過敏性腸症候群は鍼灸のウェルバランス蘇我で治療

過敏性腸症候群専門院・千葉県千葉市、市原市

 

過敏性腸症候群(Irritable Bowel Syndrome)とは腹痛や腹部の膨満感(おなかが張る感覚)を感じて、下痢軟便などの症状が頻繁に起こってしまうという症状で、胃十二指腸潰瘍やクローン病など他の消化器疾患の見当たらないものをいいます。内科や胃腸科内科、消化器科を受診しても潰瘍や炎症などの所見が見られない場合に診断されることが多く、特定原因の存在が無いにも関わらず日常生活での実際の症状現れる為、病院では自律神経系の不調精神的ストレス、生活の乱れが原因と説明を受ける場合が多くなります。

 

 

過敏性腸症候群(IBS)・神経性下痢

過敏性腸症候群は腹痛や腹部膨満感を伴ういわゆる神経性の下痢を主症状とするもので他の目に見える胃腸の障害が見当たらない疾患です。以前は比較的男性に多く見られましたが、最近では女性にも増えてきている症候群のひとつで、働き盛り世代や時に成長期の比較的若い世代に多くみられる症状であるもの特徴と言えるでしょう。またこの過敏性腸症候群、あるいは似た胃腸症状を電車や本屋などのある特定の場所で頻繁あるいは反射的に起こすという症状を訴える場合も多く見られます。原因には精神的な緊張やストレス、食生活、嗜好品、不規則な生活などの日常生活上の様々な理由や自律神経失調症うつ病パニック障害など全く別の疾患との関連性なども考えられ、これらの日常生活における問題や他の病状があればそれらの改善の必要性もありますが、東洋医学においてはストレスである肝鬱気滞、胃腸の不調和である脾気虚や脾胃湿熱などの消化器系の病変であると捉えて治療を行うことが多くなります。過敏性腸症候群のような症状は現代医学においてもはっきりとした消化管の病変が見つからない状態となりますので、直接的な治療法は無く、訴える症状に対する対症療法への投薬が中心になります。このような症状の場合に東洋医学においては外部から得る物質によって起こっている症状を止めようとするのではなく、自分の体がそのような反応自体を起こさないような体作りを行う事で症状を根本から改善しようと考えます。過敏性腸症候群や神経性下痢慢性的な軟便などの症状は本格派東洋医学、中医学診断を行う鍼灸治療のウェルバランス鍼灸治療院でコツコツと治療し根本からの改善を目指しましょう。千葉駅からもJR線で5分、蘇我駅西口徒歩3分と通院にも便利な場所にありますので当院へご来院下さい。

 

■ 【RealVoice】 患者様の声

【過敏性腸症候群の治療】 50代・女性
過敏性腸症候群のお腹が痛くなって一日に何回もお手洗いに行くという症状は高校生ぐらいの頃からあり、もう30年ほどの長い期間このような腹部症状がありました。お腹の症状は仕事やお友達と約束などがあって出かけなければならない状況があると、外出先で腹痛が始まる事や、長時間のバスや電車等の乗り物で移動しなければならない時などに腹痛が始まり、いつでも腹痛を気にしなければならない事が多くありました。また普通の何でもない生活においても突然腹痛が始まり下痢になってしまう時もありました。そのため不安感を大きく感じるようになっていたと思います。このようなお腹の症状が起こるようになってから内科を受診したこともあり、内科の先生からは過敏性腸症候群と診断をされていました。またその際医師からはストレス等が原因であろうと説明をされ、胃腸薬や痛み止めのお薬の処方をしてもらっていました。
お腹の調子を考えて氷の入った飲み物などは控えて気をつけるように生活もするようになり、こちらで鍼灸治療を受けるようになってからは現在のところ腹痛や下痢は治療を受ける前と比べて半減していると思います。ウェルバランス鍼灸治療院では先生に話を聞いてもらいながら治療を受ける事が出来るので安心できると思います。また過敏性腸症候群のようなお腹の症状にはこちらのお灸も効果があると感じ、そして服薬ではない治療が身体にとっても良いことだと思っています。
こちらは実際の患者様より頂いた文章より掲載の承諾を頂いてから当院のホームページ上に載せさせて頂いているものです。他のサイトへの転載や引用等は堅くお断り致します。
【治療院からのコメント】
もう30年近くという長い期間お腹の調子が悪く、過敏性腸症候群(IBS)の症状と付き合って来られました。外出先でいつもお腹が痛くなってしまう、または出かけたいけれども出かけた先でまたお腹が痛くなってしまわないか心配で外出を控えてしまうというようにいつでもお腹の調子を気にしなければならない事は過敏性腸症候群のようなお腹の病状を抱える方々にとりましてはとても辛い症状となってしまいます
今回鍼灸治療のご感想を頂きました方のケースにおきましては最初は10日に1回のペースで治療を開始させて頂きましたが、最初は日によって1日に4回お手洗いに行かれるような時もあり、お腹の調子は度々不安定な症状が見られておりました。当院で治療を開始させて頂いてから5回目の治療時には過敏性腸症候群の症状はまだ1日に2~3回お手洗いに行く事もあるが痛みや下痢ではなくなってきているというような軽度の変化がみられ始めました。その後は時々お腹の調子が悪くなった時もありましたが以前ほどはひどい腹部症状や下痢を起こす頻度は少しずつ軽減してきました。鍼灸治療を開始してから3ヶ月ほどが経過した頃からは2週間に1回のペースで治療に通われており、現在は半年以上が経過しておりますが最近では月に1~2回比較的軽度の腹部症状をお感じになられる事はあるものの、以前のような強い腹痛やひどい下痢症状を起こされる頻度は減っており、だいぶ症状の安定もみられるようになってきております。ご自身でも治療前と比べると腹部症状は半減しているとお感じになれているという事でした。
こちらは千葉市中央区より当院にお越しになれていらっしゃいます方より鍼灸治療のご感想を頂戴致しております。誠に有難うございました。このように過敏性腸症候群のような腹痛や頻繁な下痢を起こしてしまう症状は精神的影響と強く連動して発症している場合が多くあります。中長期に渡り過敏性腸症候群のような症状でお悩みの場合にはご自身の身体を根本的な部分から整えて治療を行う方針をとっていく鍼灸治療がお勧めとなりますので一度当院にご相談下さい。また頻繁に1日に数回の下痢症状を繰り返しているという場合には症状が長くなってくると痔などの肛門や直腸付近の病気を二次的に併発してしまう懸念も高くなってしまいますので早めに対処をされることをお勧め致します。日頃からお腹の調子を整えて、できる限り日々快適に過ごす日を多くする事が大切になってきますので過敏性腸症候群の治療は蘇我駅西口徒歩3分のウェルバランス鍼灸治療院へお越し下さい。JR内房線、外房線でJR千葉駅より電車で5分と通勤や通学などで千葉駅をご利用になられる方々にとっても通院のしやすい治療院となっており、その他本千葉、鎌取、誉田、土気、大網、東金、茂原、浜野、八幡宿、五井、姉ヶ崎、木更津などの各駅からも電車で1本とアクセス便利な環境となっています。また海浜幕張駅や稲毛海岸駅、千葉みなと駅などのJR京葉線沿線の方々にとりましても大変通院便利な本格派鍼灸専門の治療院です。
 

■ 【Clinical Case Achievement】 臨床実例

【過敏性腸症候群の治療】 20代・男性
千葉県内より過敏性腸症候群(IBS)の症状でお越しになられました。およそ3年ほど前から強い腹痛が頻繁に生じるようになり、通常でも1日2~3回、調子の悪いときにはトイレに行く回数がそれ以上に増えてしまうという事でした。以前は内科・胃腸科にも通院していた時期があり、過敏性腸症候群と診断をされ、お薬を処方されていたという事でした。腹痛は仕事中や電車の中、または人ごみの中にいるとお腹かが張ってきて痛くなり、お手洗いに行きたくなってしまうということでご自身でも精神的ストレスとの関係を認識しているという事でした。また最近は食欲もあまり良くなく体重も8キロほど減ってしまっているという状況でした。
腹痛や腹部膨満感、軟便下痢などのお腹の症状以外には食欲の低下寝つきが悪くよく眠れない、口の中が乾く(口渇)、目の疲れ喉がつまっているような違和感がある、肩のこり感腰の痛み手足が冷たい等の症状が見られました。
精神的なストレスやプレッシャーも多くあることから中長期に渡って発症している過敏性腸症候群の腹部症状として治療を開始し、まずは胃腸症状の改善を中心にその他の関連症状にもアプローチしながら治療を行なって行く事に致しました。1回目の治療の後は約10日間前後お腹の調子が比較的良い日が多くなったようですが、まだお腹にガスが溜まって張る感じがしているのと、2回目の治療に来られる前日からまた少しお腹の調子が良くないということでした。また前回治療を受けた後から数日間は睡眠の質が少し改善され、いつもよりよく眠れるようになったということでした。当院にて鍼灸治療を行いながら仕事や生活の状況などについて聞き取りを行い、職場や生活などでちょっとした工夫や改善点などについてもアドバイスをさせて頂きながら経過を見ておりましたが、まだご本人が若い事もあって鍼灸治療の効果と生活の改善などによって3回目の治療後からは比較的お腹の症状は落ち着き、安定して来るようになりました。この頃から毎日トイレに行く回数は1回、もしくは2回程度と正常範囲内の排泄回数となり、お腹も以前のようにひどく痛くならなくなったということでした。
このように過敏性腸症候群のような症状には精神的な影響が強く関係しているケースが多く、過敏性腸症候群のような腹部症状は若年層の男性に比較的多く見られる傾向があります。女性の場合には比較的便秘傾向を訴える方が多く見られる傾向があるのですが、最近では過敏性の胃腸症状や過敏性腸症候群のような腹部症状を訴える方々も増加傾向が見られています。おそらく女性も職場や通勤、月経周期などと関連して社会の中でストレスにさらされる機会が増えていることとも関連性が強いと言えるでしょう。鍼灸治療はお薬を使わない治療方法ですが、内科や胃腸科、心療内科などでお薬を処方してもらっていたけれどもなかなか根本的に症状が改善されて来ないという場合には東洋医学を専門とするウェルバランス鍼灸治療院へご相談下さい。当院ではこのような病状を多く取り扱わせて頂いている専門治療院となっており、千葉市6区(中央区、美浜区、稲毛区、緑区、若葉区、花見川区)や市原市などから通院しやすい鍼灸院となっております。その他習志野市、船橋市、四街道市、佐倉市、大網白里市、東金市、茂原市、姉ヶ崎市などからも通院可能な場所にあり、蘇我駅西口からも徒歩3分と駅近で大変便利な環境ですので慢性的な腹部症状や過敏性腸症候群などの胃腸症状の治療は当院へご来院下さい。
こちらは当院にて実際に治療を行なった方の診療カルテに基づい臨床実例であり、個人が特定されない範囲で実際の診療記録を掲載させて頂いているものとなります。こちらの文書は他のサイトへの転載や引用等は堅くお断り致します
 

■ 【Clinical Case Achievement】 臨床実例

【過敏性腸症候群・IBSの治療】 30代・女性
高校生の学生時代から過敏性腸症候群(IBS)の胃腸症状を発症し、慢性的に症状があったそうですが、1ヶ月ほど前からお腹の調子が急激に悪くなったという事でした。これまで千葉市内の内科や胃腸科を複数受診されてきている経歴があり、とにかく多くの処方薬を服用されていらっしゃいました。まだ30代という若さでこんなに薬を飲んでいては、それだけで体調がおかしくなってしまうのではないかという量でした。過敏性腸症候群の症状は軽い痛みから時には激痛のような腹痛に襲われることもあり、その症状は特に不安感の強い時に症状が強く現れるという事でした。また時々胃腸炎も併発し、お腹にガスが溜まって苦しくなることも多いという事でした。過敏性腸症候群の他には慢性腰痛睡眠障害、PMS症状(月経前症候群)パニック障害そして5年前に出産をした後からは産後うつ様の症状にも悩まされているという症状でありました。
今回当院においてはとにかく先月より悪化しているIBS症状の緩和を第一目的に、その他の症状に対しても補助的な鍼灸治療と生活改善のアドバイスを併せて行うようにして治療を開始させて頂きました。当院で鍼灸治療を開始させて頂いてからはひどい便秘下痢を繰り返すという症状は治まり始め、また過敏性腸症候群とも関連して現れる可能性があると考えられるパニック障害の症状に対しても治療とアドバイスを守って頂くことに事によって以前よりだいぶ落ち着いてきているとの自覚的に症状が緩和している様子が見られました。鍼治療を受ける数日前からはコロコロとした状態の便秘傾向が数日間続いていたそうですが、「鍼治療後は家に帰ってすぐに普通のお通じがありました」とのご報告があり、また「時々、そして数回胸のドキドキ感が始まる時があったけれども、鍼治療を受けるようになってからは2~3分ぐらいの短い時間で治まるようになりました」との改善が自覚的にも感じられているというご報告でした。このように胃腸の調子が悪くなると不安感が強くなる、また不安感が強くなると過敏性腸症候群の症状が悪化するという連鎖があると当院では判断をして治療とアドバイスを行った結果、鍼灸治療による症状改善が現れております。このようなケースの似たような症状や病状は多く存在します。ストレス性の胃痛や胃炎、胃や十二指腸潰瘍、食欲不振便秘下痢などの胃腸科内科疾患、そして線維筋痛症むずむず脚症候群円形脱毛症原因不明の手足のシビレ眼瞼痙攣顔面痙攣自律神経失調症などの症状や病状などにもこれと類似したケースが見られる場合が多く存在しています。過敏性腸症候群で内科や胃腸科を受診しているけれども症状があまり改善してこない、胃腸科や内科を受診したけれども心療内科などの他の科に回されてしまったという場合にはウェルバランス鍼灸治療院で初診のご予約をお取りになり、症状や病状をご相談下さい。JR京葉線の海浜幕張駅、検見川浜駅、稲毛海岸駅、千葉みなと駅等、またJR内房線・外房線の稲毛駅、千葉駅、本千葉駅、鎌取駅、誉田駅、大網駅、浜野駅、八幡宿駅、五井駅、袖ケ浦駅等からはご来院に便利なJR蘇我駅西口より徒歩3分にある治療院となっております。京成千葉寺駅や大森台駅、おゆみ野駅付近の方々にとりましても通院に便利な治療院です。こちらは千葉市中央区より過敏性腸症候群(IBS)の治療で鍼灸治療にお越しになられた方の症例となっております。
こちらは当院にて実際に治療を行なった方の診療カルテに基づい臨床実例であり、個人が特定されない範囲で実際の診療記録を掲載させて頂いているものとなります。こちらの文書は他のサイトへの転載や引用等は堅くお断り致します
 

■ 【Clinical Case Achievement】 臨床実例

【急性胃腸炎の治療】 40代・女性
1ヶ月ほど前よりおへその右側の外方約10センチ付近の部分に突然腹痛を感じるようになり、胃の不快感、ガスがお腹に溜まって張る感覚(張痛)が生じるようになってしまったという事でした。そのような症状が現れてから数日後に内科で採血、採尿、レントゲンなどの検査を受けたそうですが、内科的には何も異常は見当たらないというお医者さんの説明であったそうです。また婦人科でも検査を受け、エコーとCT画像の検査をしたそうですが、今度は婦人科的にも何も異常は見当たらないという事だったそうです。結局病院では急性胃腸炎との診断をされたそうです。それから1ヶ月ほど経過しても症状があまり変わって来ないので、当院のほうへ鍼灸治療にお越しになられたという事でした。また過去にこのような腹部の症状や異変を感じたことはなく、初めての経験だということでしたが、ご本人は夏の間のクーラーの冷えや夏場の暑さから来る疲れかもしれないと感じているという事でした。今回の腹痛や胃の不調、お腹の張りなどの腹部症状以外の症状としては、軽度の眼精疲労めまい感軟便傾向腰や背中の痛み手足の冷え感などの症状を日常的に感じることがあるということでした。
このように胃腸症状を中心とした不調や痛みがあるにも関わらず、病院で検査を受けても「何も異常はありません」と言われるケースは医療の現場では日常的によく見られることです。ではこの方のように、「症状があるのに検査では何も異常が無い」、「検査には何も病的要因が見つからないのに実際には自分の体に症状がある」という場合には医学的にはどのようになるのでしょうか?内科や婦人科などの病院では医学的根拠となる説明がつかず、心療内科などへの受診を勧められてしまいます。このように西洋医学の場合にはいくつもの異なる診療科をたらい回しにされるという状況が発生してしまいます。この方の場合においても心療内科への受診を勧められたそうですが、もうこれ以上異なる病院を受診する必要は無いと思い、鍼灸治療へお越しにならたそうです。東洋医学である鍼灸治療においてはこのようなケースでも十分に有効な治療手段を兼ね備えた医学システムを持っています。この方のように最低限必要な検査をして胃腸や生殖器系(婦人科)の大きな病気が関連しているものでは無い事がこの時点ですでに分かっているので、これ以上のさらなる検査は現段階ではこれ以上の別の診療科での検査や原因追及の必要性が無いと考えるのが一般的です。しかしまだ腹部症状は残存している訳ですから、このような状況に置かれた方はとにかく現在の痛み不快な症状を改善してほしいだけなのですが、受診した病院においては適切な治療方法が無いという状態に陥ってしまいます。ここで東洋医学の診断システムが力を発揮し、鍼灸治療はで有効な治療方法を提供することができるようになります。
今回当院においては急性胃腸炎と診断された腹部症状を中心に、全身的に肉体的な疲労症状なども随伴症状として見られた為に全身的な治療を加えて、体調のコントロールを行っていく治療プログラムを考えさせて頂きました。また消化管の胃腸症状がメインの主症状となりますので、このようなケースの場合には食事指導は重要になってきます。このようなことも含め総合的に当院では症状改善のためのアドバイスをさせて頂く事に致しました。初診時に1回目の治療を受けられ、2回目に当院に当院にご来院になられた時には、強い痛みでは無いがまだ腹部の同じ部分に痛みはあり、ガスも溜まって張る感覚があるということでした。また便通はここのところずっと普通のお通じがあり、軟便では無いということでした。3回目の治療にお越しになられた時には、腹部の調子が良い時が比較的長い期間続き、もう以前の目まい感は無くなったと仰られてきました。この時点で1ヶ月間ほど以前のような腹部症状は大分改善が見られております。この後も以前のようなお腹の痛みとお腹が張る感じは軽減し、日によって食べ物などの影響により一時的に軽い腹部症状が現れる時があったものの、最初のような強い症状は無く、当院にお越しになられる前よりも安定してお過ごしになられております。ウェルバランス鍼灸治療院ではこのようにはっきりとした原因が分からないという胃腸症状や、過敏性腸症候群(IBS)逆流性食道炎原因不明の胃痛食欲不振などのような胃腸科内科疾患を専門的に治療を行ってきている治療院となっております。特に検査を受けたけれどもはっきりとした原因が分からない、はっきりとした病名を告げられていない、あるいは自律神経失調症と診断をされたなどという場合には当院の鍼灸治療が有効となるケースが多くありますので、初診のご予約をお取りの上でお気軽にご相談下さい。またこのような症状と類似したケースである場合には、中途半端なお薬を飲み続けるよりも副作用の心配が無い鍼灸治療を利用される事は身体にとってより安全であり、より症状に対する有効的な治療手段となります。こちらは千葉市稲毛区より急性の胃腸症状でお越しになられた方の実際の治療実例となっております。
こちらは当院にて実際に治療を行なった方の診療カルテに基づい臨床実例であり、個人が特定されない範囲で実際の診療記録を掲載させて頂いているものとなります。こちらの文書は他のサイトへの転載や引用等は堅くお断り致します
  
千葉県で英語診療が可能な病院、治療院
千葉県の美顔鍼を受けるならウェルバランス(千葉市、市原市)
土日祝日も治療が受けられる治療院、病院

 

ウェルバランス鍼灸治療院

〒260-0834

千葉県千葉市中央区

今井2-11-12

JR内房線・外房線・京葉線

蘇我駅西口駅より徒歩3分043-268-7630【ご予約】

 

国家資格者による本格鍼灸

交通事故(自賠責保険)取扱い

新患随時受付致しております

英語でも受診いただけます

 

千葉県千葉市・市原市より通院に便利な鍼灸治療院です。ウェルバランス蘇我鍼灸治療院は皆様の良きヘルスケアパートナーとなれるよう日々治療に当たらせて頂いております。様々な症状や病状でお困りの方は是非一度ご相談下さい。当院はシンプルな痛みの治療から様々な特殊なケース、複雑なケースまで幅広く対応をさせて頂いている専門治療院です。

 

 

WellBalance Soga

JR Uchibo/Sotobo/Keiyo Line, Soga Station 3min walk from west side exit.

 

Accept Auto Isurance / Work-comp Insurance.

Acupuncture treatment at WellBalance becomes income tax diduction as a health care expense.

Available in English.

Opens until 7pm. 

 

The best acupuncture clinic in Chiba and this is only one in this area. New patients are wellcome. Please call and make an appointment for your visits.

千葉県内で実績のある治療院、病院

【コピーライト】 サイト内のコンテンツを複製および転載する事は堅くお断り致します。

【疾患・病状と治療】

千葉の顎関節症専門治療院・病院・歯科・口腔外科・整形外科
千葉の顔面神経麻痺専門治療院・病院・耳鼻科・脳神経外科・神経科
千葉の眼瞼痙攣専門治療院・病院・耳鼻科・脳神経外科・神経科・心療内科
千葉の頚椎症専門治療院・病院・整形外科・神経科
千葉の頚椎ヘルニア専門治療院・病院・整形外科・神経科
千葉のストレートネック専門治療院・病院・整形外科・神経科
千葉の五十肩専門治療院・病院・整形外科・整骨院
千葉のぎっくり腰専門治療院・病院・整形外科・整骨院
千葉の坐骨神経痛専門治療院・病院・整形外科・整骨院
千葉の腰椎椎間板ヘルニア専門治療院・病院・整形外科・整骨院
千葉の足底筋膜炎専門治療院・病院・整形外科・整骨院
千葉の交通事故専門治療院・病院・整形外科・整骨院
千葉の過敏性腸症候群専門治療院・病院・内科・胃腸科・心療内科・漢方外来
千葉の自律神経失調症専門治療院・病院・内科・胃腸科・心療内科・漢方外来
千葉のパニック障害専門治療院・病院・心療内科・精神科・内科・漢方外来
千葉の円形脱毛症専門治療院・病院・皮膚科・心療内科
千葉のアトピー性皮膚炎専門治療院・病院・皮膚科・心療内科
千葉の線維筋痛症専門治療院・病院・整形外科・神経科・心療内科・漢方外来
千葉のむずむず脚症候群専門治療院・病院・整形外科・神経科・心療内科・睡眠外来・漢方外来
千葉の生理月経不順専門治療院・病院・婦人科・産科・内科・漢方外来
千葉の不妊症不育専門治療院・病院・婦人科・産科・不妊外来・漢方外来
千葉のつわり専門治療院・病院・婦人科・産科・内科・漢方外来
千葉の逆子専門治療院・病院・婦人科・産婦人科・外回転術・逆子体操
千葉の産後専門治療院・病院・婦人科・産科・内科・心療内科・精神科・漢方外来

頭痛・偏頭痛・筋緊張性頭痛 | 頚椎症 | 頚椎ヘルニア肩こり・頚部痛むち打ち損傷・交通事故 | 寝違い | ストレートネック肩関節周囲炎五十肩(四十肩) | 腱鞘炎手根管症候群 | 手足のしびれ | 足底筋膜炎 | 腰痛 | ぎっくり腰 | 坐骨神経痛変形性脊椎症 | 椎間板ヘルニア | 脊柱管狭窄症 | 腰椎すべり症・分離症三叉神経痛肋間神経痛 | 顔面神経麻痺 | 顔面痙攣眼瞼痙攣・眼輪筋痙攣 | 眼精疲労顎関節症食欲不振胃痛・胃炎逆流性食道炎便秘症・慢性便秘下痢・軟便過敏性腸症候群膀胱炎線維筋痛症喘息・咳喘息慢性閉塞性肺疾患副鼻腔炎・蓄膿症 | 花粉症 | アレルギー性鼻炎 | アトピー性皮膚炎 | 蕁麻疹・湿疹糖尿病膠原病円形脱毛症 | めまい耳鳴り難聴・突発性難聴メニエル氏病 |  むずむず脚症候群 | 不明熱・心因性発熱うつ病 | パニック障害自律神経失調症不眠症 | 骨折後の治療・リハビリ鍼灸手術後の不調と体調変化癌治療・抗がん剤治療・放射線治療の副作用症状冷え性浮腫・むくみ | 更年期障害 | ホットフラッシュ | 生理痛・月経困難症・月経前症候群 | 月経不順・生理不順 | 不妊症 | つわり・妊娠悪阻 | 逆子 | 子宮下垂(子宮脱)  | 産後の体調管理美顔鍼・美容鍼灸