っている部分は修正し、自分の体のために努力をするという事を忘れがちになっています。本来はこのような努力が最も大切なことであり、本当の意味で改善する為の近道となります。生理痛の治療は本格派鍼灸のウェルバランス鍼灸治療院へお越し下さい。

 

【RealVoice】 患者様の声

【生理痛の治療】 30代・女性

20歳の時から生理開始時の下腹部痛と具合が悪くなって寝込んでしまうという生理痛の症状がありました。また出産後からは生理開始時の腰痛と頭痛、吐き気などの症状も現れるようになりました。20歳の時に生理痛の症状が現れ始めた時には下腹部に激痛が走り、病院の婦人科で診てもらった事があり、その時は子宮内膜症と診断をされました。その時の治療は最初にホルモン治療をお医者さんより勧められましたが、あまり強い薬物療法は受けたくないと伝えた為、その時は漢方薬を処方してもらうことになりました。また5年前に初めて出産を経験した後からは産後の体調の変化に戸惑いました。出産後の子宮の戻りが悪かったり、頭痛と吐き気で起きていられない日が何日も続きました。生まれた子供は母乳で育てていこうと思っていましたが、今思うとなかなか出ない母乳を飲ませていたので子供がよく泣いていました。泣き声がまたストレスになり、描いていた理想のハッピー子育てにはほど遠い状態でした。

そんな私を見兼ねた姉がこちらの鍼灸治療院を紹介してくれて最初は週に1回ペースで通院をするようになりました。治療を続けていくうちにだんだんと体調が良くなり2人目の妊娠中も通い続けました。鍼治療のおかげで妊娠中も腰痛を感じることなく過ごす事がができ、2人目の出産の後は回復が早く、寝込むことなく活発に動く事ができました。今振り返るとこんなに体が楽に感じることができる違いを感じれるのであれば1人目の出産前から通っておけば良かったなと思っています。今では体調も良く元気に子育てを楽しめているのでとても感謝しています。定期的に鍼灸治療を受けるようになってからは生理痛と関連した腰痛や日常の腰痛が無くなり、冷え性が改善されました。以前は何枚も重ね着をしていたのですが、今では真冬でも比較的薄着でいられるようになっています。そして以前のように足が冷たくて眠れないという事がなくなりました。20代の頃、月経時には2日間会社を休んでしまう事も度々ありましたが、今は月経時でもそれほどお腹の痛みを感じることはありません。

病院ではお薬しか出してもらえないので、むくみが出やすい私は薬をずっと飲み続けることに抵抗を感じていました。体調不良に我慢を続けていた時に鍼灸治療を勧められ、ここでの治療中はすごくリラックスすることができ、先生にはどんなささいな事でも相談をする事ができます。親身になって話を聞いてくれて対処方法を教えてくれるので、とても信頼できることが一番の良さだと思います。

※こちらは実際の患者様より頂いた文章より掲載の承諾を頂いてから当院のホームページ上に載せさせて頂いているものです。他のサイトへの転載や引用等は堅くお断り致します。
【治療院からのコメント】
とても嬉しいコメントを頂きまして誠に有難うございます。女性は毎月月経が起こるために生理痛の症状が強い場合には一時的ではありますが日常生活に支障を来たすという方々も結構多くいらっしゃいます。また冷え性を強く感じるということも男性に比べて圧倒的に多くなります。出産を経験された場合には生理痛は良いほうへも悪いほうへも変化するケースが見られます。生理に関連する症状は複雑でシンプルなケースでない場合も見られますので統合的に状態を把握していく事と全体的なトータルケアの治療が行える鍼灸治療には非常に有効性があると言えます。二児のママとなって今は子育ても大変だと思いますけれども、これからも陰ながら応援しております。

 

【RealVoice】 患者様の声

【生理痛の治療】 40代・女性
生理痛があって友人に紹介されて鍼治療を受けてみようと思いました。最初に生理痛を感じ始めたのは中学生の時からで生理が始まると腹痛があり、月経時の生理痛と同時に腰の痛みを感じるようになったのは出産をしてからだったと思います。また40歳を過ぎてからは生理前症状なのか眠気を頻繁に感じるようになってきました。
以前から生理痛は感じており、これらの症状について特に婦人科などの病院で診てもらったことはありませんでしたが、症状に違いが出てくるのであればと思い最初は2週間に1回のペースで、その後は1ヶ月に1回の頻度で通院を続けています。鍼治療を受けるようになってからは徐々に強くなってきていた生理前と生理開始時の腰痛はあまり感じなくなり、生理中の腹痛についてもだいぶ軽減されました。
ウェルバランス鍼灸治療院の良さは完全予約制で少人数制ということもあり、治療を受けに行く時には毎回時間をかけてしっかりと治療をして下さるので病院や整骨院とは違う価値があると思っています。ここで治療を受けていると全体的に体調も良く、気分的にも癒されるので、安心して治療して頂いています。

※こちらは実際の患者様より頂いた文章より掲載の承諾を頂いてから当院のホームページ上に載せさせて頂いているものです。他のサイトへの転載や引用等は堅くお断り致します。

【治療院からのコメント】
いつも忙しい合間を見計らって遠方からご来院下さいまして誠に有難うございます。子育てにお仕事にとご活躍されている元気な二児のお母さんです。生理痛の症状や痛みの度合いには個人差が見られますが、生理痛の場合には生理開始予定日の1週間程度前から、月経前症候群の場合には生理開始予定日の2週間ぐらい前に鍼灸治療をタイミング良く受ける事ができれば、徐々に症状の度合いや質に改善が見られる場合が多くあります。子宮内膜症と断定できるような婦人科の疾患が無く、シンプルな生理痛の場合には殆どの方が症状に改善や軽減が見られると回答になられています。鍼灸治療は生理痛に有効性が高い事が確認でき、また長い目で見ても毎回お薬を飲んでしのぐよりもよっぽど健康的な体調管理となりますので、生理痛と月経前症状(PMS)の改善はウェルバランスの鍼灸治療を受けてみて下さい。
 

 

生理痛と関連性のある他の病気や類似した症状が現れる病状

生理痛と関連性のある病気や症状は、子宮内膜症、子宮筋腫、子宮位置異常、子宮癌、子宮付近での組織の癒着、卵巣のう胞、卵巣膿腫、月経不順、月経困難症。更年期障害、不定愁訴、血の道症、自律神経失調症、うつ病、心身症、ヒステリー、冷え性、慢性疲労、その他。

 

生理痛や月経前症候群でよく行われる病院での検査と治療

生理痛は婦人科や産婦人科、ウィメンズクリニック、レディースクリニックにて受診をすることになりますが、受診した際の検査にはその病院によってその検査内容にだいぶ違いが生じているようです。また単に生理痛といっても年齢によって原因となる可能性のある婦人科疾患を疑う確率にも変化が生じるために個別にどこまでの検査が必要になるかという事に違いが生じているという事もあるようです。生理痛の検査には血液検査や尿検査、超音波(エコー)検査が多く、その他必要に応じてCTやMRI等の画像診断や内診などが行われています。また生理痛の治療は他の婦人科疾患がその生理痛を引き起こしている原因となっている場合にはその疾患に対する治療が必要となりますが、他の婦人科疾患との関連性が見られない場合には、鎮痛剤の処方と吐き気などの随伴する症状があればその症状に対する薬物治療が対症療法として行わることがほとんどです。

 

生理痛への鍼灸治療の有効性

生理痛そのものへの根本治療を目的としたアプローチと共に生理痛による下腹部痛や腰痛、頭痛、肩こり感、胃腸症状、めまいやむくみ、イライラ感や抑うつ感、倦怠感などその現れ方や重さに個人差のある各症状に対しても鍼灸治療は有効であり、ほぼ副作用の無い安全な手段となります。ウェルバランス鍼灸治療院は蘇我、本千葉、千葉寺、千葉みなと、鎌取(おゆみ野)、市原(ちはら台)、誉田、土気(あすみが丘)、大網、浜野からの通院しやすい鍼灸専門の本格派鍼灸治療院です。

※ より詳しくは周辺からのアクセス周辺施設なども参考情報としてご覧下さい。

 

生理痛Q&A

 

Q. 以前は生理痛はなかったのですが最近強い痛みを感じるようになりました。生理痛は突然始まることもあるのでしょうか?

A. 以前はほとんど、あるいは全く生理痛が無かった人によっても婦人科疾患や体質の変化などによって生理痛を強く感じるようになるケースがあります。婦人科での検査には他の婦人科疾患の可能性は無いものの生理痛だけは強くなってきているように感じるという場合も少なくはありません。その他精神的ストレス、環境の変化、生活習慣の変化、年齢の変化など様々な要素によって生理痛の痛みが増減することもあります。

 

Q. 生理痛が起こるたびに鎮痛剤を使ってばかりいて良いのでしょうか?

A. 疼痛(体の痛み)を主症状とする他の疾患にも言えることですが、鎮痛剤で痛みの感覚だけを鈍らせてその場を一時的にごまかすという考え方はあまりベストな方法とは言えません。またこのような対処方法が日常的になってくると何らかの別の弊害も出てくる可能性があると言えるでしょう。まずはしっかりと可能性のある原因に対しての対処法を探しましょう。

 

Q. 生理痛はそのまま放置しておいても良いものなのでしょうか?

A. 年齢や症状の状況によっても異なりますが、基本的に体に痛みが生じているということは身体からの何らかの変化に対するサインであると考えなければなりません。年齢によっては子宮内膜症や子宮筋腫、子宮ガンなどとの関連性も否定はできない場合があるほか、不妊の原因などと関連してくる場合も否定はできません。特に最近生理痛を感じるようになってきた、あるいは痛みや症状の出具合が強くなってという場合には軽視せず、しっかりと治療しておきましょう。

 

Q. 鍼灸治療はどのように生理痛に効くのでしょうか?

A. 生理痛の原因は人それぞれに違いがあり、症状の現れ方にも個人差があります。またただ単に生理痛と言ってもその症状はシンプルな痛みだけで無いことが多くあります。東洋医学の基本原則を実践する鍼灸治療院では原因と症状の両方を治療することによって、一時的に痛みの感覚だけを錯覚させるだけの対症療法とは異なるアプローチで症状の改善を図ろうとしていきます。当院では鍼灸治療と同時に東洋医学の理論や現代(西洋)医学についても様々な角度からご説明をするようにしております。

 

千葉県で英語診療が可能な病院、治療院
千葉県の美顔鍼を受けるならウェルバランス(千葉市、市原市)

 

ウェルバランス鍼灸治療院

〒260-0834

千葉県千葉市中央区

今井2-11-12

JR内房線・外房線・京葉線

蘇我駅西口駅より徒歩3分043-268-7630【ご予約】

 

 

千葉市の鍼灸治療専門院
ウェルバランス蘇我鍼灸治療院は皆様の良きヘルスケアパートナーとなれるよう治療に当たらせて頂いております。当院はシンプルな痛みの治療から様々な特殊なケース、複雑なケースまで幅広く対応をさせて頂いている専門治療院です。

 

 

WellBalance Soga

JR Uchibo/Sotobo/Keiyo Line, Soga Station 3min walk from west side exit.

 

Accept Auto Isurance / Work-comp Insurance.

Acupuncture treatment at WellBalance becomes income tax diduction as a health care expense.

Available in English.

Opens until 7pm. 

 

The best acupuncture clinic in Chiba and this is only one in this area. New patients are wellcome. Please call and make an appointment for your visits.

千葉県内で実績のある治療院、病院

【コピーライト】 サイト内のコンテンツを複製および転載する事は堅くお断り致します。

【疾患・病状と治療】

千葉の顎関節症専門治療院・病院・歯科・口腔外科・整形外科
千葉の顔面神経麻痺専門治療院・病院・耳鼻科・脳神経外科・神経科
千葉の眼瞼痙攣専門治療院・病院・耳鼻科・脳神経外科・神経科・心療内科
千葉の頚椎症専門治療院・病院・整形外科・神経科
千葉の頚椎ヘルニア専門治療院・病院・整形外科・神経科
千葉のストレートネック専門治療院・病院・整形外科・神経科
千葉の五十肩専門治療院・病院・整形外科・整骨院
千葉のぎっくり腰専門治療院・病院・整形外科・整骨院
千葉の坐骨神経痛専門治療院・病院・整形外科・整骨院
千葉の腰椎椎間板ヘルニア専門治療院・病院・整形外科・整骨院
千葉の足底筋膜炎専門治療院・病院・整形外科・整骨院
千葉の交通事故専門治療院・病院・整形外科・整骨院
千葉の過敏性腸症候群専門治療院・病院・内科・胃腸科・心療内科・漢方外来
千葉の自律神経失調症専門治療院・病院・内科・胃腸科・心療内科・漢方外来
千葉のパニック障害専門治療院・病院・心療内科・精神科・内科・漢方外来
千葉の円形脱毛症専門治療院・病院・皮膚科・心療内科
千葉のアトピー性皮膚炎専門治療院・病院・皮膚科・心療内科
千葉の線維筋痛症専門治療院・病院・整形外科・神経科・心療内科・漢方外来
千葉のむずむず脚症候群専門治療院・病院・整形外科・神経科・心療内科・睡眠外来・漢方外来
千葉の生理月経不順専門治療院・病院・婦人科・産科・内科・漢方外来
千葉の不妊症不育専門治療院・病院・婦人科・産科・不妊外来・漢方外来
千葉のつわり専門治療院・病院・婦人科・産科・内科・漢方外来
千葉の逆子専門治療院・病院・婦人科・産婦人科・外回転術・逆子体操
千葉の産後専門治療院・病院・婦人科・産科・内科・心療内科・精神科・漢方外来

頭痛・偏頭痛・筋緊張性頭痛 | 頚椎症 | 頚椎ヘルニア肩こり・頚部痛むち打ち損傷・交通事故 | 寝違い | ストレートネック肩関節周囲炎五十肩(四十肩) | 腱鞘炎手根管症候群 | 手足のしびれ | 足底筋膜炎 | 腰痛 | ぎっくり腰 | 坐骨神経痛変形性脊椎症 | 椎間板ヘルニア | 脊柱管狭窄症 | 腰椎すべり症・分離症三叉神経痛肋間神経痛 | 顔面神経麻痺 | 顔面痙攣眼瞼痙攣・眼輪筋痙攣 | 眼精疲労顎関節症食欲不振胃痛・胃炎逆流性食道炎便秘症・慢性便秘下痢・軟便過敏性腸症候群膀胱炎線維筋痛症喘息・咳喘息慢性閉塞性肺疾患副鼻腔炎・蓄膿症 | 花粉症 | アレルギー性鼻炎 | アトピー性皮膚炎 | 蕁麻疹・湿疹糖尿病膠原病円形脱毛症 | めまい耳鳴り難聴・突発性難聴メニエル氏病 |  むずむず脚症候群 | 不明熱・心因性発熱うつ病 | パニック障害自律神経失調症不眠症 | 骨折後の治療・リハビリ鍼灸手術後の不調と体調変化癌治療・抗がん剤治療・放射線治療の副作用症状冷え性浮腫・むくみ | 更年期障害 | ホットフラッシュ | 生理痛・月経困難症・月経前症候群 | 月経不順・生理不順 | 不妊症 | つわり・妊娠悪阻 | 逆子 | 子宮下垂(子宮脱)  | 産後の体調管理美顔鍼・美容鍼灸