胃腸科内科疾患について 【Internal Medicine】

 

内科・胃腸科内科疾患

 

内科疾患、胃腸科疾患とは人体の心臓や肺、胃や腸、肝臓や胆嚢など内部の臓器器官を主として治療する診療科目です。心臓や肺、腎臓などの臓器は同じ内科的な臓器であっても循環器科や呼吸器科、泌尿器科などの細分化された診療科で受診をする場合があります。胃やお腹の痛み、胸痛、排泄の異常など消化器系の症状に関連するものから風邪や発熱などの症状で内科を受診する場合もあります。

WHO(世界保健機関)によって胃腸科内科疾患への鍼灸治療の有効性が認められている病状や症状は、胃炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃酸過多症、胃下垂、食欲不振、消化不良、便秘、下痢、痔、自律神経失調症、胆嚢炎、肝炎、肝機能障害、高血圧、低血圧、心臓神経症、動悸、息切れ、動脈硬化、貧血、冷え性、糖尿病、腎炎、尿道炎、膀胱炎、尿閉、前立腺肥大などが有効性の認めらている適応症です。病状の緩和や症状の改善などが見られ、鍼灸治療の有効性が期待できるその他の内科や胃腸科、呼吸器科疾患などの病状や症状は、逆流性食道炎、過敏性腸症候群、過敏性大腸炎、喘息咳喘息慢性閉塞性肺疾患、アレルギー体質、虚弱体質、慢性疲労、循環障害、原因不明の痛み、原因不明の痺れ、内臓外科手術後の不調全般癌(腫瘍)疾患の症状や副作用緩和などの症状についても鍼灸治療の適応症となります。

 

世界保健機関(WHO)とは

 

世界保健機関(WHO)とは1948年4月7日に、基本的人権としての人々の健康水準を維持する為に設立された国連の専門機関(World Health Organization)です。世界保健機構(WHO)が定義する健康というものの概念は、"Health is a complete physical, mental and social well-being, not merely the abscence of disease or infirmity." と述べ、「健康は身体的にも精神的にも社会的にも完全に良好な状態をいい、単に病気がないとか病弱でないという事ではない」と表現しています。この健康の概念には心身の健康に加えて社会的健康という概念が加味されており、現代社会を取り巻く複雑な環境(家庭や職場、学校、コミュニティー等)における人間社会の生活概念が盛り込まれている事にも特徴があると言えます。

このように世界保健機関は人間と人間社会への健康に対する基本的人権を含めた思想的概念の構築から、病気の分類などの国際基準の設定、感染症対策、災害時の緊急対策、都市部の健康と生活の質(QOL)の向上推進のための活動などを世界基準(ワールドスタンダード)でマネジメントしている機関です。2006年時点では193の国と地域がこの世界保健機構に加盟しています。

 

World Health Organization [外部公式サイト・英語]

World Health Organization, Kobe Center, Japan. [外部公式サイト・日本語]

 

内科・胃腸科疾患Q&A
 
Q.内科や胃腸科とはどのような医療を行うところですか?
A.内科とは全ての内臓臓器と各臓器に関連して起こる症状を専門に診療を行っている場所です。また内科は細分化され、心臓を専門とした循環器科、肺や気管支などを専門とした呼吸器科、胃腸などの消化器を専門とした胃腸科、腎臓や膀胱、尿道などを専門とした泌尿器科など内科の中でもさらにその専門性が細かく分かれてきています。主に内臓臓器の手術を専門に行う場合には内臓外科や、心臓の手術を専門に行う場合などには心臓外科となり、外科の専門分野となります。
 
Q.内科や胃腸科とはどのような病気を専門に診る病院ですか?
A.内科は心臓や肺、肝臓、胆嚢、膵臓、腎臓など各内臓臓器を診察する専門分野です。胃腸科は内科の中でも胃や十二指腸、小腸や大腸などの消化器官に特化して診察をする部門となります。内科では各内臓臓器の機能異常を検査をすると同時に、動悸や胸痛、胃痛や吐き気、や息切れ、腹痛やその他内臓臓器に関連する痛みや排泄などに自覚的な症状を訴える場合にも診察が行われます。また内蔵臓器や血管などは自動制御が行われている自律神経支配であるため自律神経系の異常と関連すると考えられる症状についても主に内科が専門となる場合が多くなります。
 
Q.内科や胃腸科と鍼灸院ではどのように治療内容が異なりますか?
A.内科や胃腸科では外科的な処置や手術を行わない診療科となりますので、内蔵機能の検査と投薬が行われることになります。症状が急性である場合には感染や炎症などが起こっている可能性があり、投薬などを必要とする疾患であるケースが多くなります。これとは逆に軽度の胃痛や腹痛、食欲不振便秘や下痢、動悸、咳(喘息など)、冷え性などの症状で中長期的に生じる慢性的な症状になってくる場合には鍼灸治療を用いた東洋医学のほうが上手に治療を行えるケースが多くなります。また自律神経失調症と診断をされた場合にも鍼灸治療が最も適していると言えるでしょう。西洋医学は体の外からの物質(お薬)を使って症状や病状を鎮めようとする医学であり、東洋医学は自分自身の身体機能を高めて症状や病状を鎮めようとする医学であることに両者の大きな違いがあります。特に継続的、持続的に存在する慢性的な症状である場合には鍼灸治療を専門とする東洋医学は高い治療能力を発揮することになります。
  
Q.鍼灸院ではどのような内科疾患への治療が得意となりますか?
A.ウェルバランス鍼灸治療院では胃炎、胃痛、逆流性食道炎、食欲不振、便秘、下痢、過敏性腸症候群、過敏性大腸炎などの胃腸科疾患や、動悸、息切れ、高血圧、低血圧、貧血や冷え性などの循環器科疾患、喘息咳喘息、原因不明の慢性の咳、扁桃炎や気管支炎などの呼吸器科疾患を中心に治療を行っております。また自律神経失調症や内臓外科的な手術を受けた後の不調全般についても当院で専門的に治療を行っている分野となります。
 
Q.鍼灸治療を行う人たちはきちんとした免許を持った治療の専門家なのでしょうか?
A.はい、鍼灸治療の免許は年に一度だけ国が行う試験に合格し、厚生労働大臣が発行した国家資格を取得した者でなければ治療業務を行う事は出来ません。つまり国が定める基準を満たした東洋医学による治療の専門家となります。胃痛や食欲不振過敏性腸症候群、動悸、アレルギー、自律神経失調症などの内科疾患は精神状態とも大きく相互に関連する場合が非常に多く見られるなど内科以外の他の専門領域に関係する病状が多くありますので、全体的に体調を把握してくれる良い鍼灸院に相談して下さい。
 
Q.鍼灸治療にはどれぐらいの頻度で通院すればよいのでしょうか?
A.疾患により大きく異なりますが、比較的軽度な症状である場合や早期に治療を開始できた場合などには短期間に数回の治療で改善が見られるケースも多く見られ、慢性的な症状である場合には中長期的な治療期間と定期的な治療が必要となってくるケースが一般的には多くなります。慢性的な疾患の場合には週に1回から2週間に1回程度の治療頻度で鍼灸治療を受けるとその効果を実感しやすい病状が多くなりますので定期的にコツコツと積み重ねていく事が大切となってきます。
 
Q.胃痛や食欲不振は鍼灸治療で改善されるのでしょうか?
A.はい、胃痛や上部消化管の病状に連動する食欲不振は鍼灸治療での改善が期待できます。胃痛や胃の不快感などの症状があり、内視鏡検査(胃カメラ)を受けたけれども胃壁等には大きな病変が見つからなかったという場合はよく見られますが、特にこのような状況の場合には鍼灸治療が最も適していると言えるかもしれません。胃痛や胃炎、胃潰瘍や十二指腸潰瘍などの上部消化管の病変は世界保健機関(WHO)が定めている鍼灸治療が推奨される適応疾患となっており、症状の改善頻度が高く副作用の少ない安全な治療手段となります。
 
Q.過敏性腸症候群(IBS)や慢性の下痢は鍼灸治療で良くなりますか?
A.はい、過敏性腸症候群(IBS)は胃腸科疾患でありながら精神的要因も大きく影響している症状となりますので、鍼灸治療では胃腸の調子を整える治療とともに精神面を落ち着けるため治療を行っていく事で症状の改善が見られているケースが多くあります。慢性の下痢体質についても胃腸の働きを整えて体質改善を図って行くことで胃腸症状の緩和が多く見られています。また慢性的に下痢を生じる場合には痔などの肛門症状を発症してしまう可能性もありますので普段から胃腸の調子を管理していく事が大切になってくると言えます。
 
Q.気管支喘息で鍼灸治療を選択するメリットはなんですか?
A.気管支喘息は呼吸器疾患とアレルギー疾患の両方に属す疾患です。喘息という病状は昔から現代医学において認識されているものの、現在においてもまだ喘息の特定原因は分かっていない為、内科や呼吸器科の病院では症状を緩和するための投薬(対症療法)が中心となりますが、呼吸器科などにおいても喘息発作や症状を抑える為の薬物治療の使用頻度を減らしていく事が喘の治療目標となってきます。西洋医学においては外から何かを与えて症状や病状を改善しようとする医学であり、東洋医学は自分自身の体調をもっとも良い状態に近づけることで症状や病状を改善しようとする医学です。喘息のような疾患の場合、鍼灸治療においてはご自身の体調を整える事で喘息発作や呼吸器症状を緩和していく事を目的に治療を行います。病院での治療目的と同様に鍼灸治療によって呼吸器症状の緩和と中長期的な薬物療法への依存頻度を減らして行くことができれば副作用のリスクも軽減できることとなりますので大きなメリットがあると言えるでしょう。喘息は世界保健機関(WHO)により鍼灸治療の適応疾患のひとつに含まれる病状となっていますので、病状の改善には期待の持てる疾患と言えます。
  
Q.自律神経失調症で鍼灸治療を選択するメリットはなんですか?
A.自律神経失調症は日本において頻繁に使われる診断名です。動悸や胸痛などの症状があり心電図の検査を受けたけれども異常は無かったという場合や、胃痛や食欲の低下で胃カメラを飲んだり、ピロリ菌検査を受けたけれども異常は見られなかったという場合などにこの自律神経失調症という病名を告げられる事が多くありますが、内臓臓器や血管などはすべて自律神経による支配を受けているため、非常に曖昧な病名であるということが言えるでしょう。このような場合には症状はあるけれども病理的な所見は見られないということになりますので、現代医学においても的確な治療方法を定める事が難しくなってしまいます。この時点でまだはっきりとした内科的な病変は見られない状態となりますので、薬物などによる対症療法よりもご自分の体調を整えて症状を克服する手段を取る事は適切な判断と言えるでしょう。内科や病院で自律神経失調症と診断をされた場合には、主とする内科症状に加えて心理的要因、その他の関連していると考えられる症状についても総合的、全身的に治療を行ってもらえることは鍼灸治療の優れている部分と言えるでしょう。
 
Q.内臓手術を受けた後の症状は鍼灸で治療してもらえるのですか?
A.はい、心臓などの循環器や肺などの呼吸器、胃や大腸などの消化管、子宮や卵巣などの婦人科疾患によって手術を受けた後に手術前は無かった新たなの症状が現れる場合がありますが、これらの症状は当院で治療させていただく事が出来ます。頚や背部の痛み、腕の重だるさやしびれ感、胸痛、腹部のひきつれ感足の痛みやむくみ、便秘、排尿や排便障害など手術後に生じてしまった二次的な症状に対して上手に鍼灸治療を行う事で症状の改善効果が見られるケースが多くあります。またこれらの症状に対する更なる投薬を減らす事ができれば長い目で見て身体への負担は大きく軽減されることになります。ウェルバランス鍼灸治療院では手術後に生じてしまった各症状についても徐々に改善、回復するためのお手伝いをさせて頂いております。
 
Q.抗がん剤の治療を受けているのですが鍼灸を受けられますか?
A.はい、癌(悪性腫瘍)疾患で鍼灸院を訪れる方は少なくありません。特に抗がん剤治療を受けている場合には口渇や舌のしびれ、味覚の低下、食欲低下、吐き気や胸焼け、疲労感や倦怠感などの抗がん剤治療の副作用的な症状が現れることが多く、これらの症状について東洋医学の側面から症状の緩和と改善を目的とした効果的な鍼灸治療を行う事が出来ます。当院では副作用症状の緩和を目的とする鍼灸治療で苦しい抗がん剤治療を乗り切るための大きなサポートとなる治療を行ってきております。
   
Q.その他の内科的な病気や症状で鍼治療が効果的なものはありますか?
A.はい、そのほか逆流性食道炎や過敏性大腸炎、味覚障害、胸焼け、吐き気、つわり、便秘、痔、咳喘息慢性閉塞性肺疾患(COPD)、アレルギー性疾患、蕁麻疹、高血圧、低血圧、貧血、循環障害、冷え性不明熱(心因性発熱)、糖尿病、膀胱炎、虚弱体質、慢性疲労、原因不明の痛みやしびれ、原因不明の体調不良などの症状に鍼灸治療は効果的です。これらの疾患や症状以外についても鍼灸治療で対応できる場合がありますので、詳しくは個別にご相談下さい。
 
Q.内科や胃腸科疾患以外の症状にも鍼灸治療は対応できるのですか?
A.はい、内科や胃腸科疾患以外にも当院では整形外科疾患神経科疾患耳鼻科疾患精神科(心療内科)疾患婦人科疾患などの病状に対応させて頂いております。現代の病状は複数の専門分野にまたがる症状を訴える場合も多く見られるため、本当の病状の実態把握が難しくなるというケースも多く存在し、適確な治療手段を見つけるまでに時間がかかってしまったという病状も見受けられます。特に痛みや症状が慢性的になり始めてしまっているという場合には早めの対処が肝心です。ウェルバランス鍼灸治療院ではシンプルな痛みだけの治療から症状が混在する複雑なケースまで様々な疾患を治療させて頂いております。
    

内科・胃腸科の病状に関連する情報

厚生労働省による健康情報総合サイトになっています

全国の口コミ情報と内科に関する情報サイトです

生活習慣病の原因・予防・改善法及び栄養、肥満解消などについて解説

良い病院・良い医者・良い医療サービスを受けるための情報が満載

検診や人間ドック、精密検査などの知識を詳しく紹介しています


胃腸科内科疾患とウェルバランス治療院【千葉市】

千葉県千葉市稲毛区、千葉市美浜区、千葉市花見川区、千葉市若葉区、千葉市緑区、千葉県市原市の中央に位置する千葉市中央区のJR蘇我駅西口徒歩3分のところにウェルバランス鍼灸治療院があります。交通アクセスに便利な場所にあるため千葉市内や市原市などからお越しになられるほか、茂原市、東金市、大網白里町、佐倉市、成田市、八街市、八千代市、船橋市、木更津市方面などから通院をされる方々もいらっしゃいます。日本語が不自由という外国からの方々には英語でも対応を行っております。

千葉県で英語診療が可能な病院、治療院
千葉県の美顔鍼を受けるならウェルバランス(千葉市、市原市)
土日祝日も治療が受けられる治療院、病院

 

ウェルバランス鍼灸治療院

〒260-0834

千葉県千葉市中央区

今井2-11-12

JR内房線・外房線・京葉線

蘇我駅西口駅より徒歩3分043-268-7630【ご予約】

 

国家資格者による本格鍼灸

交通事故(自賠責保険)取扱い

新患随時受付致しております

英語でも受診いただけます

 

千葉県千葉市・市原市より通院に便利な鍼灸治療院です。ウェルバランス蘇我鍼灸治療院は皆様の良きヘルスケアパートナーとなれるよう日々治療に当たらせて頂いております。様々な症状や病状でお困りの方は是非一度ご相談下さい。当院はシンプルな痛みの治療から様々な特殊なケース、複雑なケースまで幅広く対応をさせて頂いている専門治療院です。

 

 

WellBalance Soga

JR Uchibo/Sotobo/Keiyo Line, Soga Station 3min walk from west side exit.

 

Accept Auto Isurance / Work-comp Insurance.

Acupuncture treatment at WellBalance becomes income tax diduction as a health care expense.

Available in English.

Opens until 7pm. 

 

The best acupuncture clinic in Chiba and this is only one in this area. New patients are wellcome. Please call and make an appointment for your visits.

千葉県内で実績のある治療院、病院

【コピーライト】 サイト内のコンテンツを複製および転載する事は堅くお断り致します。

【疾患・病状と治療】

千葉の顎関節症専門治療院・病院・歯科・口腔外科・整形外科
千葉の顔面神経麻痺専門治療院・病院・耳鼻科・脳神経外科・神経科
千葉の眼瞼痙攣専門治療院・病院・耳鼻科・脳神経外科・神経科・心療内科
千葉の頚椎症専門治療院・病院・整形外科・神経科
千葉の頚椎ヘルニア専門治療院・病院・整形外科・神経科
千葉のストレートネック専門治療院・病院・整形外科・神経科
千葉の五十肩専門治療院・病院・整形外科・整骨院
千葉のぎっくり腰専門治療院・病院・整形外科・整骨院
千葉の坐骨神経痛専門治療院・病院・整形外科・整骨院
千葉の腰椎椎間板ヘルニア専門治療院・病院・整形外科・整骨院
千葉の足底筋膜炎専門治療院・病院・整形外科・整骨院
千葉の交通事故専門治療院・病院・整形外科・整骨院
千葉の過敏性腸症候群専門治療院・病院・内科・胃腸科・心療内科・漢方外来
千葉の自律神経失調症専門治療院・病院・内科・胃腸科・心療内科・漢方外来
千葉のパニック障害専門治療院・病院・心療内科・精神科・内科・漢方外来
千葉の円形脱毛症専門治療院・病院・皮膚科・心療内科
千葉のアトピー性皮膚炎専門治療院・病院・皮膚科・心療内科
千葉の線維筋痛症専門治療院・病院・整形外科・神経科・心療内科・漢方外来
千葉のむずむず脚症候群専門治療院・病院・整形外科・神経科・心療内科・睡眠外来・漢方外来
千葉の生理月経不順専門治療院・病院・婦人科・産科・内科・漢方外来
千葉の不妊症不育専門治療院・病院・婦人科・産科・不妊外来・漢方外来
千葉のつわり専門治療院・病院・婦人科・産科・内科・漢方外来
千葉の逆子専門治療院・病院・婦人科・産婦人科・外回転術・逆子体操
千葉の産後専門治療院・病院・婦人科・産科・内科・心療内科・精神科・漢方外来

頭痛・偏頭痛・筋緊張性頭痛 | 頚椎症 | 頚椎ヘルニア肩こり・頚部痛むち打ち損傷・交通事故 | 寝違い | ストレートネック肩関節周囲炎五十肩(四十肩) | 腱鞘炎手根管症候群 | 手足のしびれ | 足底筋膜炎 | 腰痛 | ぎっくり腰 | 坐骨神経痛変形性脊椎症 | 椎間板ヘルニア | 脊柱管狭窄症 | 腰椎すべり症・分離症三叉神経痛肋間神経痛 | 顔面神経麻痺 | 顔面痙攣眼瞼痙攣・眼輪筋痙攣 | 眼精疲労顎関節症食欲不振胃痛・胃炎逆流性食道炎便秘症・慢性便秘下痢・軟便過敏性腸症候群膀胱炎線維筋痛症喘息・咳喘息慢性閉塞性肺疾患副鼻腔炎・蓄膿症 | 花粉症 | アレルギー性鼻炎 | アトピー性皮膚炎 | 蕁麻疹・湿疹糖尿病膠原病円形脱毛症 | めまい耳鳴り難聴・突発性難聴メニエル氏病 |  むずむず脚症候群 | 不明熱・心因性発熱うつ病 | パニック障害自律神経失調症不眠症 | 骨折後の治療・リハビリ鍼灸手術後の不調と体調変化癌治療・抗がん剤治療・放射線治療の副作用症状冷え性浮腫・むくみ | 更年期障害 | ホットフラッシュ | 生理痛・月経困難症・月経前症候群 | 月経不順・生理不順 | 不妊症 | つわり・妊娠悪阻 | 逆子 | 子宮下垂(子宮脱)  | 産後の体調管理美顔鍼・美容鍼灸