頚椎ヘルニアの治療は千葉市のウェルバランスへ

頚椎ヘルニア専門院・千葉県千葉市、市原市
 
頚椎ヘルニアとは7個ある頚椎(C1~C7)の椎体(ついたい)ひとつひとつの間に存在する椎間板の一部分が突出している事が原因となり、神経圧迫症状(腕の重だるさ手のしびれ感等)頚部の痛みを来たしている状態を頚椎椎間板ヘルニアと言います。椎間板は脊柱(いわゆる背骨)を形成するひとつひとつの骨(椎体)との間に挟まれており、やわらかい組織で出来たクッションの役割をしている組織です。椎間板ヘルニアとはこの椎間板が老化現象や過度の衝撃、過度負荷がかかり続ける運動、日常生活習慣などの様々な原因によって押しつぶされて突出し、後方にある脊髄(中枢神経)や神経根を押して圧迫をしてしまっている状態となります。この椎間板ヘルニアは人体の構造上の理由により、脊柱(背骨)を形成する腰椎に最も多く発症しますが、頚椎にも椎間板ヘルニアが生じる場合があり、中間の胸椎にはほとんど起こらない特徴があります。頚椎ヘルニアは頚に負担のかかるスポーツや外傷、頚椎症などから移行して発症する事が考えられますが、日常生活の習慣や職業などとも関連性は考えられ、原因は様々です。頚椎椎間板ヘルニアは主に40代~50代に発症する事が多く、男性にも女性にも発症する可能性があります。この椎間板ヘルニアは整形外科などの病院においてはMRI検査やCT検査、X線などの画像診断で確認する事が出来、椎間板の突出している状態や何番目の頚椎の間の椎間板が突出しているかによって手の痺れなどの症状が現れる部位が異なってきます。また椎間板は突出しておらず、はっきりとしたヘルニアは確認できないけれども手の痺れ感などの症状を訴える場合があり、この場合には頚椎症との関連性が強くなる場合が多くなりますが、同じ頚椎の病状として症状が良く似ている部分があります。
頚椎ヘルニアの病院での治療は基本的に保存療法と呼ばれる物理療法(頚椎の牽引治療、ホットパック、電気治療など)や薬物療法(鎮痛剤や湿布、ビタミン剤の処方など)が中心となります。その他に外科的な手術療法がありますが、基本的に手術療法が適応となる場合の多くは腰椎椎間板ヘルニアどの場合において失禁や排泄障害などの馬尾神経障害(ばびしんけいしょうがい)などの重度の症状が現れているケースとなり、それ以外の基本的な最低限の日常生活が送れている場合には保存療法での経過観察となることが多くのケースとなっています。
 
 
頚椎ヘルニア・頚部痛・手の痺れ・脱力感
頚椎椎間板ヘルニア又は頚椎症と診断をされた場合においても、整形外科医より「手術を行なうほどの状態ではないので」と説明を受ける場合が多くありますが、実際の症状や苦痛を感じながら毎日生活をするのはとても辛い事です。実際に症状や違和感を感じているにも関わらず病院において検査を受けるばかりで症状は何も変わってこないというケースは少なくありません。重度の神経圧迫症状では無く、即手術を必要としない場合には鍼灸治療が保存療法の中でも最も有効な治療方法となる場合が多くなります。ウェルバランス鍼灸治療院では過去に頚椎ヘルニアと診断をされた方や、頚椎症頚椎症性神経根症頚椎症性脊髄症と診断をされた方々の治療ケースがあり、このような症状の方々に対応をさせて頂いている鍼灸専門の治療院となっています。頚の痛みや手の痺れなどの症状について整形外科や理学療法(リハビリテーション)などで治療を受けているけれども症状が緩和して来ないという場合には当院にて一度鍼灸治療を受けて見られることをお勧め致しますウェルバランス鍼灸治療院は蘇我駅西口より徒歩3分と駅近くで通院に大変便利な場所にあります。千葉駅からもJR線(内房線・外房線)で5分となっておりますので、通勤や通学などで千葉駅を利用されるという方々にも通院しやすい環境にあり、また市原市からもアクセスに便利な治療院です。

 

■ 【RealVoice】 患者様の声

【頸椎ヘルニアの治療】40代・女性

首の痛みと手の痺れ感は20年前にぎっくり首をして以来、上体から右上肢にかけて痺れとだるさを感じるようになり、その時は入院をしました。その後は毎年季節の変わり目になるとしびれ感を強く感じるようになってしまい、症状が悪化した際にはこれまでは整形外科で牽引治療や電気治療などを受け、また接骨院にも通った時期がありました。座ったままで居眠りをしたり、首や肩の片側に重さがかかるような動作(ボーリングなど)をしてしまうとしびれ感が悪化してしまうため出来るだけ気をつけて生活をしていました。

首と手の症状以外には頭痛軟便傾向、そして少しPMS症状月経前症候群)傾向、慢性疲労などの気になる症状があり、鍼灸治療はこれまで未経験だったので初診時は知人の紹介にて試してみて効果を実感できればと期待して、一度受けてみようと思ったのがきっかけとなりました。初めてウェルバランス鍼灸院で治療を受けた時の感想は治療院の中がサロンのような感じで清潔感があり、鍼も談笑しながらいつの間にか終わってしまったという感じで、初めて鍼灸治療を受けたのにとてもリラックスする事ができました。慢性的に感じていた疲労感は私の場合、治療直後に改善が見られ、またストレスで唇が痙攣していた時は1回の治療でけいれんが止まりました。以降も痙攣のような症状の残りは緩やかに減り、その1ヵ月後には完全に治りました。それから以前より軟便傾向もありましたが、以前より早く回復するようになりました。

私の首のヘルニアから来る手のしびれ感はもう20年前からなので、正直あまり良くなる事は期待していなかったのですが、通常は季節の変わり目に悪化するのが、今シーズンはサポーターを使わずに過ごす事が出来ました。今までは特に小指のしびれ感が強く、趣味のピアノを弾くのも体調の良いときだけでご無沙汰していましたが、この冬はピアノに向かう時間が増えました。私と同じような症状で、「もう古傷なので」と諦めてしまっている方も多いと思いますが、一本節が通っていて、生きていく上でのたくましい力と医療知識の豊富な先生がおられるウェルバランス鍼灸治療院には一度ご相談される事をお勧めしたいと思います。

※こちらは実際の患者様より頂いた文章より掲載の承諾を頂いてから当院のホームページ上に載せさせて頂いているものです。他のサイトへの転載や引用は堅くお断り致します。

【治療院からのコメント】

最初は慢性的な体の疲労感、倦怠感と併せて以前より頚椎ヘルニアと診断をされており、首の痛み、手のしびれ感と重だるさがあるということで治療をさせて頂くことになりました。確かにこのような頚椎などの脊柱(背骨)に起因する整形外科的な病状は、季節の変化や気温、天候、疲労の度合いなど様々な要素と連動して症状が悪化したり、少し軽減したりと一年を通して変化を伴うケースが多く見られます人は皆生活をしていれば忙しく生活をしなければならない時期と少しゆったりと過ごせる時期があると思いますので、このような病状を抱えている方々にとりましては忙しくて肉体的、そして精神的ストレスが多くなってしまう時期になると症状も悪化してしまい具合が悪く感じてしまうことがありますが、鍼灸治療を通して一年をなるべく安定した状態で快適に過ごす事が出来れば、「具合が悪い」「体が辛い」とダウンしてしまう事も減らせるかもしれませんね。労働や生活、経済などにとって「安定」は重要な要素であるように、肉体的、精神的な「安定」は個人が少しでも快適な日々を送る上で最も重要なものとなります。当院ではその肉体的、精神的な「安定感」を持つために「鍼灸」と「東洋医学」を用いてお手伝いをさせて頂いております。頚椎ヘルニアや頚椎症と過去に診断をされているけれども、「手術をするほどではないと医師より説明をされている」、「手術をするほどではないが病院でもこれといって治療が無い」、「牽引やホットパックなどの治療を受けているがあまり症状が変わってこない」、「痛み止めやビタミン剤などの投薬を受けているが変化が無い」などの状況が続いている場合には当院へご相談下さい。千葉駅より電車で5分、JR蘇我駅西口より徒歩3分の通院に便利な治療院です。英語圏の方々には2ヶ国語での対応もいたしておりますのでご予約から治療まで英語でお気軽にご相談下さい。

 

■ 【Clinical Case Achievement】 臨床実例

 

【頸椎ヘルニアの治療】 50代・男性

およそ3年前から首の痛みと左手の人差し指と中指にしびれを感じるようになり始め、同時に頭痛を発症するようになり、整形外科において頸椎ヘルニアとの病名診断を受けていた方の症例です。数か月後にペインクリニックの事を知り、各種ブロック注射を定期的に受けていたそうですが、症状は寛解傾向にあるものの痛みは取れないままという事でした。その2年後には右腕を挙げることが困難となってきたため病院では手術を勧められたそうです。ご自身で頸椎ヘルニアと手術の情報をお調べになり、他県にて頸椎ヘルニア手術を多く手掛けている病院があるということで千葉県からは遠方でありましたが短期入院し、そちらの病院でおよそ9ヶ月前に低侵襲術による手術を受けられたという事でした。担当医師の診断では右頸椎4番(C4)と5(C5)番の間、左頸椎6番(C6)と7番(C7)の間に椎間板のヘルニアが確認され狭窄もみられるということで頸椎2か所の手術を受けたという事でした。頸椎ヘルニア専門の病院はで手術を受けた後は一部神経に影響があるものの順調にリハビリを行い回復し、一時は痛みが完全に消失するまで症状は改善されたようでしたが、丁度手術後1年が経とうとした頃になって首から左肩甲骨、そして左上腕三頭筋のあたりに激痛が走るようになってしまい、再び手術を受けた病院でMRI等の検査を受けに行かれたということでした。再検査の結果「おそらく前回手術を行った左頸椎6番と7番の間の再狭窄、あるいはその部分の付近で癒着(ゆちゃく)が起こっている可能性が考えられる」との説明を受け、担当の医師より「どこか自宅の近くに良さそうな鍼灸院は無いか調べてみるか、もし改善が見られなければ再手術を行うしかない」と言われ、当院に手術後の痛みの治療ということでご来院になられました。今回このような激しい痛みに襲われるようになった原因に思い当たる生活上の要素は無く、突然首から肩、腕にかけてじっとしている時にも歩いている時にも激しくつかまれるような痛みが生じ、ここ何日かは痛みで夜も寝付けない状態になってしまい、数日前には勤務先近くの整形外科にてブロック注射を受けてきたという事でした。当院に最初にお越しになられた時には軽度の手の振るえと痙攣軽度の眼精疲労痛みで眠れないお腹が張る、軽度の便秘下痢軽度の腰痛、慢性疲労などの症状も見られました。

頸椎ヘルニアの症状に加えてその他にもいくつかの症状がみられましたが、とにかく首から肩甲骨、そして左腕にかけて痛みが強い状態ので、まずこの痛みを和らげる為の疼痛治療に焦点を置いて治療を行って行くことにいたしました。2回目の治療の際には少し治療内容を調整しながら行っていくようにし、3回目の治療の際には若干痛みは軽減しているもののまだ痛みの症状は強く、前日には整形外科で2回目のブロック注射を受けてきたと言う状況でした。その後5回目の鍼灸治療の時から痛みの質に変化が見られ始め、「まだ痛みはあるけれども以前のような耐え難い痛みでは無くなってきている」、また「この2週間はブロック注射は受けていません」との治療前のご報告でした。当院に最初に来られた時の痛みの様子があまりにも強かったため、症状に少し改善が見られ始めるまでにはこれぐらいの治療回数が必要になるであろうと予測しておりましたが、最も辛い時期の峠は超えたご様子で、これぐらいの痛みの緩和が見られ始めると以前よりも睡眠時間の確保も出来るようになっているとの事でした。この時点で鍼灸治療開始前の状態と比べて自覚的に残り60%程度までの改善が見られております。その後その日の生活状況や体調によって多少のリバウンド(軽度の痛みが戻ってくる状態)は見られたもの、以前ほどの激痛が戻ってくるというような状態は無くなり、治療を重ねるたびに症状は落ち着いて来ているのを確認できております。当院で鍼灸治療を開始して2ヵ月弱が経過した頃に再度手術を受けた浜松の病院まで診察を受けに行かれましたが、その時点で右側肩甲骨あたりに多少の違和感は残っているものの右手の指のしびれ感は無く、左腕全体の痛みもかなり軽減し、病院の担当医より「頸椎左側の癒着部分は剥がれたのかもしれない」との説明を受けて帰って来られたという事でした。その後も約半年ほど鍼灸治療を続けましたが、頸椎ヘルニア、そして手術後の鍼灸疼痛治療として明らかな改善が見られた症例となっております。千葉市中央区よりお越しになられ、初診時や2,3回目の治療にお越しになられた時には痛みとしびれ感が強い左腕を右手で支えるようにして治療に来られるような状態でしたが、会社も休職することなく日常の生活を取り戻されていらっしゃいます。

こちらは当院にて実際に治療を行なった方の診療カルテに基づい臨床実例であり、個人が特定されない範囲で実際の診療記録を掲載させて頂いているものとなります。こちらの文書は他のサイトへの転載や引用等は堅くお断り致します

 

 

千葉県で英語診療が可能な病院、治療院
千葉県の美顔鍼を受けるならウェルバランス(千葉市、市原市)

 

ウェルバランス鍼灸治療院

〒260-0834

千葉県千葉市中央区

今井2-11-12

JR内房線・外房線・京葉線

蘇我駅西口駅より徒歩3分043-268-7630【ご予約】

 

 

千葉市の鍼灸治療専門院
ウェルバランス蘇我鍼灸治療院は皆様の良きヘルスケアパートナーとなれるよう治療に当たらせて頂いております。当院はシンプルな痛みの治療から様々な特殊なケース、複雑なケースまで幅広く対応をさせて頂いている専門治療院です。

 

 

WellBalance Soga

JR Uchibo/Sotobo/Keiyo Line, Soga Station 3min walk from west side exit.

 

Accept Auto Isurance / Work-comp Insurance.

Acupuncture treatment at WellBalance becomes income tax diduction as a health care expense.

Available in English.

Opens until 7pm. 

 

The best acupuncture clinic in Chiba and this is only one in this area. New patients are wellcome. Please call and make an appointment for your visits.

千葉県内で実績のある治療院、病院

【コピーライト】 サイト内のコンテンツを複製および転載する事は堅くお断り致します。

【疾患・病状と治療】

千葉の顎関節症専門治療院・病院・歯科・口腔外科・整形外科
千葉の顔面神経麻痺専門治療院・病院・耳鼻科・脳神経外科・神経科
千葉の眼瞼痙攣専門治療院・病院・耳鼻科・脳神経外科・神経科・心療内科
千葉の頚椎症専門治療院・病院・整形外科・神経科
千葉の頚椎ヘルニア専門治療院・病院・整形外科・神経科
千葉のストレートネック専門治療院・病院・整形外科・神経科
千葉の五十肩専門治療院・病院・整形外科・整骨院
千葉のぎっくり腰専門治療院・病院・整形外科・整骨院
千葉の坐骨神経痛専門治療院・病院・整形外科・整骨院
千葉の腰椎椎間板ヘルニア専門治療院・病院・整形外科・整骨院
千葉の足底筋膜炎専門治療院・病院・整形外科・整骨院
千葉の交通事故専門治療院・病院・整形外科・整骨院
千葉の過敏性腸症候群専門治療院・病院・内科・胃腸科・心療内科・漢方外来
千葉の自律神経失調症専門治療院・病院・内科・胃腸科・心療内科・漢方外来
千葉のパニック障害専門治療院・病院・心療内科・精神科・内科・漢方外来
千葉の円形脱毛症専門治療院・病院・皮膚科・心療内科
千葉のアトピー性皮膚炎専門治療院・病院・皮膚科・心療内科
千葉の線維筋痛症専門治療院・病院・整形外科・神経科・心療内科・漢方外来
千葉のむずむず脚症候群専門治療院・病院・整形外科・神経科・心療内科・睡眠外来・漢方外来
千葉の生理月経不順専門治療院・病院・婦人科・産科・内科・漢方外来
千葉の不妊症不育専門治療院・病院・婦人科・産科・不妊外来・漢方外来
千葉のつわり専門治療院・病院・婦人科・産科・内科・漢方外来
千葉の逆子専門治療院・病院・婦人科・産婦人科・外回転術・逆子体操
千葉の産後専門治療院・病院・婦人科・産科・内科・心療内科・精神科・漢方外来

頭痛・偏頭痛・筋緊張性頭痛 | 頚椎症 | 頚椎ヘルニア肩こり・頚部痛むち打ち損傷・交通事故 | 寝違い | ストレートネック肩関節周囲炎五十肩(四十肩) | 腱鞘炎手根管症候群 | 手足のしびれ | 足底筋膜炎 | 腰痛 | ぎっくり腰 | 坐骨神経痛変形性脊椎症 | 椎間板ヘルニア | 脊柱管狭窄症 | 腰椎すべり症・分離症三叉神経痛肋間神経痛 | 顔面神経麻痺 | 顔面痙攣眼瞼痙攣・眼輪筋痙攣 | 眼精疲労顎関節症食欲不振胃痛・胃炎逆流性食道炎便秘症・慢性便秘下痢・軟便過敏性腸症候群膀胱炎線維筋痛症喘息・咳喘息慢性閉塞性肺疾患副鼻腔炎・蓄膿症 | 花粉症 | アレルギー性鼻炎 | アトピー性皮膚炎 | 蕁麻疹・湿疹糖尿病膠原病円形脱毛症 | めまい耳鳴り難聴・突発性難聴メニエル氏病 |  むずむず脚症候群 | 不明熱・心因性発熱うつ病 | パニック障害自律神経失調症不眠症 | 骨折後の治療・リハビリ鍼灸手術後の不調と体調変化癌治療・抗がん剤治療・放射線治療の副作用症状冷え性浮腫・むくみ | 更年期障害 | ホットフラッシュ | 生理痛・月経困難症・月経前症候群 | 月経不順・生理不順 | 不妊症 | つわり・妊娠悪阻 | 逆子 | 子宮下垂(子宮脱)  | 産後の体調管理美顔鍼・美容鍼灸