術後の不調、体調変化はウェルバランスの鍼灸治療

手術後の不調体調不良専門院・千葉県千葉市、市原市

 

外科系あるいは内科系、内分泌系や婦人科系などの各病気、または癌などの悪性腫瘍性疾患や脳梗塞やクモ膜下出血、心筋梗塞などの循環器系や血管系の病気などの様々な病気によって外科的手術が必要となる場合があります。これらの手術の多くは基本的に生命を維持する為に必要不可欠となる西洋医学が持つ最大の外科的な治療手段となるのですが、手術を受けたことによって手術前には存在しなかった症状が現れる場合があります。激しいスポーツや交通事故、日常生活や仕事の作業中などに発生したアクシデントによって負ってしまった大きな外傷や骨折などによって手術が必要となったケースでは患部やその周辺の疼痛や皮膚表面のピリピリ感、筋力や体力の低下、抹消循環障害、ケロイドなどの変化が現れてしまう場合があります。また脳腫瘍、肺癌や胃癌、乳癌や子宮癌などの悪性腫瘍、子宮筋腫や脂肪腫などの良性腫瘍、心筋梗塞や脳梗塞、脳出血や動脈瘤などの生命に関わる循環器系の病気などによって各臓器の部分切除や摘出手術などの内臓外科的な手術を受けた場合には主にその臓器機能に関連する症状や隣接する周辺臓器機能の変調、排尿(排尿困難や尿失禁、尿漏れ)や排便(主に便秘)などの排泄異常、食欲低下、患部の違感覚や癒着などによるひきつれ感、しびれ、ケロイド、むくみ浮腫、抹消循環障害、冷え感、体力低下、倦怠感、慢性疲労、原因不明の体調不良、精神疲労やストレスの増加などが手術後に現れる場合があり、このような病状や症状で悩む方は少なくありません。また女性の場合においては出産後の体調の変化や帝王切開にて出産をされた場合などには組織の癒着や体調の変化が生じる場合が見られます。

 


手術後の体調不良・体調変化
必要不可欠な手術を経て生じてしまった手術後の症状や病状、痛みやしびれ、体調不良や倦怠感、その他の症状は鍼灸治療で治療を行う事ができます。外科的な手術は西洋医学が最も得意とする治療でありますが、手術後に起こってしまった各症状に関しては東洋医学が最も得意とする治療の分野であります。通常は手術を受けた後(退院後)にその執刀医の先生より術後の経過観察が定期的に行われますが、術後に起こったこれらの症状を伝えた場合には、更に投薬が増えて具合が悪くなってしまったり、専門外の症状ということで別の診療科へ送られてしまったり、あるいは病院におけるこれ以上の治療方法は無いと説明され対処する方法が無いという状態になる方はとても多く見受けられます。これらの術後や産後の病変をウェルバランス鍼灸治療院では統合的な鍼灸治療で回復を図ります。「西洋医学は病気を上から叩く医療、東洋医学は体を下から持ち上げる医療」という違いを最大限に生かして、これまで過去においてもその効果には当院のしっかりとした治療実績が残っています。そして手術後のありとあらゆる症状に対する治療は鍼灸治療のみがなせる技術ですので、このような症状でお困りの方は当院の鍼灸治療がきっとお役に立てるはずです。ウェルバランス鍼灸治療院は千葉市中央区、JR内房線、外房線、京葉線の3線が発着する蘇我駅西口より徒歩3分と便利な場所にありますので、是非一度ご相談下さい。

 

■ 【RealVoice】 患者様の声

【卵巣のう腫摘出手術後の治療】 40代・女性

平成16年(41歳の時)にチョコレートのう胞による左卵巣の摘出手術を受けました。その手術を受けた後から仙骨部や足の大腿部などに陣痛のような激痛を感じるようになってしまいました。普通に立っているだけでお尻からかかとにかけて強い痛みが走るので立っているのも困難という状態が続き、特に冬から春、もしくは夏ぐらいまでこの症状がひどくなるという大変辛い状態でした。この痛みをなんとかしてほしい一心で家の近所の婦人科ははほとんど周り、その他にも内科や整形外科、漢方診療所、泌尿器科、ペインクリニック、接骨院や別の鍼灸院などにも通院してみたりと色々な病院を転々としました。病院では神経ブロック注射を週に1回打ちに通院をしたり、リュープリンというお薬で生理を止めるような治療を受けましたが、生理は止まらず出血が続いてしまいました。その他には低量ピルを色々と処方されて試したりもしていました。最後には婦人科の先生も「今度は子宮を摘出する手術をやってみる方法しかないけれども、その手術によって仙骨部や足の痛みが取れるかどうかはやってみないと分からない」というように言われ悩んでいました。

そんな時に友人よりこちらの鍼灸治療院のことを教えてもらい、しばらく通院してみることにしました。最初は10日に1回の間隔で3ヶ月間以上通院したと思います。その後は2週間に1回の頻度で3ヶ月間、約半年が経過した頃には月に1~2回ぐらいの頻度でこちらで鍼灸治療を続けています。以前はいくら着込んでも、ホッカイロを貼っても、お風呂に入っても、体の芯からの冷えが取れずに余計に寒さを感じていたのですが、鍼灸治療に通い始めて3回目あたりからは不思議と手足の冷え感が軽くなり始め、体全体に感じていた悪寒のような寒さが和らいできました。その後は仙骨部分の痛みも徐々に軽減し、まだ時々違和感は残っていたものの鎮痛剤を飲まなくても生活できる日が多くなってきました。鍼灸治療に通い始める前は1ヶ月のうちの半分以上は鎮痛剤を飲んで生活していました。そして今年の夏は何年かぶりに半袖の服を着て生活ができるようになるまでに回復する事ができました。以前別の鍼灸院に行ってみた時には、婦人科系の治療ポイントと思われるほんの数箇所の鍼だけの治療しかしてもらえず、その治療効果はあまりよく分かりませんでした。ウェルバランスでは頭の先から足の先まで上手に治療をしてくれるので、すぐに今までの治療院との違いを感じ、いかに全体のバランスを整えることが重要かということを実感しました。あと体の冷えにはここのお灸がとても心地良く、ウェルバランス鍼灸治療院の治療をお勧めできる点だと思います。

※こちらは実際の患者様より頂いた文章より掲載の承諾を頂いてから当院のホームページ上に載せさせて頂いているものです。他のサイトへの転載や引用等は堅くお断り致します。
【治療院からのコメント】

臓器の摘出手術や開腹手術を受けた後から今まで無かった体調の変化に悩まされる方は多く見られます。この方の場合は手術と体の痛みの因果関係を決定付けにくい症状でありながら、その痛みは日常生活に支障を来たすほどの激痛であるというとても辛い症状でありました。このような病状に当院の鍼灸治療は効果を出せています。「病院では再度手術を勧められているけれども、ほぼ必ず良くなるという保証も無いと説明を受けているし、また再度手術をしてまた新たな症状に苦しむような事があるのは嫌だな」ということで悩んでいらっしゃったケースですが、今では以前よりは格段にお元気になられました。やはり大掛かりな手術をするということは大変なことですので、体を傷つけずに済むのであればそれに越した事はありません。今でも体調の様子を見ながら定期的に鍼灸を続けていただいていることをとても嬉しく思っています。

 

■ 【RealVoice】 患者様の声

【子宮頸癌手術後の治療】 40代・女性

3年前(41歳)の時に子宮頸癌であることが分かり大学病院で手術を受けました。手術は成功し、現在病院での経過観察では癌治療の予後は良好な状態です。ただ手術後からは排尿と排便が困難となり、太ももの上部に強いしびれを感じるようになってしまいました。また排便が困難なことから便秘はひどく、必ず下剤を飲まないと排泄ができない状態となりました。これらの手術後からの症状に対して手術を受けた病院からは便秘薬の処方を受け、お通じが無い時にはまずは漢方薬、次に酸化マグネシウム、そして最後にラキソベロンの順番で飲むように指導をされていました。排尿時には尿が自然には出ないので自発的に2時間おきにトイレに行く事ように指導され、また病院では腹圧排尿で尿を押し出し、終了後に残尿量の計測、そして残尿量が多ければ導尿をするという排尿訓練をしました。

病院で早期診断と手術によって助けて頂くことができましたが、手術後の右足太もも上部のしびれと違和感に悩み、リフレクソロジーや足のリンパマッサージを受けに行ってみましたが改善されず、また排泄の障害もあったため、こちらの鍼灸院の先生に相談をすることになりました。最初は10日に1回ペースで3ヶ月間、その後は2週間に1回の頻度で鍼灸治療を受けに通院を始め、鍼灸治療を受けるようになってからは今ではたまにしびれ感はあるものの以前のように強く感じることも無く、多くの日々を快適に過ごしております。また手術後1年くらいが経過した時に手術を受けた病院の泌尿器科の検診で「膀胱壁が堅くなって尿の溜まる量が少なくなると自己導尿を行うしかない」と医師からは言われていましたが、こちらの鍼の先生のお陰でその半年後の泌尿器科の検査では「膀胱壁が半年前より劇的に柔らかくなっていますけれども、何かしましたか?」と泌尿器科の先生に尋ねられたので鍼灸治療の事をお伝えしました。すると泌尿器科の先生はとても驚かれ、「いい鍼の先生につかれているのね。私にも紹介して下さい」と仰られました。その後も体の変化や悩みが起こった時には何でも先生に伺い毎回助けて頂き本当に感謝しています。

西洋医学で「もうこれ以上治療する方法はありませんので上手く病気と付き合って行く様に」と言われても悩みを解決する事ができませんでしたが、ここの先生はそのような患者さんたちへのサポートが必要だと親身になって話を聞いて下さり、一生懸命治療をして下さいます。そのお陰で体の回復は勿論、心のケアもして頂くことができ、安心して日々を過ごせることができるようになりました。その安心感が何よりものストレス解消であると感じております。また私のように手術直後の症状を抱えている場合にはきちんとした知識を持たない無資格の人々が手術をした方の体に触る事の恐ろしさを私と同じ病気なった知人に実際に起こった出来事から知らされることになりました。もし間違った行為を治療と思い込んで続けていたら、足のむくみも逆にひどくなりリンパ浮腫を起こしてもっと苦しんでいたかもしれませんでした。今では4年前に脳梗塞を起こした私の父の治療もして頂き親子共々こちらの先生にお会いできたことに本当に感謝しています。

※こちらは実際の患者様より頂いた文章より掲載の承諾を頂いてから当院のホームページ上に載せさせて頂いているものです。他のサイトへの転載や引用等は堅くお断り致します。
【治療院からのコメント】
早期に子宮頸癌を見つけて手術を受ける事ができたので本当に良かったです。ただ子宮癌手術の後は排尿障害をはじめとする様々な術後症状を来たす方も多く見受けられます。これらの症状は開腹手術を必要とする疾患に対してはある程度仕方が無い事ではあるのですが、術後の様々な病状はご本人に取りましては大変辛い症状となってしまいます。当院ではこれらの症状への機能回復、術後の体力回復、そしてその後の免疫能力を下げないための鍼灸治療を東洋医学サイドから行ってきました。病院での術後の定期検診においても実際に測定値として確認できる治療効果が現れ、またご本人の自覚的にも症状が改善されてきた部分がありましたのでとても喜んで頂く事ができて大変嬉しく思っています。皆それぞれに違った問題を抱えて悩んでいらっしゃる方が多くおられますが、このような病状にこそ鍼灸治療は能力を発揮することができます。「東洋医学は人と地球に優しい医療」です。大きな病気をされて大変な思いをされましたが、これからは体を労わって健康に過ごして頂きたいと願っております。大きな病気をしないための健康づくりを是非続けて下さい。

 

■ 【RealVoice】 患者様の声

【子宮筋腫摘出手術後の治療】 40代・女性
私は子宮筋腫があったために病院の婦人科で40歳の時に子宮の摘出手術を受けました。手術はとても上手にして頂いたおかげで子宮筋腫があった頃の出血などの症状は改善され、また私の場合には手術後の経過も良好でした。ただ子宮を摘出してからは体力がなかなか戻らない、少し動いただけですぐに疲れてしまうというような症状が気になるようになってしまいました。手術をして下さった病院の婦人科で手術後の経過観察はしてくださっていましたが、これらの症状に対する治療というのは特に無く、担当の先生より「規則正しい生活を送るように」とだけ指導を受けていました。
そこで友人の紹介で鍼灸治療を受けてみることにし、最初は10日に1回間隔で通院し始め、少しずつ症状が緩和されるようになってきてからは月に1~2回ぐらいの頻度で鍼灸治療を続けています。初めて鍼灸治療を受けた日は体の内側から活力がふつふつと湧いてくるような感覚があり、久しぶりに夜まで元気に動くことが出来ました。以前は疲れやすさを常に感じていたため出かけても用事を済ませたらすぐに帰宅するということがほとんどでしたが、その後も特に鍼灸治療をして頂いた日などには用事を多く済ませる事ができたり、ウィンドウショッピングを楽しんでから帰宅できるぐらいの余裕を持つことができるようになってきました。体の中の巡りが良くなっていることが実感できて、治療後には頭痛肩こりむくみなどがすっきりとします。私はこちらの鍼灸治療によって自分の体が元気になっていく事が実感できましたので、同じような症状で悩んでいる方々へもウェルバランスの鍼灸治療はお勧めしたいと思っています。また毎回体調の気になる部分を伝えると的確に治療をして頂けることもお勧めできる点だと思います。現在では以前ほど体調は悪くないと思っていても、鍼灸治療を受けると体がスッキリとして体調を整える(リセットする)ことができています。
※こちらは実際の患者様より頂いた文章より掲載の承諾を頂いてから当院のホームページ上に載せさせて頂いているものです。他のサイトへの転載や引用等は堅くお断り致します。
【治療院からのコメント】
この方のケースでは子宮筋腫が大きくなり、出血量もかなり多くなってきたために婦人科で子宮摘出手術をお受けになり、執刀医の先生が上手に手術をして下さったおかげで手術後の大きな症状に悩まされずに予後良好であったケースだと思います。臓器を摘出したり、開腹手術を行った後には少なからず手術前と異なる症状が現れてしまうことが多くあります。またこの方の場合には体力の低下と疲労感が手術後の症状としては比較的軽度な症状として現れましたが、このように病気や病状とも捉えにくい比較的軽度な症状であると病院では特別な治療の対象とはならないものが多く存在します。東洋医学ではその人にとって気になってしまう比較的小さな症状や体調の変化に対しても、新たな大きな病状へと発展させない為の「未病を治す」という概念で体調管理を行う事ができる特徴を生かして当院では皆様の体調管理へのニーズにお応えしております。毎日快適に、そして元気に生活が出来るということは最も幸せなことだと思い、ウェルバランスの鍼灸治療で以前より少しでも元気になっていただいたことを大変嬉しく思っております。
 

■ 【Clinical Case Achievement】 臨床実例

【境界型卵巣腫瘍・卵巣摘出手術後の治療】 20代・女性

25歳の時に卵巣の境界性悪性腫瘍という診断を受けて片方の卵巣と卵管を摘出する手術をお受けになられました。卵巣の病気が見つかって手術を受けられたことは良かったのですが、その手術を受けた後からは全体的に体調が悪くなってしまい、手術後は一度職場に復帰したものの、体の辛い症状が増してしまい数ヶ月間休職され、また職場復帰はしているものの一日の勤務は体が持たずに半日の出勤を続けているという状態で、娘さんの体調を心配されていたお母様より当院へ問い合わせを頂いて通院をされるようになられました。症状はお腹の痛みと張り、食欲不振生理痛がひどく寝込んでしまう、手術後はすぐに疲れてしまうようになった、常に体が重だるい、極度の便秘症、手術以前からの慢性的な腰痛背中の痛みなどの様々な症状に悩まされるようになり通院当初はまだ職場に半日は出勤しているものの仕事の内容もまだかなり軽減してもらっている状態で何とか仕事をさせてもらっているという事でした。また約一年ほどこのような状態が続いているために自信を無くしてしまう傾向に陥り、精神的にも落ち込むようになってしまったそうです。お母様よりメンタル的な治療も含めてお願いしますということでした。まず当院では手術後の影響として考えられる腹部の痛みと張り感、生理痛への痛みへの治療を中心にその他、食欲便秘などの消化器症状、腰背部痛、慢性的な疲労感と倦怠感などを順々に治療を行なって行く方針を立てて当院での治療を開始致しました。ご本人ももう一回元気になりたいという思いが強くあったと思いますが、遠方からであるにも関わらず仕事のスケジュールに合わせて10日に1回のペースでまず最初の約半年間はきっちりと治療を受けに通って来られました。治療開始2ヶ月目頃からはお腹の痛みと生理痛が以前ほどは強く感じなくなり始め、食欲便秘の症状もこの頃から徐々に良い方向へと改善が見られるようになってきました。治療を開始してから4ヵ月ほどが経過した頃からは職場でこなせる仕事量も少しずつ体調を崩す前と近い状態にまで増やす事ができるようになり、まだ日によっては時々疲れてしまう日もあるものの、体調は治療開始前に比べてだいぶ平均的に安定してくるようになりました。便秘なども以前は便秘薬ばかりを使用していましたが、なるべく食品と鍼灸で改善するようにしたところ現在薬の使用頻度は大幅に減らす事ができています。当院で治療を開始してから半年以上が経過しましたが、生理周期の軽度の乱れも安定し始めていることと、全体的な症状も以前にくらべるとかなり良くなってきているため現在は2週間に1回程度の治療頻度で様子をみることに致しました。ここ最近は職場まで駅を降りてからは本来はバスを使って出勤されていたのですが、そのバスで通勤していた部分を健康のために徒歩で30分近くウォーキングをしながら通勤されるようになりました。当院へ通院をされる前には無かった「意欲」がだいぶ沸くようになり、これが鍼灸を受けるようになってから体が元気になられている証拠だと思います。千葉県富里市よりお越し下さっている医療従事者の方の臨床実例となっております。まだ年齢もお若いのでもっとエネルギッシュに、そしてこれからまだまだ元気に生活をすることができると思います。これからどんどん活躍されることを願って当院では健康へのお手伝いを通して応援しております。
 
千葉県で英語診療が可能な病院、治療院
千葉県の美顔鍼を受けるならウェルバランス(千葉市、市原市)

 

ウェルバランス鍼灸治療院

〒260-0834

千葉県千葉市中央区

今井2-11-12

JR内房線・外房線・京葉線

蘇我駅西口駅より徒歩3分043-268-7630【ご予約】

 

 

千葉市の鍼灸治療専門院
ウェルバランス蘇我鍼灸治療院は皆様の良きヘルスケアパートナーとなれるよう治療に当たらせて頂いております。当院はシンプルな痛みの治療から様々な特殊なケース、複雑なケースまで幅広く対応をさせて頂いている専門治療院です。

 

 

WellBalance Soga

JR Uchibo/Sotobo/Keiyo Line, Soga Station 3min walk from west side exit.

 

Accept Auto Isurance / Work-comp Insurance.

Acupuncture treatment at WellBalance becomes income tax diduction as a health care expense.

Available in English.

Opens until 7pm. 

 

The best acupuncture clinic in Chiba and this is only one in this area. New patients are wellcome. Please call and make an appointment for your visits.

千葉県内で実績のある治療院、病院

【コピーライト】 サイト内のコンテンツを複製および転載する事は堅くお断り致します。

【疾患・病状と治療】

千葉の顎関節症専門治療院・病院・歯科・口腔外科・整形外科
千葉の顔面神経麻痺専門治療院・病院・耳鼻科・脳神経外科・神経科
千葉の眼瞼痙攣専門治療院・病院・耳鼻科・脳神経外科・神経科・心療内科
千葉の頚椎症専門治療院・病院・整形外科・神経科
千葉の頚椎ヘルニア専門治療院・病院・整形外科・神経科
千葉のストレートネック専門治療院・病院・整形外科・神経科
千葉の五十肩専門治療院・病院・整形外科・整骨院
千葉のぎっくり腰専門治療院・病院・整形外科・整骨院
千葉の坐骨神経痛専門治療院・病院・整形外科・整骨院
千葉の腰椎椎間板ヘルニア専門治療院・病院・整形外科・整骨院
千葉の足底筋膜炎専門治療院・病院・整形外科・整骨院
千葉の交通事故専門治療院・病院・整形外科・整骨院
千葉の過敏性腸症候群専門治療院・病院・内科・胃腸科・心療内科・漢方外来
千葉の自律神経失調症専門治療院・病院・内科・胃腸科・心療内科・漢方外来
千葉のパニック障害専門治療院・病院・心療内科・精神科・内科・漢方外来
千葉の円形脱毛症専門治療院・病院・皮膚科・心療内科
千葉のアトピー性皮膚炎専門治療院・病院・皮膚科・心療内科
千葉の線維筋痛症専門治療院・病院・整形外科・神経科・心療内科・漢方外来
千葉のむずむず脚症候群専門治療院・病院・整形外科・神経科・心療内科・睡眠外来・漢方外来
千葉の生理月経不順専門治療院・病院・婦人科・産科・内科・漢方外来
千葉の不妊症不育専門治療院・病院・婦人科・産科・不妊外来・漢方外来
千葉のつわり専門治療院・病院・婦人科・産科・内科・漢方外来
千葉の逆子専門治療院・病院・婦人科・産婦人科・外回転術・逆子体操
千葉の産後専門治療院・病院・婦人科・産科・内科・心療内科・精神科・漢方外来

頭痛・偏頭痛・筋緊張性頭痛 | 頚椎症 | 頚椎ヘルニア肩こり・頚部痛むち打ち損傷・交通事故 | 寝違い | ストレートネック肩関節周囲炎五十肩(四十肩) | 腱鞘炎手根管症候群 | 手足のしびれ | 足底筋膜炎 | 腰痛 | ぎっくり腰 | 坐骨神経痛変形性脊椎症 | 椎間板ヘルニア | 脊柱管狭窄症 | 腰椎すべり症・分離症三叉神経痛肋間神経痛 | 顔面神経麻痺 | 顔面痙攣眼瞼痙攣・眼輪筋痙攣 | 眼精疲労顎関節症食欲不振胃痛・胃炎逆流性食道炎便秘症・慢性便秘下痢・軟便過敏性腸症候群膀胱炎線維筋痛症喘息・咳喘息慢性閉塞性肺疾患副鼻腔炎・蓄膿症 | 花粉症 | アレルギー性鼻炎 | アトピー性皮膚炎 | 蕁麻疹・湿疹糖尿病膠原病円形脱毛症 | めまい耳鳴り難聴・突発性難聴メニエル氏病 |  むずむず脚症候群 | 不明熱・心因性発熱うつ病 | パニック障害自律神経失調症不眠症 | 骨折後の治療・リハビリ鍼灸手術後の不調と体調変化癌治療・抗がん剤治療・放射線治療の副作用症状冷え性浮腫・むくみ | 更年期障害 | ホットフラッシュ | 生理痛・月経困難症・月経前症候群 | 月経不順・生理不順 | 不妊症 | つわり・妊娠悪阻 | 逆子 | 子宮下垂(子宮脱)  | 産後の体調管理美顔鍼・美容鍼灸