自律神経失調症はウェルバランスの鍼灸治療で克服

自律神経失調症専門院・千葉県千葉市

 

自律神経とは主に内臓をコントロールするために自分の意思によるものではなく、体の内部環境を調整するために自動的に働いている神経系のことを言います。脊髄から出る人体の末梢神経には3種類の神経があり、ひとつは筋肉を動かすための運動神経(遠心性神経)、もうひとつは物に触れた時などにその感覚を感じ取ることができる感覚神経(求心性神経)、そして最後のひとつが内臓や血圧などを自動的に環境に応じて調整してくれる自律神経です。この自律神経は交感神経と副交感神経という2つの神経が拮抗的に働くことによって体の内部環境が上手に、そしてなるべく一定に保たれるように常に自動制御で調整がなされています。

 

自律神経失調症とはこの自律神経の働きが不調和を起こしているという診断名ということになりますが、非常に広義の解釈ができる病名診断であるという事も言えるでしょう。内科などの病院やクリニックでは一応内科的な検査をしてみたけれども臓器本体や血液検査にこれといった異常が見当たらないという場合にはこの病名が多く用いられます。つまり最近頻繁に動悸を感じて息切れをするようになったので近所の内科で心電図の検査をしてもらったが、心電図に異常は現れなかったという場合や、急に胃が痛くなって食欲も無くなってしまい、内科で胃カメラも飲んで診てもらったけれども胃炎胃粘膜の潰瘍なども見当たらず自律神経失調症と診断されたというような場合によくある病名です。またこの病名は日本において特によく使われる病名表現ということも言えるでしょう。 自律神経失調症と関連性が強い他の病気は更年期障害うつ病パニック障害不眠症花粉症アレルギー性鼻炎など様々な病名と相互に関連する場合があり、また女性においては生理不順つわり症状の度合いなどとも相互に影響している場合があります。

 

 

自律神経失調症

自律神経失調症と診断された方は何か症状があるにも関わらず、現代医学のあらゆる検査によっても目で確認できる病態が見つからないという状態ですのでまずこの事をを理解することが大切です。臓器のなんらかの異常が確認できた場合には西洋医学でもその治療方法を定めることができますが、はっきりとした異常が見当たらない場合には現実的にも治療を行うターゲットを定めることが難しくなり、診断をされた病名は自律神経失調症であっても胃薬や精神薬を処方されるなどの対症療法となってしまいます。しかし人間には感情による体の変化やご自身を取り巻く環境の大きな変化によっても身体に変化が生じることは当然あるわけです。精神的ショックを受ける何か悲しい出来事を経験をした時や何か辛い環境に置かれている場合には当然落ち込み、食欲も無くなり、無気力になってしまうのが人間というものです。この時点で体調不良を訴えて病院に行っても検査には異常は出ないと考えるのが通常ですが、あまりこのような期間が長くなってしまいますと本当に病名の付く病気になってしまう事もありますので、その場合は少し注意が必要になります。ご飯が食べれない寝れない、動悸がする、体がだるい、やる気が起きないなどの症状がある場合には鍼灸治療で早めの対処をするのが良い選択肢と言えるでしょう。東洋医学では体に起こっている症状と精神的な変化はひとつの人体に起こっている体調の変化として捉えます。そして東洋医学を専門とするウェルバランス鍼灸治療院では自律神経失調症と診断されて体調が悪くなってしまった方々の治療も得意としておりますのでまずは当院へご来院下さい。

 

■ 【RealVoice】 患者様の声

【自律神経失調症の治療】 30代・男性

約3年半前に仕事中にめまいを発症し、その後内科や脳神経外科、耳鼻科や眼科、整形外科や神経内科などの色々な病院を周り検査を受けましたが、すべての医院で「異常無し」と言われ、最終的には心療内科に回されて自律神経失調症と診断をされました。それから2年間もの間は薬を飲み続け、自律神経に良いとされる道具を購入し、整体やストレッチなども試してみましたが、状態は改善するどころか日々悪化していく一方で、最後は会社に行くどころか家から出ることも困難な状態になり、最終的には職場を休職する事になってしまいました。その時は強いめまい感、吐き気、手足のしびれ首の痛み、常に感じる全身の倦怠感、不眠食欲の不振による体重の減少、強い不安感に襲われるなどの症状に悩まされて困っていました。再度色々な病院を周ってみるもやはり検査結果は“異常無し”。これまでに各病院でMRIやレントゲン、心電図、脳波測定、血液検査、尿検査、眼球検査、耳の精密検査(耳に水を入れたりする検査)、うつチェック、バリウム検査など他にも書ききれないほどのありあらゆる検査を各病院で受けてきました。それでは他に何か良い治療はないものかと探していたところ、鍼灸治療が良いという事を聞き、自宅から距離的に一番近い場所にあったウェルバランス鍼灸治療院に問合せてみることにしました。最初はどのような治療院なのか分からず、実際に行ってみるまでは不安でしたが、初診時に院内の様子や先生にお会いして説明を受けた時には今までの不安は杞憂に終わりました。最初の初診で今までの経過や症状を伝えたところ、自分の病状に初めからしっかりと対応してもらうことができ、その時この不調を発症してから初めて「この先生を信頼してみよう」という気持ちになったことを覚えています。それまでは各病院では「不調の原因は分からない」、「薬を強くする」、「他の科を紹介するから」と言われ続けて来た為にこの時は少し医者不信に陥っていました。

ウェルバランスの先生は非常に知識が豊富で、鍼灸を行うことによって体にどうゆう作用があるのか、自分かいのような病状の原因にはどんなことが考えられるのか、そしてこの症状を改善するにはどのようにして行ったら良いのか、いつも会話をしながら分かりやすく説明とアドバイスをしながら治療を行ってくれます。私はこのような状態になりウェルバランスで治療を受けてみて実感をした事は、アドバイスをもらって生活習慣を改善して行くことが重要であり、それを実践して自分で努力をしていくという気持ちが無ければ、治療だけを受けていても症状の改善は難しいと思いました。そして教えてもらったアドバイスを実行して症状が改善したり、今まで出来なかった事が出来るようになったと次回の治療の際に伝えると自分の事のように喜んでもらえました。

通院を開始してから最初の1~2ヵ月間は多くの症状がありすぎた為、あまり鍼灸治療の効果をはっきりとは感じることが出来ませんでしたが、3ヵ月目を過ぎた頃から首の痛みが段々と和らいできました。同時に食欲も改善し始めて睡眠も良くなって眠れるようになってきました。そしておよそ半年後には体調の良い日には外にも出かけられるようになってきました。その後1年が経過した頃には会社まで自力で行くことが出来るようになり、その3ヶ月後からは約3ヶ月間様子を見ながらのリハビリ的な勤務を経て現在は元の職場に復職できるようになりました。通院を開始した当初は自分の辛い症状を訴えてばかりいましたが、最近はそれらの症状は減って体調はだいぶ安定するようになり、雑談をしながら治療を受けていると話をしているうちに治療が終わっているという感じになりました。現在はほとんど症状は無くなりましたが、再発予防を兼ねて1ヶ月に1回ほどは治療を受けて続けています。

この自律神経失調症という病気は早く適切な治療を開始すればその分早く改善する病気だと実際に経験をしてみて感じました。私と同じ症状で早い段階で治療を受けた方は1~2ヵ月ほどで復職をされた方もいるようです。ただ私の場合は2年間無理をしてしまっていた為に復帰するまでに1年半という時間がかかってしまいましたが、今思うとウェルバランス鍼灸院に出会っていなければもっと時間がかかっていたか、もしくはずっと不調を抱えてる状態が続いていたかもしれません。私は私と同じような症状で悩んでいる方がいましたら是非一度ウェルバランス鍼灸院に相談をされてみるのが良いと思い是非お勧めしたいと思っています。

※こちらは実際の患者様より頂いた文章より掲載の承諾を頂いてから当院のホームページ上に載せさせて頂いているものです。他のサイトへの転載や引用等は堅くお断り致します。

【治療院からのコメント】

こちらはご来院当初は体調を崩されて長期職場を休職中という状態で当院へお越しになられました。初診時にお話を伺ってみるとこれまでに様々な病院の各専門科を受診したけれども、どの科においてもはっきりとした体調不良の原因が特定されないという事でした。このように自律神経失調症やうつ症状うつ病等のような病状の場合には内科や心療内科、神経科や神経内科、そしてめまい等の症状が伴う場合などには耳鼻科や脳外科など様々な異なる診療科を転々とされるケースが非常に多く見られます。各分野の専門医は自分の専門分野にのみ特化している為に、異常所見が見られない場合には他の疾患の可能性を疑い、別の診療科に回してしまうという医療現場の現実があります。このようなケースはこれまでに当院においても多く診られ、また多数の症例と治療実績を持っております。この方の場合は最初に多くの症状があり、ひとつひとつ辛い症状が軽減されていくまでに時間がかかりましたが、ご本人も頑張ってコツコツと治療に通って来られたこともあり、現在は体調も回復して無事に同じ職場に復帰をされました。職場復帰をされてから半年以上が経過して元気になられておりますが、現在も2週~3週に一度は体調管理のために続けて鍼灸治療に通って来られております。当院のお近くの千葉市中央区よりご来院になられた方からの治療開始から職場復帰までの経過や体調が改善されていく様子を大変分かりやすくお書き頂きまして誠に有り難うございました。まだご本人もお若いのでまだまだこれから職場でも更にご多忙になられると思いますが、当院も出来る限りの健康のお手伝いをさせて頂きたいと思っております。このように自律神経失調症のような病状の場合には鍼灸治療においても根気が必要となりますけれども、同じような状態で色々な病院や専門医に診てもらったけれども原因がはっきりしない、分からないという場合にはウェルバランス鍼灸治療院にて初診のご予約をお取り頂いてから早めに病状のご相談を頂く事をお勧め致します。

 

■ 【Clinical Case Achievement】 臨床実例

【自律神経失調症の治療】 10代・女性
約1年前から精神的な強い不安感と関連して頭痛聴覚過敏耳鳴り目まい頭がふらふらする首や肩背中のこり感と痛み、疲労感や強い手足の冷え感などとにかく様々な症状に悩まされるようになったそうです。また過敏性腸症候群(IBS)腹痛下痢症状もほぼ同時期から起こるようになり、ご自身では生活習慣の乱れからこのような状態になったと思うという事でした。症状は日中以外で特に朝と夜に重くなり具合が悪くなるという訴えでした。発症初期は内科と心療内科を受診しており、自律神経失調症と診断をされ漢方薬を処方されて飲んでいたそうです。また半年前から定期的に近所の整体にも通っていたが症状があまり変わって来ないということでした。さらに詳しく問診をしてみると、眼精疲労、動悸や胸の息苦しさ、食欲不振、お腹の張り、イライラ感、倦怠感、生理痛などの随伴症状も見られました。
ご本人もこの状態から早く脱したいという気持ちが強く、そして早く症状を改善するために当院でしっかりと治療を受けたいという強い意思がありましたので、当院と致しましても出来る限りのお手伝いさせて頂こうと思いました。このような疾患および症状の場合には特に治療を提供する側と治療を受ける側の歯車が合わないとなかなか上手くいかないのが現実です。こちらのご本人はこちらのアドバイスも素直に受入れ、また根気よくコツコツとしっかり治療に通って来られたこともあり、治療開始から3ヶ月後、半年後と症状や全体の体調に改善が見られ、半年後には精神的にもだいぶ強くなってきました。丁度治療を開始してから半年が経とうとした頃には大学一年生になり、最初はまた少し不安を抱えながらの大学生活になりましたが、授業に遅れを取らないように予習や復習も頑張れている様子が伺えました。また大学生になって最初の夏休みに入った頃から生まれて初めてのアルバイトにもチャレンジをしてみたいと思うほどにまで心も強くなり、初めて仕事に緊張しながらも隣駅で週3~4日程度のオフィスでのアルバイトも始めることが出来るようになりました。自律神経失調症と診断され、体調が悪く落ち込んでいた時から比べると別人のように意欲を持って生活が出来ようになるまで変わって来ました。まだご本人が若いこともありましたが、治療の度に「こういう時はどうしたらいいですか?」、「こういう時にこういう気持ちになるのですがなんでですか?」という具合に具体的な質問をしてきて、それに対してアドバイスや説明をすると本人もそれを生活の中で考えながら実践していたので、結果的に早く悪い状態から脱することが出来たんだと思います。この方の少し後に同じような大学生の娘さんが自律神経失調症という診断を受けていて一度受診をしたいという娘さんをお母さんが連れて来られましたが、まず娘さんを連れてきたお母さんの常識が大きくズレていらっしゃることから全くお話になりません。このような疾患は歯車が噛み合わないと治療をしても前に進むことが出来ず、このような方はおそらくどこへ行かれても同じような状態を繰り返してしまうのだろうと思います。当院に自分でしっかりと通ってきた当時高校生だったこちらの症例の方は千葉市美浜区より約一年ほど通って来られましたが、この一年の間に顔つきにも変化が見られ、明らかに成長している様子がみられ、大変元気になられております。このような症状でも薬物に依存することなく症状の改善を目的とするところに鍼灸治療の良さがあります。当院では自律神経失調症と診断をされた方々の様々な症状もご相談頂くことが出来ますので、治療をご希望の場合には初診のご予約をお取りになられました後にお気軽にご相談頂きたいと思います。ウェルバランス鍼灸治療院はJR蘇我駅より徒歩3分と駅近くにあり、JR千葉駅より内房線・外房線で5分、また京葉線沿線からも1本でご通院頂ける便利な場所にある治療院となっております。
こちらは当院にて実際に治療を行なった方の診療カルテに基づいた臨床実例であり、個人が特定されない範囲で実際の診療記録を掲載させて頂いているものとなります。こちらの文書は他のサイトへの転載や引用等は堅くお断り致します
 

■ 【Clinical Case Achievement】 臨床実例

【自律神経失調症の治療】 30代・男性
半年ほど前からあまりはっきりとした原因無く体調が悪くなってきたそうですが、いくつかの病院で検査を受けても特に重篤な原因は特に見つからないという状態だったそうです。以前にも軽度の全身症状を一時的に感じることはあったそうですが、今回は何故か様々な症状で体調の優れない状態が続いているという事でした。
症状と致しましては胸の息苦しさ、全身の倦怠感(体のだるさ)、意欲低下、極度なイライラ感、睡眠障害首肩のコリ痛みお腹の張り感鼻炎症状、軽度の頻尿傾向、交互に現れる手足の冷え感とほてり感の両方、発汗異常などのどれも現代医学におけるはっきりした病名診断に直接結びつけにくいと思われるいわゆる「症状群」が多く混雑しているような病態でした。胸の息苦しさなどについては心電図検査などもすでに受けておられましたので、特に何か特に内科で治療が必要な心疾患は存在していないという事も分かっておりました。このように「自覚的に不調と感じる症状があるのに、病院に行っても、医師に相談しても何も異常は見当たらない」と言われてしまう状態が実際の医療の現場では存在します。このような時は一般の多くの方々はどのようにしたら良いのか迷われてしまう状況に遭遇する事があると思います。西洋医学(現代の保険診療を行っている医療機関)では検査の結果、治療を目的とするための病的所見が見つからない訳ですから、的確な治療としてのアプローチ手段を定める事もできません。このような時には今起こっている体の変化を体調の異変や不調和(アンバランス)として総合的に判断を行なう東洋医学が得意とする分野になってきます。鍼灸治療は薬物を使わずに痛みの緩和や五臓六腑(内科機能)の調整を行なう事が出来る東洋医学になり、この方のようなはっきりとした原因特定の出来ない幅広い症状群には鍼灸治療が効果を発揮する事が多くなってきます。また鍼灸治療院にも様々な治療のスタイルがあり、各治療院によっても適応する病状や症状が異なって来ますが、このような自律神経失調症のような状態の場合には全身的な総合治療を時間をかけて行なってくれる鍼灸専門院が良いと思います。
この方の場合には比較的早い段階で当院へお越しにならたこともあり、約3ヵ月ほどで大部分の体の不調と疲労感は改善され、仕事や日常生活動作による軽度の肩こり感程度は時々感じたりするものの胸の息苦しさは自覚的には全く感じなくなるまでに戻られていらしゃいます。決して大げさな言い方ではありませんが、この方のような症状を長い期間我慢したり放置しておくと本格的な別の診断名が付くような明らかな病状へと進行してしまう事も十分に考えられます。これはいつもと違ってちょっと普通じゃないと感じる場合には早めに良い鍼灸院にご相談される事をお勧め致します。千葉市中央区にありますウェルバランス鍼灸治療院ではこの自律神経失調症のような病状を専門的に多く治療させて頂いてきておりますので、自律神経失調症と診断を受けた場合には当院にご来院下さい。
こちらは当院にて実際に治療を行なった方の診療カルテに基づいた臨床実例であり、個人が特定されない範囲で実際の診療記録を掲載させて頂いているものとなります。こちらの文書は他のサイトへの転載や引用等は堅くお断り致します
 

自律神経失調症Q&A

 

Q. 自律神経とはなんですか?

A. 人体の神経系はまず大きく中枢神経と末梢神経の2つに分けられます。その末梢神経には自分の意思で筋肉を動かす為に働く運動神経と最終的に脳で感覚を感じ取るための感覚を伝える為に働く知覚神経、そして主に内臓などの臓器器官をオートマティック(自動制御)でコントロールをするために働く自律神経が存在します。さらに詳しくは治療院で分かりやすくご説明致します。

 

Q. 内科で食欲が無いと言ったら自律神経失調症と診断されたのですが?

A. 食欲が出ない、ご飯が食べられない、あるいは胃がムカムカするといった症状で内科などを受診した場合に、胃炎や胃潰瘍、バクテリアーピロリ(ピロリ菌)などが確認された場合にはこれらの診断名が告げられますが、食欲が無いという症状があるにも関わらず、胃炎も胃潰瘍も見当たらないという場合には医学的所見が見当たらないために非常に広い意味を持つ自律神経失調症という診断名を告げられるケースが多くなります。胃も自律神経支配の臓器のひとつであるという理由からです。「食欲低下」はひとつの症状であり正式な病名ではありませんので診断名は保険請求上の理由から別の正式な診断名を探す必要が出てくることも関係しています。

 

Q. 胃痛や動悸、下痢、倦怠感などのいくつもの症状があるのですが、これらも全部まとめて自律神経失調症なのですか?

A. 自律神経失調症とはとても広い範囲の病変を意味する診断名で胃潰瘍や心臓疾患、その他の病気が医学的に見つからないという意味で自律神経が支配す臓器器官に関連しそうな症状のみの場合には自律神経の不調、つまり自律神経失調症と当てはめられるケースが多くなります。

 

Q. 自律神経失調症と診断されてから症状が長期化しているのですが?

A. 自律神経失調症と診断されてからなかなか症状が良くならない、経過もだいぶ長くなってきているという場合には一度ウェルバランス鍼灸治療院へお越しになって下さい。どこが本当の病巣であるのか良く分からない自律神経失調症のような病状を当院では問題解決、体調回復のためのお手伝いをさせて頂いております。中には長年このような症状から抜け出せないという方もいらっしゃいますので、そのような場合には今までと少し思考を変えていく必要があるかもしれません。またもしかしたら自律神経失調症かなと思うようなまだ比較的軽い症状の場合でも早めに対応しておく事もお勧め致します。

 

千葉県で英語診療が可能な病院、治療院
千葉県の美顔鍼を受けるならウェルバランス(千葉市、市原市)
土日祝日も治療が受けられる治療院、病院

 

ウェルバランス鍼灸治療院

〒260-0834

千葉県千葉市中央区

今井2-11-12

JR内房線・外房線・京葉線

蘇我駅西口駅より徒歩3分043-268-7630【ご予約】

 

国家資格者による本格鍼灸

交通事故(自賠責保険)取扱い

新患随時受付致しております

英語でも受診いただけます

 

千葉県千葉市・市原市より通院に便利な鍼灸治療院です。ウェルバランス蘇我鍼灸治療院は皆様の良きヘルスケアパートナーとなれるよう日々治療に当たらせて頂いております。様々な症状や病状でお困りの方は是非一度ご相談下さい。当院はシンプルな痛みの治療から様々な特殊なケース、複雑なケースまで幅広く対応をさせて頂いている専門治療院です。

 

 

WellBalance Soga

JR Uchibo/Sotobo/Keiyo Line, Soga Station 3min walk from west side exit.

 

Accept Auto Isurance / Work-comp Insurance.

Acupuncture treatment at WellBalance becomes income tax diduction as a health care expense.

Available in English.

Opens until 7pm. 

 

The best acupuncture clinic in Chiba and this is only one in this area. New patients are wellcome. Please call and make an appointment for your visits.

千葉県内で実績のある治療院、病院

【コピーライト】 サイト内のコンテンツを複製および転載する事は堅くお断り致します。

【疾患・病状と治療】

千葉の顎関節症専門治療院・病院・歯科・口腔外科・整形外科
千葉の顔面神経麻痺専門治療院・病院・耳鼻科・脳神経外科・神経科
千葉の眼瞼痙攣専門治療院・病院・耳鼻科・脳神経外科・神経科・心療内科
千葉の頚椎症専門治療院・病院・整形外科・神経科
千葉の頚椎ヘルニア専門治療院・病院・整形外科・神経科
千葉のストレートネック専門治療院・病院・整形外科・神経科
千葉の五十肩専門治療院・病院・整形外科・整骨院
千葉のぎっくり腰専門治療院・病院・整形外科・整骨院
千葉の坐骨神経痛専門治療院・病院・整形外科・整骨院
千葉の腰椎椎間板ヘルニア専門治療院・病院・整形外科・整骨院
千葉の足底筋膜炎専門治療院・病院・整形外科・整骨院
千葉の交通事故専門治療院・病院・整形外科・整骨院
千葉の過敏性腸症候群専門治療院・病院・内科・胃腸科・心療内科・漢方外来
千葉の自律神経失調症専門治療院・病院・内科・胃腸科・心療内科・漢方外来
千葉のパニック障害専門治療院・病院・心療内科・精神科・内科・漢方外来
千葉の円形脱毛症専門治療院・病院・皮膚科・心療内科
千葉のアトピー性皮膚炎専門治療院・病院・皮膚科・心療内科
千葉の線維筋痛症専門治療院・病院・整形外科・神経科・心療内科・漢方外来
千葉のむずむず脚症候群専門治療院・病院・整形外科・神経科・心療内科・睡眠外来・漢方外来
千葉の生理月経不順専門治療院・病院・婦人科・産科・内科・漢方外来
千葉の不妊症不育専門治療院・病院・婦人科・産科・不妊外来・漢方外来
千葉のつわり専門治療院・病院・婦人科・産科・内科・漢方外来
千葉の逆子専門治療院・病院・婦人科・産婦人科・外回転術・逆子体操
千葉の産後専門治療院・病院・婦人科・産科・内科・心療内科・精神科・漢方外来

頭痛・偏頭痛・筋緊張性頭痛 | 頚椎症 | 頚椎ヘルニア肩こり・頚部痛むち打ち損傷・交通事故 | 寝違い | ストレートネック肩関節周囲炎五十肩(四十肩) | 腱鞘炎手根管症候群 | 手足のしびれ | 足底筋膜炎 | 腰痛 | ぎっくり腰 | 坐骨神経痛変形性脊椎症 | 椎間板ヘルニア | 脊柱管狭窄症 | 腰椎すべり症・分離症三叉神経痛肋間神経痛 | 顔面神経麻痺 | 顔面痙攣眼瞼痙攣・眼輪筋痙攣 | 眼精疲労顎関節症食欲不振胃痛・胃炎逆流性食道炎便秘症・慢性便秘下痢・軟便過敏性腸症候群膀胱炎線維筋痛症喘息・咳喘息慢性閉塞性肺疾患副鼻腔炎・蓄膿症 | 花粉症 | アレルギー性鼻炎 | アトピー性皮膚炎 | 蕁麻疹・湿疹糖尿病膠原病円形脱毛症 | めまい耳鳴り難聴・突発性難聴メニエル氏病 |  むずむず脚症候群 | 不明熱・心因性発熱うつ病 | パニック障害自律神経失調症不眠症 | 骨折後の治療・リハビリ鍼灸手術後の不調と体調変化癌治療・抗がん剤治療・放射線治療の副作用症状冷え性浮腫・むくみ | 更年期障害 | ホットフラッシュ | 生理痛・月経困難症・月経前症候群 | 月経不順・生理不順 | 不妊症 | つわり・妊娠悪阻 | 逆子 | 子宮下垂(子宮脱)  | 産後の体調管理美顔鍼・美容鍼灸