目のヒクつきが気になったら早めに当鍼灸治療院へ

眼瞼痙攣専門院・千葉県千葉市、市原市

 

眼瞼痙攣(がんけんけいれん)とはまぶたや目の周りの筋肉がピクピクと勝手に動いてしまうというような症状が現れるものです。人と対面して話をしている時などに相手の目の横がピクピクとひきつっているのを見たことがあるという方々はその症状がよくお分かりになるかもしれません。このような症状は一時的、あるいは継続的に現れたり感じたりする場合があり、眼瞼攣縮(がんけんれんしゅく)と呼ぶ場合もあります。このように眼瞼痙攣とはある程度の症状になってくると自覚的にも他覚的にもその症状が出ていることが分かるようになってきます。原因として最も影響するのは精神的、感情的な部分が大きく、その他精神病薬を服用した事による影響もあるようです。性別を問わず男性にも女性にもこのような症状が見られますが、比較的女性に多く見られる傾向があります。

 

 

眼瞼痙攣・眼瞼攣縮

眼瞼痙攣の症状には実際に個人差が見られます。ただ自覚的に目の横のヒクつきを時々感じるけれども他覚的にはほとんど分からない程度の症状のもの、または自覚的に強いひきつれ感を頻繁に感じ、そして他覚的にもその痙攣状態が確認できるというような場合まで段階的に個人差があります。また目を開けていられないといった重度の症状が現れる場合もあります。眼瞼痙攣は多くの場合は進行性の傾向があり、最初は1,2回感じたという症状から始まり、ストレス等の原因となっている要素が取り除かれればその後同じ症状は全く感じないというケースもありますし、徐々に痙攣を感じる回数や頻度が増え、痙攣の度合いなども大きくなってきているように自覚するケースもあります。また最初は軽度の症状であってもヒクつきやひきつれを起こす範囲が広がりはじめ、眼瞼(主にまぶたや目の周り)だけにとどまらずにさらに広範囲におよぶ顔面痙攣へと移行してしまうケースもあります。この眼瞼痙攣のような症状は最初は軽度の症状であっても軽い症状のうちにきちんと鍼灸治療を受けて症状をコントロールすること大きな病状へと進行させない対処が最も重要となり、このように早期に適切な対処をしておくことでかなりの症状を初期症状のみでとどめることができる、あるいは病状を予防できる症状のひとつであると言えるでしょう。症状が軽度のうちは数回の鍼灸治療で完治できる可能性もありますので、早期対応が大きなキーポイントとなります。眼瞼痙攣のような症状の場合には千葉市中央区、蘇我のウェルバランス鍼灸治療院へお越し下さい。JR内房線、外房線、京葉線の3線が通っている蘇我駅は千葉駅より電車で4分、また鎌取、誉田、土気、大網や千葉みなと、稲毛海岸、また浜野、八幡宿、五井などからは乗り継ぎ無しでお越しになることができます。千葉寺や学園前、ちはら台などからもアクセスに便利です。蘇我駅からは西口より徒歩3分となっております。眼瞼痙攣は当院へお問合せ下さい。

 

■ 【Clinical Case Achievement】 臨床実例

【眼瞼痙攣の治療】 20代・女性
およそ1年前に顔の右半分に顔面神経麻痺を発症してしまい千葉市内の病院で治療を受けており、こちらの顔面神経麻痺の病院での治療は現在終了しており、病院での治療や投薬などはもう何も行なわれていないということでした。この右側の顔面神経麻痺とは別に右側の顔面神経麻痺を発症した後からは反対側(左側)の目の周りの筋肉が痙攣することが多くなり、今現在も気になっているということでした。また顔面神経麻痺を起こした顔の右側半分も麻痺の後遺症が比較的軽度ではあるが残っており、笑ったりした時に麻痺の後遺症が分かってしまうということで一緒に治療をしてほしいということでした。顔の症状以外には軽度のイライラ感、仕事からの精神的ストレス、肩こり頭痛眼精疲労寝ている時に夢を多く見る等の症状が見られました。
これらの症状を総合的にまとめて治療を行なって行くことに致しましたが、最初は10日に1回程度のペースで通って頂き、3回目の治療ではまず左側の目の周りがピクピクするという痙攣症状は軽減し、ひきつり感やこわばり感を感じる頻度も治療前に比べて減っている事を実感しているということでした。また翌々週の5回目の治療時においては左眼付近の痙攣や左側の顔のこわばり感はほとんど感じることは無くなったというご報告でしたので、左眼付近の眼瞼痙攣の治療は終了し、顔面神経麻痺を起こした右側のお顔半分の軽度の後遺症に集中して治療を継続しております。その後も左側の筋肉の痙攣や違和感は毎回確認しておりますがもう全く起こっていないというご報告となっております。右側の顔面神経麻痺の後遺症についても徐々にではありますが、口の動きが以前よりも良くなって来ており、ご自身でも表情の変化に実感が持てているということで頑張って継続をしておられます。
こちらは千葉県市原市より当院にお越しになれている方の眼瞼痙攣の治療例となっておりますが、このように顔面神経に起こってしまった病気や強い精神的ストレスなどによって以前には生じた事が無かった眼の周りの筋肉がピクピクと痙攣するといった症状が現れてしまう場合があります。このような症状の場合には鍼灸治療は最も効果のある治療となり、当院ではこの眼瞼痙攣の治療を専門に行なってきている治療院となっておりますので一度ご相談下さい。ウェルバランス鍼灸治療院は千葉市6区(千葉市中央区、美浜区、稲毛区、千葉市緑区、若葉区、花見川区)や市原市よりアクセスの便利なJR蘇我駅西口より徒歩3分の場所にあります。その他習志野市、船橋市、四街道市、佐倉市、大網白里市、東金市、茂原市などのエリアからも通院可能な東洋医学の専門院となっております。最近眼の周りのヒクつきが気になり始めた、頻繁に痙攣するといった症状を感じる場合には早めに当院にお越し下さい。

 

こちらは当院にて実際に治療を行なった方の診療カルテに基づいた臨床実例であり、個人が特定されない範囲で実際の診療記録を掲載させて頂いているものとなります。こちらの文書は他のサイトへの転載や引用等は堅くお断り致します
 

■ 【Clinical Case Achievement】 臨床実例

【眼瞼痙攣の治療】 30代・女性

仕事からのストレスと私生活での環境の変化から、およそ4ヶ月前頃よりまぶたのケイレン(眼瞼痙攣)とまぶたが開かずに下がってきてしまう症状(眼瞼下垂)を発症してしまったということでした。このような瞼の症状を発症してからは目を大きく開けることが出来ない為、仕事や私生活に支障来たしてしまっているとのことでした。また症状を感じるようになってから病院にも通院をしていたそうですが、あまり症状は変わらなかったということでした。発症してから約2ヶ月後にはボトックス注射なども受けたそうですがその後は瞼(まぶた)が腫れぼったくなってしまい、注射の後も症状は改善してして来ないという状況でした。鍼灸治療は初めてお受けになるということでしたが、4ヶ月が経過した現在も病院で有効な治療も無く、症状にも変化が見られないのでということで千葉県内よりお越しになられました。まぶたの症状以外には軽度の動悸と軽度の難聴慢性的な肉体疲労、そして生理痛が強いという症状があるということでした。
1回目の治療時から瞼の症状に関連する治療を中心に行い、症状の変化を見ていく方針で治療を開始させて頂くことに致しました。1回目の鍼灸治療の後は半分ぐらいまで目が開けられるようになり、2~3日は以前と比べて一日を通して目が開けられている変化を感じられたとの報告でした。約1週間後に再度治療を行うことにしましたが、この一週間はまだ完全ではないものの以前よりは目が開けられている時間が長く、一日だけは瞼が下がってきてしまったようですが、治療後の変化は感じられたとのことでした。3回目の治療時には初診でご来院になられた当初よりもしっかりと開眼できている様子が確認でき、最初の瞼が下がっている状態から比べるとおよそ70%程度瞼のあがり具合に改善が見られるほどにまで回復されて来られました。まだ日によって時々瞼が下がってきてしまう症状を感じることはあるものの、だいぶ普通の表情に戻って来られましたので、明らかに治療前と治療後で改善が見られていることが確認できました。日常生活においても普段から気をつけることなどをアドバイスさせて頂き、様子を見て経過観察を行っていくことに致しました。このように病院で瞼が下がってきてしまう可能性のある他の病気が確認されなかったという場合においても、はっきりとした原因が無く、「瞼が下がってきてしまう」、「なぜか最近目が大きく開けていられない」といった病状を発症してしまうケースが時々見られる場合があります。このような病状の場合に当院では鍼灸治療を有効に使う方法で治療を行って行く事が可能となっており、鍼灸ならではの良い面が発揮できる症状の対象疾患となります。眼瞼痙攣や眼瞼下垂などのまぶたの症状の治療につきましては当院に一度ご相談下さい。当院はJR蘇我駅西口徒歩3分にあり、JR千葉駅からもJR内房線または外房線で5分と大変アクセスの便利な環境にあります。またJR外房線では本千葉、鎌取、誉田、土気、大網、東金、茂原などの各駅、JR内房線では浜野、八幡宿、五井、姉ヶ崎、木更津などの各駅、そしてJR京葉線の千葉みなと、稲毛海岸、検見川浜、海浜幕張などの各駅からも電車で1本と通院のしやすい治療院となっております。
こちらは当院にて実際に治療を行なった方の診療カルテに基づいた臨床実例であり、個人が特定されない範囲で実際の診療記録を掲載させて頂いているものとなります。こちらの文書は他のサイトへの転載や引用等は堅くお断り致します
 

■ 【Clinical Case Achievement】 臨床実例

【眼瞼痙攣の治療】 20代・男性
1ヶ月半前ごろから目の上の瞼の痙攣が突然始まり、おかしく思い市原市の眼科を受診したそうですが、そちらの眼科医院では特に異常が見られないという事で東京のお茶の水の別の眼科医院を紹介されたそうです。最初の眼科を受診してから4日後に紹介状を持って東京の眼科を受診した際には眼瞼痙攣(がんけんけいれん)と診断をされてボトックス注射を打たれたという事でした。しかしそれから1ヶ月以上経過してもまぶたの痙攣の症状は変わらず、今度はボトックス注射打ってもらった後からは「まぶたが重い感じがするようになってしまった」、また「平常時の痙攣に加えて仕事で車に乗ると外が明るい時はまぶたの痙攣がさらに強く起こるようになってきた」という症状にも悩まされるようになったそうです。
当院で状態を拝見しましたところ、鍼灸治療の対象になる状態でしたので説明を行い、治療を開始する事に致しました。またまぶたの痙攣の症状が始まってから、もうこの症状はずっと治らないのではないかと思い、精神的に憂鬱感が続いていたという事でした。当院ではまぶたの痙攣を中心に眼精疲労症状この症状を発症したことによる軽度の睡眠障害精神的倦怠感を中心に治療をさせて頂きましたが、2回目の治療の時点では「安全のため仕事で車を運転することは止められていたのだけれど、運転できるようになりました」という報告がありました。そして治療開始4週後の4回目の治療の時点では「まぶたの痙攣はほぼ完全に無くなりました」という具合にこちらの方の場合には当院で最初に説明を行った通りに比較的簡単に症状の改善が見られました。一応主症状も改善させて頂くことが出来ましたので、ここで治療を終了しても良かったのですが、ご本人よりもう少し完全に元の状態に戻るまで治療を続けたいというリクエストがありましたので、約3ヶ月間鍼灸治療を行いました。最終的にはご本人が気になっていた症状もほぼ完全に改善し、この眼瞼の痙攣の症状が完治したことに最後はとても喜んで帰られて行きました。このようなまぶた痙攣、顔面痙攣顔面神経麻痺三叉神経痛顎関節症副鼻腔炎(蓄膿症)などの顔面部の症状や病状について当院では専門的な治療を行ってきている治療院となっております。ウェルバランス鍼灸治療院はJR京葉線・内房線・外房線の3線がご利用できるJR蘇我駅西口よりと3分と通院にとても便利な専門治療院です。JR千葉駅からもJR線で5分、また京成千葉寺駅付近からでも徒歩圏内となっておりますので、お顔の異変や症状がある場合や病院を受診したけれども症状が改善して来ないという場合には初診のご予約をお取りになり、お早めににご相談になられることをお勧め致します。こちらは千葉県市原市より眼瞼痙攣の症状でお越しになられた方の症例となっております。
こちらは当院にて実際に治療を行なった方の診療カルテに基づいた臨床実例であり、個人が特定されない範囲で実際の診療記録を掲載させて頂いているものとなります。こちらの文書は他のサイトへの転載や引用等は堅くお断り致します
 
千葉県で英語診療が可能な病院、治療院
千葉県の美顔鍼を受けるならウェルバランス(千葉市、市原市)

 

ウェルバランス鍼灸治療院

〒260-0834

千葉県千葉市中央区

今井2-11-12

JR内房線・外房線・京葉線

蘇我駅西口駅より徒歩3分043-268-7630【ご予約】

 

 

千葉市の鍼灸治療専門院
ウェルバランス蘇我鍼灸治療院は皆様の良きヘルスケアパートナーとなれるよう治療に当たらせて頂いております。当院はシンプルな痛みの治療から様々な特殊なケース、複雑なケースまで幅広く対応をさせて頂いている専門治療院です。

 

 

WellBalance Soga

JR Uchibo/Sotobo/Keiyo Line, Soga Station 3min walk from west side exit.

 

Accept Auto Isurance / Work-comp Insurance.

Acupuncture treatment at WellBalance becomes income tax diduction as a health care expense.

Available in English.

Opens until 7pm. 

 

The best acupuncture clinic in Chiba and this is only one in this area. New patients are wellcome. Please call and make an appointment for your visits.

千葉県内で実績のある治療院、病院

【コピーライト】 サイト内のコンテンツを複製および転載する事は堅くお断り致します。

【疾患・病状と治療】

千葉の顎関節症専門治療院・病院・歯科・口腔外科・整形外科
千葉の顔面神経麻痺専門治療院・病院・耳鼻科・脳神経外科・神経科
千葉の眼瞼痙攣専門治療院・病院・耳鼻科・脳神経外科・神経科・心療内科
千葉の頚椎症専門治療院・病院・整形外科・神経科
千葉の頚椎ヘルニア専門治療院・病院・整形外科・神経科
千葉のストレートネック専門治療院・病院・整形外科・神経科
千葉の五十肩専門治療院・病院・整形外科・整骨院
千葉のぎっくり腰専門治療院・病院・整形外科・整骨院
千葉の坐骨神経痛専門治療院・病院・整形外科・整骨院
千葉の腰椎椎間板ヘルニア専門治療院・病院・整形外科・整骨院
千葉の足底筋膜炎専門治療院・病院・整形外科・整骨院
千葉の交通事故専門治療院・病院・整形外科・整骨院
千葉の過敏性腸症候群専門治療院・病院・内科・胃腸科・心療内科・漢方外来
千葉の自律神経失調症専門治療院・病院・内科・胃腸科・心療内科・漢方外来
千葉のパニック障害専門治療院・病院・心療内科・精神科・内科・漢方外来
千葉の円形脱毛症専門治療院・病院・皮膚科・心療内科
千葉のアトピー性皮膚炎専門治療院・病院・皮膚科・心療内科
千葉の線維筋痛症専門治療院・病院・整形外科・神経科・心療内科・漢方外来
千葉のむずむず脚症候群専門治療院・病院・整形外科・神経科・心療内科・睡眠外来・漢方外来
千葉の生理月経不順専門治療院・病院・婦人科・産科・内科・漢方外来
千葉の不妊症不育専門治療院・病院・婦人科・産科・不妊外来・漢方外来
千葉のつわり専門治療院・病院・婦人科・産科・内科・漢方外来
千葉の逆子専門治療院・病院・婦人科・産婦人科・外回転術・逆子体操
千葉の産後専門治療院・病院・婦人科・産科・内科・心療内科・精神科・漢方外来

頭痛・偏頭痛・筋緊張性頭痛 | 頚椎症 | 頚椎ヘルニア肩こり・頚部痛むち打ち損傷・交通事故 | 寝違い | ストレートネック肩関節周囲炎五十肩(四十肩) | 腱鞘炎手根管症候群 | 手足のしびれ | 足底筋膜炎 | 腰痛 | ぎっくり腰 | 坐骨神経痛変形性脊椎症 | 椎間板ヘルニア | 脊柱管狭窄症 | 腰椎すべり症・分離症三叉神経痛肋間神経痛 | 顔面神経麻痺 | 顔面痙攣眼瞼痙攣・眼輪筋痙攣 | 眼精疲労顎関節症食欲不振胃痛・胃炎逆流性食道炎便秘症・慢性便秘下痢・軟便過敏性腸症候群膀胱炎線維筋痛症喘息・咳喘息慢性閉塞性肺疾患副鼻腔炎・蓄膿症 | 花粉症 | アレルギー性鼻炎 | アトピー性皮膚炎 | 蕁麻疹・湿疹糖尿病膠原病円形脱毛症 | めまい耳鳴り難聴・突発性難聴メニエル氏病 |  むずむず脚症候群 | 不明熱・心因性発熱うつ病 | パニック障害自律神経失調症不眠症 | 骨折後の治療・リハビリ鍼灸手術後の不調と体調変化癌治療・抗がん剤治療・放射線治療の副作用症状冷え性浮腫・むくみ | 更年期障害 | ホットフラッシュ | 生理痛・月経困難症・月経前症候群 | 月経不順・生理不順 | 不妊症 | つわり・妊娠悪阻 | 逆子 | 子宮下垂(子宮脱)  | 産後の体調管理美顔鍼・美容鍼灸